« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い50 朝日を浴びる事で変われるの? | トップページ | あぁ、食い道楽 カレー探求の道079 初AIR SPICEは、ミックスベジタブルカレー »

2016年6月 5日 (日)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道078 初AIR SPICE、何カレーだった?

20160605僕宛ての郵便物の中に紛れ込んで、AIR SPICE 6月のカレーが届いていた。
6月2日の事である。


6月に入り次第、順次配送するとあったのだが、まさか2日で届くとはね。
早くて素晴らしいです。


何故、カレーが届くのか、分からない人はこちらの記事(Air spice 何か月コース?)をお読みくだされ。


まず、パッケージがかなり小さいです。
市販のカレールーのような、厚みや重さを予想していたのに、15cm × 15㎝ くらいの白っぽい封筒で、重さもかなり軽い。
これで4人前のカレーのスパイスが入っているらしい。
まだ開けてはいないのですが、微かにスパイスの香りがするような、しないような。


何カレーなんでしょうかねぇ~
いきなり、マトンカレーとか、緑色のカレーって何カレーって言うんだっけ?
そういうのが来たらどうしようかと思っていたのだけど、とりあえず、封を開けてみます。
出てきたのオシャレなパッケージで、黒い力強いフォントで書かれています。
初めてのAIR SPICEのカレーは
 「ミックスベジタブルカレー」
でした。
なんだかホッとしました。


最初の月の人には、皆このカレーにするようにしているような気もするけどね。
とにかく、封の中身を全て出してみます。


ミックスベジタブルカレーと書かれた包装を外すと、一枚の紙が入っていました。
文字が両面にびっしりと、写真が一枚ずつ。
片面には、「スパイスを楽しむジャーナル」と書かれています。
今月は「フェンネルの余韻」というタイトルです。
写真を拡大たら読める?
ちょっと厳しいかな。
とにかく、フェンネルの話がずらぁ~っと書かれています。
ダイジェストでお知らせすると、


##########
フェンネルは爽やかで甘味があり、お口直しに丁度いいようなスパイス。
フェンネルと出会ってから、自分が使うまで時間がかかった事。
お口直しのような印象の物を、カレー鍋に入れるという事は、食べながら歯磨きをするような気がして。
力強い刺激臭のクミンがガキ大将だっとしたら、フェンネルは優等生の女子だ。
フィッシュカレーには完璧にマッチしたが、後に肉とも野菜とも相性がいい事を知る。
「フェンネルとは絶対にゴールまで一緒にはしろうね」
と、初めてフェンネルを使った時から、そう約束したと思い込んでいる。
彼女がそれを裏切る事は無いだろう。
##########
と言ったかなりアバウトな要略ですが、温かい思い出話が書かれています。
カレースターも、駆け出しの頃があったんだなぁ。
みんなつまづく場所は同じなんだなぁって事が分かります。


裏面を見てみます。
こちらも、一枚の写真と大量の文字が。
写真は完成するであろうカレーの様子が写ってます。
文字は、思い出話ではなく、レシピですね。
スパイスに何が何グラム入っているかを、全く包み隠さずにレシピ表に載せてるのって、中々怖い事だよね。
自分の必要性が無くなる可能性があるわけだから。
カレースター、器がデカいですなぁ。


えっと、肉(今回はベジタブルカレーなので肉無しですが)や、野菜、ヨーグルト、ニンニク、などはこちらが用意する事になります。


レシピは、
下準備が1つ。
作り方は1~8まであります。
基本的に、はじめのスパイス(粒上の硬いスパイス)を炒め、ニンニクしょうがを炒め、玉葱を炒め、中心のスパイス(カレーパウダーのような物に見える)を入れて、水と生クリームを入れて、数分煮詰めるだけ  らしい。
鍋一つに、タイミングよく、次のスパイスなり、野菜なりを足していくだけである。


4人前のカレーが出来るらしいのだけど、Y家はP(父)、T珍(母)、赤髪の3人しかいないので、旨いからお代わりしてくれて、残りの1人前を食べてくれたら良いんだけどなぁ。
初めての本格的なカレー。
市販のルーを使わない、スパイスだけを使ったカレーは、果たしてY家に受け入れられるだろうか?
緊張してきたなぁ。


明日は、調理の様子と、肝心の味!!
試食編であります。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い50 朝日を浴びる事で変われるの? | トップページ | あぁ、食い道楽 カレー探求の道079 初AIR SPICEは、ミックスベジタブルカレー »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

まささん、おはようございます。
昨日の記事のコメントなんだけど、ぶぶちゃんの室内トイレは買わない方がいいと思います。
私も体が鉛のように重い状態で外出すると、動悸や発汗が起きて辛かったけど、がんばったよ。

海ちゃん、おはよぉ~です。
アドバイスありがとう。
僕も同じ考えです。
何かしら理由を作って外出するようにしていこうと思ってるよ。

ブブ彦には、感謝しないとね。

海ちゃんのように、病気に打ち勝ってやりたいな。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い50 朝日を浴びる事で変われるの? | トップページ | あぁ、食い道楽 カレー探求の道079 初AIR SPICEは、ミックスベジタブルカレー »