« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い60 2つの病院を受けると保険適用外になるの? | トップページ | ガッツリDTM 015 無線のマウス、買ってみたという初体験 »

2016年7月15日 (金)

ガッツリDTM 014 見学会に行ってきたっスよ

20160715行ってまいりました。
スタジオキナコ、見学会
スタジオキナコのHPはこちら
見学会と言っても、参加者は僕一人なのですが・・・w


普通の民家を改築したとあったので、外見は普通の家だと言われてました。
しかし僕にはナビがある!!
ニュージェネレーションの草分け、ケロリンコペンを舐めるなよ!! って普通かナビはw


連れてこられた場所は、外見は黒い壁のシンプルな民家。
看板があったので、間違い無いです。
ちょっと早めに着いたので、通り過ぎ、15分くらいドライブ。
適当な所でUターンして、スタジオに戻った。


うーん、場所は間違いないが、入口が分からない。
どうしたものか・・・・
すると、一人の男性が出てきた。
代表 兼 DJ という、なんじゃそりゃと言うか、それってありなの?みたいな肩書の人である。
非常に言葉がきれい。
標準語の綺麗という意味と、汚い言葉を使わないという綺麗の両方である。


建物の中に案内されたらびっくり、LIVEステージのバックヤードみたいになってる。
巨大なオリジナルスピーカー(企業秘密なので撮影は禁止w)、ダブル画面のPCと、キーボード。
床はモフモフの絨毯で、部屋は冷房がキッチリと効いている。
機材が高温になるのだろうか?
快適です。


代表の新山さんは33歳。
DTM講師の伊藤さんは年齢不詳。でも若い。


まず、僕が使っている音楽作成ソフトの話をした。
CUBASE(キューベース)というソフトなのだが、一番メジャーだからそれにしたという単純な理由なのだが、
一番高いバージョンを買った事に驚かれた。
プロですやん みたいな笑いが起こった。
講師の伊藤さんが使っているのよりも、最新のいいヤツバージョンを僕は使っていたのだ。
使いこなせてないけどね。


後はパソコンのスペック。
DTMと言うのは、パソコンを酷使するので、性能の良い高いパソコンが必要だと。
僕はSONYから出す最後のバイオを買ったので、2年前の機種という事になる。
最後のバイオ。
ハナムケの気持ちで、思いっきり良い機種にして、SONYに感謝の気持ちを伝えようと、中身は当時の可能な限り最高の物を入れてあるが、あれから2年が経ったので、やや劣るところが出てきた。
というと、じゃぁ、問題ないなという事に。
え?問題ないの?w


作曲はどの程度やりましたか?
音は出せましたか?と言われた。
まず音が出せない人が多いと言う。
それほど難しいのです。 このソフトなのか? 作曲ソフト全てがそうなのか?
音すら出せずに挫折する人が多いのだとか。

僕は、何かにつまづくとその度に、ググって調べて解決してきたので、音だけは出せた。
そこで、先日のひどい出来の初作曲を聴いてもらった。
伊藤さん、リズムを取って、感じ取れる物は無いか、集中している。
これには、自分の眠っている技量を計られてるようで、ビビった。
音楽でご飯を食べているプロに聞かせて良かったのだろうか?と後悔するが、楽器の組み合わせは良い。
CMで使えそう系の感じだと、かなり無理してフォローしてもらった。
申し訳ない・・・・
でも、ほぼゼロからのスタートだと思ってくれていいですと言いました。


目指したいジャンルやミュージシャンはいますか?と言われたので、さっぱり知らないので、これと言って無いと答える。
外見からするとテクノが好きっぽいよねと言われるが、僕はJAZZのが好きである。
言わなかったけど。
とりあえず、今の何も分からない状態で、こっち方面を教えてくれと言うより、手広く教わりながら、自分の方向性が見えてくる方が良いと思い、音楽には詳しくないと伝えました。


ただ、発信するのが好きなんだと思うとは言った。
ブログにしても、10年間毎日書いているし、LINEも、これどうよ?どうなのよ? ですからね。
すると新山さん。 非常に喜びだしまして、イベントをよくやるので、そういうのが好きなのは良い事だと思ったのかな?


で、僕は駆け引きやお客さん待遇が嫌なので、早々に、僕はここで教わりたいと決めて来ています。って会って、20分くらいで白状しましたら、商売人が儲けが出るぜっていうより、仲間が増えて面白そうな奴だし、楽しくなりそうだっていう、笑顔を2人ともしましてね。


後は、当然、仕事の話になるよね。
授業の予定を入れる時に、ご都合のいい日は?時間は?ってなるから。
持病があって、無職であることを伝える。
いつでもOKと伝える。
たまに隠れキャラとして“やらいでか”に出るという話も。


料金ですが、月2回で、1回120分の、ヘビーな方のコースを選びました。
みっちり2時間教わったり、意見を出し合ったりして、それを持ち帰って2週間後までに宿題をこなすといった流れ。
宿題は無くとも、毎日1時間は作曲の時間に充てようと思っていたので、宿題の有無は重要。 自習もしますよ。
1月2万円です。
2回でだから1回120分で1万円
1時間にすると5千円。
まぁ、普通の何かを習得する際の習い事の平均的な値段ですね。


そして“やらいでか”。
すぐにDTM講師の伊藤さんが検索すると、“やらいでか”のページが登場。
超旨そうって2人の教師は、お世辞抜きで言ってました。
お昼食べに行こうって言ってたよ。
場所も詳しく教えておいたから、本当に行くかもね。
って、すでにfacebookにまさ爺が載ってる(笑)
こちらこそよろしくお願いします。
お店の宣伝までしてくれて、ありがとうございます。


後、音楽と、映像と、食事を融合させたイベントをやってるらしく、やらいでか、非常に向いていると言ってました。
メニューが少なくて、ありきたりじゃないのが良いのかな?
でも、T珍が日曜祭日は体を休めたいだろうし、参加はできなくてもOKですよって言ってくれました。


1時間くらい話をして、LINEを交換して、次回の予約を入れて、用意する物を決めて帰ってきました。


僕のLINEの背景が、JOJOに出てくる有名犬イギーが、コーヒー味のチューインガムを噛んでいる写真だったので、まさ爺さん、もう繋がってますよね?
背景JOJOですよね?って言うんですが、僕、イギーの事すっかり忘れていて、しばらく、そうですよね?違うと思います。と繰り返してました。
結果は僕でした(笑)
見学会のやり取りをする際に、電話番号を登録しておいたのでした。


次回ですが、どうしましょう?と言う話になり、普通の人はどれくらいの頻度で通っているのですか?と聞いてみた。
大体週1回から2週間に1回。
一人熊谷から来られている方がいて、その人は月に1回だけ、4時間ぶっ通しで授業を受けるそうです。
すごい人が居るもんですなぁ。


僕は、来週の20(水)、16:00~
2時間みっちり教わってきます。


最初は何をやるのか?
見当もつかないですが、基本は大事だと思うので、頑張りたいと思います。
覚えられるかなぁ~
DTMソフトって複雑なんですよ。


かなり面白くなってきた感がありますね。
こういう楽しいワクワク感を感じられて、生きててよかったって思ったのです。
・・・・・(笑)オーバーなw


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い60 2つの病院を受けると保険適用外になるの? | トップページ | ガッツリDTM 015 無線のマウス、買ってみたという初体験 »

ガッツリDTM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。