« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い53 続、最強の男 | トップページ | あぁ、食い道楽 旭ポン酢、またも関西の食文化に敗北感 »

2016年6月20日 (月)

シネマごしっぷ ベター・コール・ソウルがジリジリ面白い

20160620 3月末に、アメリカドラマのブレイキング・バッドが最高に面白かったと書きました。

もうこのドラマを超える物は出てこないでしょう。


出たとしても、5年後、10年後とかだと思う。


それくらい、面白く、グイグイ引き込まれ、このドラマの毒を味わってしまっては、もう他のドラマは観れないだろうと・・・


が、それから数年が経って、同じ脚本家?監督?が、ブレイキング・バッドのスピンオフ(外伝)を作ると言う。
やめとけ、ヒット作が出来たから、もう少しそれで視聴率を稼ぎたいというのは、止めといた方がいい。


ドラマの名前は、ベター・コール・ソウル(ソウルに電話しよう)というタイトル。
ブレイキング・バッドの6年前の同じ町が舞台。
主人公は、悪徳弁護士として、主人公を助けてきた、ソウル・グッドマン。


まだ、ジミー・マッギルと本名を名乗っていた、真面目で地味な国選弁護人だ。


それがどうやって、あの派手なスーツ、高級外車、ユーモアとマシンガン作り話で、相手を丸め込む悪徳弁護士になっていくのか?
それが描かれます。


弁護士が主人公なのに、法廷のシーンはほぼ無し、弁護士が主役なので、殺人も無し。
ブレイキング・バッドよりも、ストーリーの展開はゆったりめで、下手するとつまらなく感じるかも。
でもこれ、後半かなり面白くなるタイプだと思う。


あの脚本家?監督?は、予測がつかない話を書くし、最終的にどこまで描くか分からない。


現在シーズン2までNetflixで公開されているし、シーズン1はDVDでレンタルもやっている。
いずれシーズン2もDVDでレンタルが始まるでしょう。


ただ、これを見る前に、ブレイキング・バッドを絶対に見ておいた方が良いです。
シーズン3は、17年の冬から春ごろに公開らしいので、そろそろ撮影が始まるとか。


このドラマは後半来る!!ぞ。
シーズン2は、まさかまさかの場所で終わってしまい、あの人物(ブレイキング・バッドを見た人ならすぐに察しは付く)がついに出てくることになりそう。


怖いなぁ、あの人が出てくるとなると、緊張感がMAXになるからね。
でも楽しみだし、出てきてもらわないと、このベター・コール・ソウルは終わらないと思うし。


どうなることやら・・・・
来年を楽しみに待ちたいと思います。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い53 続、最強の男 | トップページ | あぁ、食い道楽 旭ポン酢、またも関西の食文化に敗北感 »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。