« あぁ、食い道楽 カレー探求の道081 黄金の錦織 | トップページ | 今日のYouTube Paperman »

2016年7月12日 (火)

ガッツリDTM 013 独学諦め、ちょっと怪しい教室へ

20160712あぜ道通信10年の歴史の中で、もう増えないだろうと思っていたカテゴリー数。
さらにあと1つ増えます。
う~ん、デジ物コバナシに半分入るような事なんだけど・・・・・
デジ物コバナシは、家電だったり新商品だったりの紹介をやっていくとして、今回追加されるカテゴリーは、音楽制作のカテゴリです。


前に電子ピアノ(キーボード)を買ったと書きましたよね。
それで戦場のメリークリスマスを練習しているとも。
でも、ピアノが弾けるようになりたいのじゃなくて、最終的には作曲がしてみたいと思っているとも。
最近のブログの写真や、裏あぜ道通信に、キーボードが、意味深に写っている事が何度もあったのですが、気になった人いたでしょうか?
練習してんのかよ? まったく話題に触れないけれど。 と思ったかもしれません。


独学で色々とやってきたのですが、限界があるし、習得までに時間がかかり過ぎる。
曲が作れたとしても、レベルは低いでしょう。
パソコンで作曲する事を DTM(デスクトップミュージックの略) と言うのですが、その教室に通おうかと思ってます。


でもね、DTMをメインでやっている所って、東京まで行かないと無いんです。
東京は人口が多いですから、DTM専門でも、生徒が集まるからやっていける。
田舎はそうはいかず、大手の音楽教室YAMAHA。
音大を出てるような人が講師なため、本格的な知識技術は身に付くけれども、割高。
そして、実物の楽器、ピアノや、バイオリン、ギターなどの得意な先生は多いのですが、DTMとなると後ろの方にDTMもやってるよと、書かれているくらいの扱い。
これでは通いたくはならない。


今のパソコンって、遠隔操作ができるのは知ってますか?
パソコンのトラブルの修理などは、この遠隔操作で行う事が多くなりました。
僕の目の前に見えている画面と同じ物を、東京とかから講師が見ていて、スカイプという無料通話ソフトで話をしながら、2人で作業をしていって、勉強するという、通信教育の最新版みたいな事をやっている所もありました。
ここはDMTオンリーでやっていて、YouTubeでも専用チャンネルがあって、講師がちょっとだけコツを教えてくれたりするので、教え方の丁寧さ、的確さは良く伝わってくる。
かなり有望だったのですが、値段が半端じゃなく高い。
47回とかすごい回数教えてくれるのですが、百万超えたりします(笑)
アホか!!
払えるわけないっしょ!?


そうなると、つくば、か、水戸か?
つくばの方が電脳街アキバと電車一本で繋がっている為、DTM教室は充実してそうだと思って検索すると、結構ある。
でもやはり、DTMは後ろに、それもやってます という扱い。
一人、某A○B48などの楽曲を提供した事などもある、音楽で飯食ってるっていう兵講師もいたんだけど、何かが違う。
音楽を楽しむというより、音楽という文法を解読しましょ って感じで・・・
力は付くんだろうけど、ちょっと違う気がしてパス。


検索し続けて、疲れてきたので、今日は探すの止めようかと思った頃、ある教室を見つけた。
なんと場所は僕が住んでる田舎町である。
この町でDTMだけでやってくのって無謀っつーか、この田舎でやっていけるんですかぁ?って信じられない感じだったが、HPが何とも温かい。
写っている人達が、みんな笑顔で、学生のサークルのようである。
本業は、DJ育成と、楽曲作成(編集)。
DTM教室も、最後に書かれては無く、力を入れてるようだ。
何しろ物理的に存在する楽器ナシで、あったとしてもDJのターンテーブルだけで、商売が成り立っているがすごいし、異色である。
僕がこの教室が気に入ってしまった。
サークルとかクラブ活動って感じで、講師が知識を少しずつ与えていくという上下関係じゃなくて、とにかく一緒に音楽を楽しみましょう。って感じなんだよね。


こんな近くにあるのが不思議だし、全く知らなかったのだが、ここに見学に行く事に決めた。
メールで申し込みをして、返事待ちをする事になる。
半日後、代表兼DJインストラクターの方からメールが届き、僕の質問に答えてくれた。
見学を申し込んだ時に、音楽経験は無い事。楽譜が読めない事。作曲に興味がある事。DTMを学びたい事など書いたのだが、楽譜が読めないでも問題は無いとの心強いお言葉。
この代表者さんと、DTM担当者で話し合って、僕が書いておいた仕事や歯医者の日以外の日に、見学会を開いてくれる事になった。
その後、メールが届き、明日13日に見学会に行く事になった。


見学してみて、1レッスンが何分間で、いくら取られるのか?
先生のスキルはどれくらいなのか?
色々と観察してきます。
だから、やっぱりここには行かないとなる可能性もあるが、とりあえず見てみる事から始めます。


この歳で、習い事を始めるっていう不安はあるけれども、10代から50代の人とかもいるらしいので、僕が行っても受け入れてくれそうである。
赤い髪には、ビビられるだろうけど・・・・・
見学に行く前に、真っ赤に染め直さないと!!
そして僕はもっともっと外に出ないと!!

HP
http://www.studio-kinako.com/

facebook
https://www.facebook.com/studiokinako/


っというわけで、DTMの習い事と、作曲の様子を書くカテゴリの追加となりました。
作曲した曲を公開する方法はココログにあるのかな?
方法、ありました。
「2016.07.10 インチキ初作曲.mp3」をダウンロード

サンプルを繋ぎ合わせただけの、作曲なんて言えない作品。
30秒くらいの曲だけど、これを作るのに4時間かかりました。
もうコツをつかんだので、5分で同じ物を作れると思います。
DTMは難しいけど、楽しいですなぁ。
短時間で作るって事を意識して作業しないと、腕が上がらないと思うので、頑張りたいと思います。
1週間で1曲くらい書き続けられればなぁとか思ってます。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう

« あぁ、食い道楽 カレー探求の道081 黄金の錦織 | トップページ | 今日のYouTube Paperman »

ガッツリDTM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。