« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の31件の記事

2016年7月31日 (日)

ダイエット奮闘記(プチ) 甘味シャブの本当の魔力

まったく痩せない。
だって食べてるものなぁ。
コンビニ通いもまた始まっちゃったし。


痩せないとなぁ とは思う。
本当にそう思っている。
でも甘い物が猛烈に食べたくなって、我慢できない。


甘い物を食べている時、現実逃避できる。
世の中辛い事ばかりじゃないのは分かる。
でも食べずにはいられない。
食べることで心のバランスを取っているような所がある。


心のバランスは、この際どうでもいい。
痩せる事で、自信(自身)を取り戻したい。


そう思っても、甘い物を欲してしまう。
甘味シャブとはよく言ったもので、まさに麻薬の様。


何とかしたい・・・・
痩せて見返してやりたい。
できるだろうか?


やってみる ではない やるのだ みたいな事をマスターヨーダは言ってたよな。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。


体重 非公開㎏
体脂肪率 非公開%

2016年7月30日 (土)

あぁ、食い道楽 キッシュ・ヨロイヅカの件、どうなった?

江の島にある、キッシュ・ヨロイヅカ (公式HPは こちら) に行こうと言ってから、ずいぶんと時間が経ってしまった。
計画は生きています。
キッシュ・ヨロイヅカに行って終わりにならないように、江の島散策もするつもりなのですが、(江の島未体験です)夏休み期間中、あるいは暑い季節はやめておこうという事に。
10月が11月に行くことになりそうです。


公式HPには、生ハムらしき写真も。
これが食べたいのです。
生ハム大好き。
メロンとの相性は、日本人には???ですが、生ハム自体は大好き。
ワインなども飲めるそうで、それは付いて行くと言うT珍(母)に楽しんでもらおうと思います。
なんせ2人乗りの車ですからね。
P(父)は、仲間外れです。
Pが釣りで家にいない日に行くことになりそうです。
さすがに家にいる時に、連れて行かないのは可哀想ですからね。


お土産でキッシュを買ってきてやったら、喜ぶでしょう。


早く夏休みよ終われ!!
早く涼しくよなれ!!
まともにキッシュを食べた事が無い僕は、どんな感じか想像もつかないけれど、旨いんだろうなという事だけは分かる。


また何か進展があったら報告しますね。


今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月29日 (金)

ガッツリDTM 019 初DJプレイ、鑑賞。 吸収しろ!吸収!!

20160728dj更新が遅れました。
寝落ちです。


昨日は、わが町のお祭りの日。
急遽、ビアホールの隣でDJのパフォーマンスをやるという事を、昨日の朝知る。
当然参加である。
っというのもDJという物に興味がある。
やりたいという興味じゃなくて、どういうプレイをするのか?という物。


DTMで作っていい物はどこまでなのか?っていう事があります。
アレンジはDJがするものであって、DTMではあくまでシンプルな曲作りをするべきなのか?
アレンジがバンバン入る局を作ってしまって良いのか?
それが知りたかった。


とりあえず、いつもの開演30分前に到着。
挨拶を済ませたかったからね。
すでにDJの先輩方2人が、ターンテーブル?を囲んでワイワイやっている。
「始めまして、まさ爺です」と挨拶すると、すぐに分かってくれた。
赤い髪が目立つのだろうと思った。
それもある。
だが実際は、そうじゃなかった。


DJ兼代表のカクさんが、先日の僕の1回の授業を受けただけで作った曲を、聴かせて回っていたらしい。
あれはすごいです。的な事を言われる。
ちゃんと構成とか考えてる。とも言われる。
カクさん登場。
もぉ~なにやってんすかぁ~と僕。
あんな物を広めちゃってと言うと。
今日持ってきてると言う。
かけたいらしいのだ。
どうやら本当の僕の曲は評価されているみたいだ。
あんな出来の物。恥ずかしい・・・・


18時~21時まで、ずっとDJの生徒さん達が演奏するのを聴いていた。
リズムは取らない。
こんなリズムにも乗らないリズム感で大丈夫だろうか?とは思ったかもしれない。
でも、縦揺れでリズムをとる事すら省いて、吸収したい事が山ほどある。


そうか、そこまでやってもいいんだ。
そういう選曲でいいんだ。
そういうアレンジが欲しいんだ。
ここまでDTMでやっていいんだ。
このリズム感。忘れないでおこう。
このリズム、効果音、覚えておこう。
3時間、吸収し続けた。


そして、カクさんのプレイを聴いたらビビった。
同じ機材を使っているとは思えないほど、激変するのです。
複雑で、重厚。
リズムの取り方、加え方、すべて別次元。
おそらく本気すら出してないのだろうけど、僕はビビった。
すごい・・・・の一言です。


途中オレンジジュースを飲みに5分ほど、場を離れたけれども、3時間曲を聴き続けた。
お神輿が脇を通り、夜も更けてきて、機材を片付けるのを見計らって、帰ってくることにした。


今日は、別の場所で本格的なライブをやるらしい。
この21時から、機材を持って移動して、セッティングをやるみたいです。
なんというバイタリティー。
僕は3時間で疲れてしまったのに・・・・・


それにしても早く帰って、この吸収したものを形にしたい。
っと思うのだが、こういう日に限って、PCの調子が悪い。
キーボードが反応しない。
4時間かけて直したら、今度はDTMソフトから音が出ない問題が・・・・
困ってしまっている。


何とかしなくては・・・・
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月28日 (木)

ガッツリDTM 018 宿題曲完成、その評価は!?

スタジオキナコ での初めてのレッスンを終え、そこで1曲作る事ができたのですが、これは先生に言われるままボタンを押していったという事です。
音はこれを使いたいと指定はしましたが、何処に置くか、どうした方が良いかは言われるままです。


そんな僕が、2週間後の第2回レッスンまでにやっておく事。
一人の力で一曲作ってくる事。
というトンデモナイ?ある意味予想通りですが、宿題を出されました。
頑張ればできるハズ くらいのちょっと努力すればできるさ という感じの宿題は、今後も出るのでしょうか?出続けるのでしょうか?(笑)
成長するには、この頑張ればできるハズ という半歩先へ行かせる方法が有効なんでしょうなぁ。


この宿題は、教わった事の復習を兼ねています。
だから好きに作っていいというわけではないのですが、ちょっと驚かせてやろうと、JAZZっぽい曲。
見学会で披露した、ショーもない出来の独学曲。
第一回レッスンで作った、練習曲、
共にJAZZっぽい曲だったのですが、がらりと変えてテクノで行こうと!


イメージは大友克洋監督のMEMOERIESというオムニバス映画のエンドクレジットの曲。
https://www.youtube.com/watch?v=75Fmj4azUiQ
これをイメージして作ってみようと・・・・


完成した物はとてもこんな出来じゃない(程遠いw)、まさ爺調の演歌のようなw物になったのですが、3日で書き上げました。
ちょっと作っては休み、ちょっと作っては昼寝をし(寝落ち)、ちょこちょこ作ったのですが、結構早く出来上がりましたね。


2週間後の第2回レッスンぎりぎりまで作り続けるつもりだったのですが、教わったことは全部出し切ってしまい、もうどうして良いか分からない。
アイデアも出し切りました。


LINEで先生と、DJ代表に
「昨日の晩完成した物です。自信は全くありませんが、聴いてみてください」
と送りました。


お忙しいのでしょう。
「午後になったら聴かせてもらいます」
とあり、感想を聞くのに6時間以上待ちました。
どんな事を書かれるだろうか? 不安がよぎります。


こっちが授業まで待たずに勝手に送ったもの。
授業以外の時間に音楽の事をやり取りするのは、月謝に入っていないわけで、ルール違反だったのかもしれませんが、怖かったのですね。
治せる個所があるなら、良くするから指摘してくれ。
第2回レッスン時に、がっかりさせたくなかったし、手に負えない程ひどい出来だったら、先生がっかりするだろうなという思いが強くて送ったのです。


さて、まず先生から感想が届きました。
とても良いとの事。
短期間でここまで作るとは。と。
面白いし、構成もしっかりしている。との事。 とりあえず、よかった・・・・(笑)


さて、DJ代表からの感想も届きました。
かなり良い。かなり良いですよ。(と2回続ける辺りがJOJOっぽいw)
俺かけたいくらいだ。と最大級の言葉。


とりあえず、これを元にさらに磨いていくという事なので、この曲はもういじりません。
次回、第2回レッスンは8月3日(水曜)、朝はゴロゴロしていたい、お年頃であります。
また16時からです。


新しい、手法、技術、作り方、何でも吸収する準備はできています。
乾いたスポンジが水を吸収するように何て、言い方がありますが、そうありたいですね。


今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月27日 (水)

今日のYouTube Pnesto 手品師と兎

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは、PixerのCGアニメです。
Pixer作品は質の高い作品ばかり作りますね。

今回の話は、人参が食べたい兎を無視して、手品で兎を使おうとする手品師。
その手品師に兎が抵抗して反撃にでるという話です。

ジャンルは"ドタバタコメディ" そんなジャンルありませんが、今作りました(笑)
Presto へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月26日 (火)

いかに赤で居続けるかの苦労、赤色が無いだと!? 困った

20160726赤い頭でいるという事は、お金もかかるし、手間もかかる。


赤色というのは基本的に髪には染み込まない色らしく、シャンプーすればピンクの泡になるし、すすげば、赤いお湯が流れます。
どんどん濡れると落ちていくので、一月後には、本来のブリーチした金髪っぽい黄ばんだ色が見えてきて、良く言えば赤とオレンジっぽい色になっていきます。


それを少しでも遅らせるのが、カラートリートメントです。
トリートメントの髪に染み込ませる方法で、色も染み込ませるという物です。
それの赤色を注文しないといけません。


WELLAのカラーリチャージREDっというのを使っていたのですが、日本での取り扱いは無くなったのか?
オレンジやピンクはあるのですがレッドが無い。
困った・・・・


なにやらユーロ?のマークがあって、そこから輸入する方法ならば買えるのですが、名前の他にパスワードを入力しろって(英語でね)書かれてるわけ。
怪しいでしょ?
住所とクレジットカードの情報だけで良いはずなのに。


なのでこれまで使っていた物は諦め、あたらしいカラートリートメントを探すことに。
(色々な赤色、トリートメントの様子は こちら)
結構あるのものです。
ドラゴンレッドって何?
デーモンレッドって何?
って感じですが、適当に頼んでみようかな。


ってやってたら、アマゾンで売っていた。
REDとは書かれていないので、分からなかっただけでした。
ウエラ カラーリチャージ ウォームブラウン って書かれてて、赤を想像する人いないでしょうに・・・・・
僕にはわからなかった。


後日無事、紅色のリンスが無事到着。
2本で3千円くらいです。


なんで僕は赤い髪にしてるんだろう?
最初の動機を忘れてますね。
そだ、自分を外見から変えて、中身も変えてしまえという事だったはず。
人の目など気にするな、自分を変えろ そんなな事だったはず。


もう1年半くらいは赤い頭なんだよなぁ~
止める気は全くないけれど、手間はかかってるのよ って言いたかっただけであります。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月25日 (月)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 62 最初のカウンセラー決定(予約も取ったぞ)

カウンセリング、予約取りました。


ホームページでカウンセラーの大体のプロフィールや場所などから、選ぶしかないのですが、一つ面白い所がありました。


そのカウンセラーに6通で終わるというメルマガを登録したのです。
毎朝9時に届くそのメルマガが、そうそう、そうなんだよ ってこと書かれていて、結構好感触。
メルマガで万人向けではあるけれど、自分の手の内を少しだけ見せる事をやるカウンセラーは他にはいません。
6日かけて6通のメルマガが届くわけですが、5日目には最後のメルマガを読む事なく、この人からカウンセリングを受ける事に決めました。


予約はいっぱいで、8月中旬まで埋まっていました。
なので、日にちは8月12日。
初回は80分10000円。
高いで、相性がいいと良いのですが・・・・・こればかりは会ってみないとわかりませんからね。


初対面の人にどこまで話をするか?と悩んだりもしたのですが、そんな駆け引きというか小出しにする必要は無いという事に気付きました。
会うのはこれっきりかもしれないし、こちらが心の苦しみを話さないと、相手は何も言えないからです。
だから全てをぶちまけてくるつもりです。
それに対して、どういうアドバイスが出来るのか?何を言うのか?それを見極めたいと思います。


全部で3人くらいのカウンセラーさんを試そうと思ったのですが、初診って割高だし、色々と予約が確定するまでに、やらないといけない物もあるので、消耗するんだよね。
手続き関連は苦手なので・・・・

とりあえず、お盆直前にカウンセリングを受けるという事でした。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月24日 (日)

ブブ彦日記 フランスパン1本をそのままに与えてみた

20160724ブブ彦が元気が無い。
大好きな白米を与えても、肉を与えても、食べようとしない。
僕が帰ってきても喜びの咆哮も無かったらしい。


すっかり痩せてしまい、この夏を越えられないかもしれない。
そんな事を話す。


明日、調子が同じなら、病院に連れていくという話になったのだが、その翌日になったら、すっかり元気になった。
体調の悪い日の朝は普通だったが、草を食べていたので、胃腸が調子悪かったらしい。
3~4回吐いたしね。


元気になったはいいが、ブブ彦の食べたい物を食べさせてやろうという話になる。
老犬用のマズくて嫌々食べているフードをやめ、若者向けの美味しいフードを。
あとはおやつをいくつか買った。


目玉は昔からやってみたかった、フランスパンを丸ごと与えるというもの。
フランスパンは食塩が結構入っているからやらなかったのだけど、今は、食べたい物を食べさせて体力と体重を回復させる事が最優先。
本当はフランスパンなんて与えちゃ飼い主失格なんだけど、とりあえず与えてみた。


噛みちぎる力がいるし、よく噛まないと飲み込めないので、これは長時間かけてじっくり遊んだり食べたりできるかなと思う。


が、袋を開けてみてもブブ彦は全く無反応。
この塊全部僕のでいいの?って感じで戸惑っているのかと思ったら、そうではないらしい。
あまり食欲をそそる匂いじゃないらしい。
お芋のスティクおやつはしっかり食べるので、食欲が無いというわけでもない。


手でちぎって与えてみたら・・・・・
食べたw
ちぎったら10口くらい食べた。
どこまで甘ったれなんだw


少し与えて、お腹も満たされてきたのか、食べなくなってきたので、ここで終了。
長年の夢だった、ブブ彦にフランスパンを当たれる作戦は、やや消化不良で終わった。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月23日 (土)

ガッツリDTM 017 ついに始まった初レッスン、何やった?何やらかした?

20160723いよいよ、スタジオキナコ
スタジオキナコのHPは こちら
のDTM(デスクトップミュージック)教室の、記念すべき初レッスンの日になりました。
前日から楽しみで眠れませんでした。


あまりに眠らなかったので、昼間眠くなってしまい、そわそわしつつも仮眠をとる事に。
でも10分おきに起きてしまって、仮眠なんてとれるわけないのですよ。
でも遅刻はマズいので、タイマーをセットしましたけどね。


初回はどういう事を習うのか?
DTMソフトのCUBASE(キューベース)のボタンを教わって、「音が鳴りましたね、良かった良かった、色んな音が出せるんですよ~」 とはならないのは分かってます。


見学会に来た時に、僕が独学で作った、滅茶苦茶なりにも作曲をした物を聴いてもらった事で、スタートの今日やる事のレベルが底上げされているからです。
また、伊藤講師とLINEのやり取りをして、僕が授業を待たずに、自習している事も伝えてある。
だから、まったくの素人ですが、まったくのゼロからやらないのは分かっている。


何を持っていくか?
分からないのでDTM関連グッズ全部持っていく事にした。
持っていくしかないとも言えます。
 ・PC
 ・先日買ったマウス
 ・USBハブ
 ・キーボード
 ・自習に使っているCUBASEの書籍
 ・デジカメ(ブログに載せようと舞い上がってる)
 ・月謝
まだ細かい物は有るんだけど、
僕はこれが現状です。(見学会の時に話をして、あのショボ曲を聴いてもらったし)
僕はこれを持っています。
と言うものを把握してもらいたかったから、全部持ちです。


ノードPCを持ち歩く為の専用バックはあったので(自分が買った記憶が無いけど僕しか買わないよなぁ)それにPCを入れて、もう片方の手で、キーボードを抱えます。
キーボードって持つ事を前提に作ってないので、手さげになってないし、61鍵もあるので、重い。


今回も早めの15分前に、スタジオキナコに着いてしまった。
PCなどをセットして、CUBASEを立ち上げる時間なども授業の時間に入ってしまっているとしたら、勿体ないと思ったから、16時からの授業だったけど、16時ジャストには、「じゃぁよろしくお願いします」「では・・・」と始めたかったのです。


PCをセットしつつ、質問されます。
何を飲みますか?と。
飲み物を出してくれるのが有りがたかったけど、お腹を壊してトイレに駆け込むわけにはいかない。
壊さないにしてもトイレに行く時間も惜しい。
「お腹が弱いので、少量ならば何でも」という、答えになってない答えをしてしまって、反省。


準備が終わりレッスンがいよいよ始まります。
基本の、作業フォルダの作成から、保存の方法などを習います。


さて、じゃぁ作っていきましょうとなるのですが、曲と言うものを作ったことが無いわけで、どの楽器から音を入れて行ったらいいのか分からない。
僕も記憶がすでに無いのだけど、、、、(笑) 最初の音は、ギターだったかな?ドラムでしたっけ? 緊張しまくりでよく思い出せません。(笑)
エレキギターのジャズっぽい奴を選択。
ジャズだからアコースティックギターだとは限らないんだよね。
むしろエレキを使う事も多いと、この時知るわけです。
実際に音を出してみても、ロックのギュイーンって音じゃなくて、大人しい感じのギター音でした。
そこにドラムや、サックス(僕がジャズ好きなのはばれているらしく、お気に入りのサックスを入れてみましょうか?と言われる)恐るべし伊藤講師。


後は座学みたいな事もやりました。
ホワイトボードに、「イントロ」「Aメロ」「Bメロ」「サビ」などがある事。
何となくそれは分かっていたけれど、なぜそういう作りをするか?の理由。
また、それぞれが人間の本能?に近い感じで欲する長さについて教わります。
ここで新しい音が入ってきたら、気持ちのいい場所で挙手して合図してくださいみたいな事になり、緊張したのですが、僕が手を挙げたタイミングはまさにドンピシャ正解だったらしく、ホッとしました。緊張したなぁ~
試される系は怖いですよね。


後は、ドラムのリズムが変わるタイミングや、パーカッションを入れて、サビを盛り上げる方法。
新しい音が入る時に入れると、分かりやすくなるし盛り上がる、ドラムのジャーンという音。(あれ何て言うの?w)を足していった。


違和感の無い音色、リズムをいかにい選ぶか?それをどこに配置するか?それを先ほど言った、人間の気持ちいいと感じるタイミングに置いていく、簡単そうで、結構難しいです。


じゃぁ、2番を作りましょう! と言われて、ギョっとしたのですが、DTMなら、簡単なんですよね。
コピペするのと同じ感覚で、一瞬で2番が出来上がった。
もちろん、間奏のような物も作って、音を大人しくさせ、メリハリをつけたのは言うまでもない。ってちょっと偉そうですね(笑)
伊藤講師に言われるままに、やっているだけなのですがねw


じゃぁ、曲の最後をどう終わらせましょうか?
って話になって、盛り上げて終わらせる方法もあるけれど、とりあえず今回は、音が一つずつ減っていき、最後に1種類になった音がフッと消えて終わるという方法を教わりました。


僕がこの音で行きます。って選んで作った曲は、やはりというかジャズっぽい曲になったのですが、生徒によってはロックな感じを選ぶ人もいるでしょう。
伊藤講師は、何が来てもフォローできるんだろうなぁ。
あらゆる音楽の知識があるはず。
教え方も分かりやすく、的確。
トラブルの復旧(物凄い数のボタンがあるので)なども早い早い。


最後に出来上がった曲を、トータルで聴いてから、それを音楽ファイルとして、まとめ、じゃぁ、出来上がったファイルをチェックしましょうとなったら、ファイルが無い!!
僕が曖昧な名前のファイルを作ってしまったのが間違いだったのですが、それも何とか見つかり、2時間で作った曲が全て無駄になってしまわなくて一安心。


トラブルがあったとはいえ、2時間の授業が2時間半くらいになってしまい、申し訳なかったです。


さて、レッスンが終わり、恐怖の質問をしないといけないのです。
「宿題は何ですか?」である。
2週間後の第2回レッスンまでにやっておくこと。
今日教わった事を復習しておいてね。 などという甘い物ではないと思っていたけれど、やはりと言うか、やっぱりその宿題かという物を言い渡されました。
「一曲作ってきてください」
ぎゃ~~~~ やっぱりそれかぁ~~~~


とりあえず、いきなりサビから始まる曲などを作ると、何聞いてたんだって事になるので、基本は今回のレッスンで習った、ジョジョに音が増えていく作り、あと増やす時のタイミングを間違わない。
これが出来ているかチェックしたいようでした。


この作った曲に対して、修正をしながら、色々と教わるのが、第2回レッスンの内容になるようです。


感想としては、こんなに楽しい物があるなんてという感動と、興奮。
チクチクと物を作る事が好きだし、何かの方法で自分を表現するのは、楽しい。
もっと早くに始めたかったという、後悔。
今後のワクワク感。
宿題の恐怖。(笑)
とまぁ目まぐるしい2時間でした。


帰宅してから、家族に今日作った曲を聴かせたら驚かれました。
初作曲、どんな感じか聴きたいでしょ?
リンクを張っておきますね。
聴けるといいんだけど…

https://www.dropbox.com/s/6vppxl58a0hemi2/2016.07.20%E3%80%80%E5%88%9D%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%9B%B2.mp3?dl=0

いやぁ~楽しかった。
宿題は恐怖だけど、楽しいなぁ。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月22日 (金)

デジ物コバナシ カレンダーを同期せよ。apple と MS が繋がった

201607221つ目。
iPhone(5sで古っ!!w)を使っているのですが、ここに予定表を入れたい。


2つ目。
PCではカレンダーに予定が書かれてるのですが、色をつけて優先順位を分かりやすくする機能が無い。
最初から入っている最小限機能のカレンダーアプリだからです。


この2つを解決させ、ここからが大事なのですが、スマホとPCのカレンダーを同期させたい。
同期と言うのは、iPhoneからでも、PCのカレンダーでも、どちらかを変更、追加したら、それがもう片方に自動で反映されるというものだ。


これは無理な話ではなく、ちゃんとできる方法があるのです。
アップルのiPhoneとマイクロソフトのWindows。
同期できるんですよね。
なんだぁ、ライバルなのに、繋がるんだぁ~と、妙に感心する僕です。


何か予定が入る度に、両方のカレンダーを更新させるのは2度手間で非効率だからです。
同じことをしたい人がたくさんいるようで、やり方がグーグルで検索すると、載っているのですが、どれも意味不明なんだよねぇ。


全ての人のやり方が正解なのでしょうけど、全ての人のやり方が意味不明。
半日、あれこれやって何とか同期しようと思ったけれども、設定が完了して同期ができたのは深夜。


メールソフトもOutlookにしないといけないし、メッセージのフォルダ自動振り分けの設定なんかもやらないといけないで、作曲の勉強は全くできず。
でも、かなり便利になりました。


何故にカレンダーの同期にこだわったのかと言うと、先日の見学会の時に、じゃぁ初授業はいつにしましょうって話になった時に、僕は自分のスケジュールが分からなかったのです。
仕事が入っているかもしれなかったので、確実い空いている日が分からなかったのです。
即答はできず、仮という事で日にちを決め、帰宅してからPCで予定を確認して、改めて先生方に、連絡をするという感じで、振り回してしまいました。
そういう事が無いように、スマホで予定が分かれば、何も問題は無かったのです。


次回の初授業はPC持参なので、そういう事は無いのですが、PCの電源を落としてから、予定の話になる事も考えられるので、やはりPCとスマホが同期されていると、ありがたいです。


か~~なり苦労して設定しましたけどね。
僕の宿命ですね。
ネットワーク関連の設定で、いつも泣きたくなるほど苦労するのは。
でも便利になると、新しい事にチャレンジした甲斐があるってものです。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月21日 (木)

ブブ彦日記 乾かさないのは、面倒だからじゃないっスよ

20160721ブブ彦、弱りましたね。


食欲が落ちているので、美味しいウェットなフードを与えたら食べるようになったのですが、すぐに残すようになりました。
よほど、高齢犬用のフードがマズいらしい。


一日中寝ていて、散歩で土手斜面を上がるのも、だいぶゆっくりになりました。


あと何年生きてくれるかな・・・・?
なんて考えていたら、散歩中に猫を見つけ、猛ダッシュ。
コイツめ! 走れるじゃん!!
普段はヨボヨボの爺さんのフリをしておいて、ここぞという時は、とんでもない動きをする。
スターウォーズのヨーダじゃないか、まるで(笑)


写真は、シャンプーあとのブブ彦。
本当は、ドライヤーで完全に乾かしてやるところだが、夏という事で水が滴らない程度に拭いたら、部屋に放った(笑)
濡れているのが嫌なのか?
シャンプーの匂いが嫌なのか?
背中を床に擦るブブ彦。
それに疲れると自分の手を舐めてメンテナンス。
これで数日は、いい匂いのする黒毛玉が、家の中を歩く事になるでしょう。

ブブ彦はまだまだ生きると思います。ご心配なく。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月20日 (水)

今日のYouTube Aphex Twin & Chris Cunningham - Monkey Drummer

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。


今日、お届けするのは、Aphex Twin & Chris Cunningham - Monkey Drummer という動画です。
お猿さんが、ドラムを叩くのですが、チンパンジーでも、ゴリラでも、ありません。
機械仕掛けのお猿です。
腕が6本も生えてるし・・・・


一瞬、なんじゃこりゃーって感じで、気味が悪いのですが、完璧にリズムとシンクロするドラムに、見入ってしまいます。
ドラマーさんの、腕だけを編集して合成しているのは分かるのですが、こういう映像は見た事ないなぁ。
本当にいい意味で、気持ち悪い(笑)


最初の数秒からMAXな叩き方なので、びっくりすると思います。
リズムに乗ったもの勝ちです。


Aphex Twin & Chris Cunningham - Monkey Drummer へのリンクは こちら


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月19日 (火)

ガッツリDTM 016 当日知ったキナコイベント、飛び込んでみた

20160719

朝起きて・・・・って言っても10時近かったのだけど、朝イチは情報収集をするのが日課。


ブログにコメントは無いか?
facebookは、いまいち使い方が分からないのだが、お友達のお誘いなどが無いか?
ニュースは何か入ってきてないか?
など一通り見て回る。
大抵何も無い(笑)


すると今朝は、僕が通う事になったスタジオキナコが参加するイベントがあるという事が分かった。
日時は、なんと今日!!
って、遅く起きたこんな日に限ってイベントがあるなんて、そんなもんだよね。


僕が習うのはDTM(デスクトップミュージック)。
発表会はドラムの演奏。
小学生と中学生の男の子の発表会である。
僕には直接関係ないのかもしれないが、ここは難しい事は考えずに飛び込んでみる事にした。
きっとキナコファミリーの方たちと会えるだろうし、挨拶ができればなお良い。


会場は、わが田舎町の、テナントがいっぱい入るような、2階建てのビル。
ビルって2階だと言わない?(笑)
でもビルですよ。


13時から開演という事で、12時半には現場入りしたかった。
挨拶などを済ませておきたかったからである。


洗濯、入浴、ブブ彦先輩の散歩、お店に顔を出し、新しいショップカードの打ち合わせと、牛すじカレーの更なるバージョンアップの可能性を追求する試食会をこなす。


12時40分ごろに、何とか到着する事がで来た。
すでに会場は結構盛り上がってる。
別に何かをやっているわけじゃないのですが、VJ(ビデオジョッキーorビジュアルジョッキー)の映像がプロジェクターから流れていて、電子ドラムのチューニングをしている。
どちらも見た事が無い世界である。
そして何か得るものは無いか?とアンテナを最大限に広げて、その場に立つという事は、心地いい物だと思う。


僕は、どこに立っていたら良いのかも分からず、ただただ赤い汗(染めたばかりで汗ですら色落ちして赤い汗になる)を拭いていた。
DMT講師の伊藤さんと、代表兼DJの新山さんが気を利かせてくれて、色々な人を紹介してくれた。
各ジャンルの講師と挨拶を済ませ、いよいよ13時に。


小学生と中学生の男の子達は、いい演奏をしてました。
きっと緊張したり、最初の挨拶とか練習したんだろうなぁっと思う。
背景にはVJの映像が薄し出され、皆リズムを取っていた。


何だかあっという間に終わってしまったのだけど、濃密で良い体験になりました。
心の栄養が満たされたような感覚です。


会場で売っていた、クレープが気になって気になって、困ったが、ダイエットせねばと我慢しました。
コンビニにも寄らずに帰ってくるなど、何か月振りだろう?


明日20日の水曜日。
いよいよ、記念すべき初授業である。
楽しみだ。


今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月18日 (月)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 61 身なりに気を遣う必要がある

20160718洋服を買おうと思う。
習い事を始めた事が理由だ。

別に高い服を着るつもりはない。
毎回違う服を着るつもりはない。
お洒落さんだと思われようとも思わない。
でも洋服は買おうと思う。


うつ病の典型的な症状に、身の回り、身支度などに注意が払えなくなると言う物がある。
死ぬことを考えている人間に、お洒落になれというのは無理があるのは、何となく理解できるでしょうか?
あるいは、ベットから起き上がる事すらできず、一日中パジャマで過ごす、なんて人もいるかもしれない。
いずれにしても、生き死にの境で葛藤してる人が、今日、何服着ようとは考えられないのです。


まさにこれから自殺をしますって人は、身体を清め、服装を考え、いかに発見された時に恥をかかないか。を考えると思う。
靴を揃えるのがいい例だ。
でも、そこまで行かない人は、漠然と死にたい、消えたい。でも出来ないって考えていて、身支度など気を使っている心のゆとりは無い。


僕は、夜風呂に入る元気が無くて、そのまま寝落ち。
翌朝入るってパターンがほとんど。
朝入る方が、寒いし、忙しかったりするので、夜入るべきなのはわかる。
ベットも綺麗な体で寝てもらった方が喜ぶだろう。
が、ベットですら眠れない。
寝落ちだから、その辺に倒れるように寝ている。


あとは髭ですね。
僕は髭が薄く3~4日放置していても、髭が生えている事も良く見ないと分からない程薄い。
だからと言って、無精髭を放置していい理由にはならない。
これも毎日剃るよういしようと思う。
さすがに歯は毎日磨くけどね。


習い事を始める事で、人と関わりを持つようになるわけで、それが自分のメンタルにどう影響を与えるか?
自分でも分からない。
恐怖になるかもしれないし、作曲がライフワークになるかもしれない。
それは分からないけれども、人と付き合う事にあたって、身なりを小奇麗にするのは、最低限の礼儀だと思う。


さて、どういう服を着るのかと言えば、相変わらず、グラニフのポップで毒のあるTシャツを着る事になるでしょう。
それを着たからと言って、自分に自信が持てるわけじゃないけれど、安心して外には出られるような気がします。


服装に気を遣う、これもリハビリの一環だと思います。


まぁ、面白いTシャツを買ったら、ブログにUPしたいと思います。

今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月17日 (日)

爺の小遣い倍増計画 任天堂株価急上昇、思惑通りにキタ

資産運用をして、20160717小遣いを1000円でも増やそうというこのコーナー💰
2016年7月の話です。


もう連日ニュースになっているので、知っている人も多いと思いますが、任天堂から出した無料スマホゲーム(一部課金あり)のポケモンGOがアメリカで大ブレイクしています。


僕はゲーム業界には詳しい(つもり)なので、任天堂の株を半年以上前に買っておいたのですが、これが大失敗。
数万円のマイナスになっていたのです。


でも、ひとつ希望もありました。
任天堂がスマホゲームに参入すると言う物です。
ポケモンGOはアメリカでまず、公開されたのですが、大ブレイクして社会現象になっています。
任天堂の株価は上がりに上がり、数万円マイナスだった物が、一気に数万円のプラスになっている状態です。
でも、まだ売りません。
なぜなら、欧州と日本ではまだ、サービスが開始されていないからです。
ポケモン発祥の地日本でサービスが開始されたら、株価はさらに上がるでしょう。


問題はいつ売るか?
パズドラの時のように、しばらくどんどん株価が上昇していくのか?
サービス開始をピークにジリジリと落ちていくのか?
この後も任天堂は「ファイアーエムブレム」や「どうぶつの森」を、公開していく事を発表済みですが、ソフトメーカーとしてやってく事になるのなら、株価はさらに上がるかもしれません。


まぁ、欲をかかなければ、すでに数万円のプラスなのですから、ここで売ってもいいわけです。
ゲーム業界に詳しい(つもり)などと言っておいて、今後の任天堂がどうなっていくか、予想もできないのですから、面白い。


儲けが確定したら、寿司でもご馳走するという事になっています。
寿司と言えばイカと鰺ばかり食べる僕ですが、楽しみでありますね。
月曜は海の日???で相場はお休みでしょうから、火曜日の任天堂の株価、要チェックです。


日本でのリリース日の発表も来週辺りにあるような気がするのですが・・・果たして。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月16日 (土)

ガッツリDTM 015 無線のマウス、買ってみたという初体験

200160716bluetooth前回、スタジオキナコに見学に行き、DTMの授業を受ける事にしたまさ爺。
日付が変わって、すぐに動いた。
マウスが必要なのである。


DTMというのは、パソコンで作曲する事を言うわけですが、非常に手間のかかる作業の繰り返しになるとか。
チクチクといじっては再生させて確認、これを繰り返すのだと思います。


いかに作業しやすい環境を用意するか?
いかにショートカットを使いこなすか?
いかに、いかにと沢山あるのでしょうけど、シンプルな所でマウスの必要性があるようです。
ちょっとの環境改善が物凄く自分を楽にさせてくれるとか。


細かいボタンをポチポチと押すことにになるので、マウスがあった方が良いとアドバイスを受けていたのです。
でもね、僕マウス反対派なのです。
いちいちキーボードの右に置かれているマウスまで手を伸ばす1秒にも満たない時間が勿体ないと感じるくらいだったのですが・・・


後は、USBポートが一つしかない機種のPCを使っているので、有線マウスは避けたい。
無線のBluetoothという物を使えば、コードレスで使える。


コードで繋がれないから、電池が必要になるけど、10か月持つというので、問題は無いでしょう。
サイズは小さい物が良い。
小さい事は良い事だ 主義の僕ですから、小さいマウスは当然の選択。


あと、時代が変わったんでしょうね。
無音マウスなる物が結構出回ってて、クリック音のカチカチっていう音が鳴らない機種が多かった。
今や、クリック音ですらストレスになる人が居るんだなぁ。
別に良いと思うけどね、カチカチってくらい。

と言うわけで、3000円のマウスを購入。
色は白とグレーのツートン。
PCが白なので、色を合わせた形。


まだマウスポインタの動きの速さに付いて行けず、上手く使いこなせないのですが、だいぶ慣れてきました。
瞬間移動してんじゃないの?ってくらい速くて付いて行けません。


今日は作曲ソフトのCUBASEは立ち上げてません。
見学会で教わった、CTSというグループの曲を聴きまくってます。


ジャンルはテクノになるのかな?
良く分かりませんが、音に厚みがあります。
ただ同じ音をループさせるのではなく、結構重厚なんですよね。
これ聴いたら、パフュームとかcapsuleとか、軽くてねぇ~
それが良いって人もいるだろうけど、僕はCTSのが好きである。
いいグループを教えてもらいました。


さて、作曲の勉強をやりますよ。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月15日 (金)

ガッツリDTM 014 見学会に行ってきたっスよ

20160715行ってまいりました。
スタジオキナコ、見学会
スタジオキナコのHPはこちら
見学会と言っても、参加者は僕一人なのですが・・・w


普通の民家を改築したとあったので、外見は普通の家だと言われてました。
しかし僕にはナビがある!!
ニュージェネレーションの草分け、ケロリンコペンを舐めるなよ!! って普通かナビはw


連れてこられた場所は、外見は黒い壁のシンプルな民家。
看板があったので、間違い無いです。
ちょっと早めに着いたので、通り過ぎ、15分くらいドライブ。
適当な所でUターンして、スタジオに戻った。


うーん、場所は間違いないが、入口が分からない。
どうしたものか・・・・
すると、一人の男性が出てきた。
代表 兼 DJ という、なんじゃそりゃと言うか、それってありなの?みたいな肩書の人である。
非常に言葉がきれい。
標準語の綺麗という意味と、汚い言葉を使わないという綺麗の両方である。


建物の中に案内されたらびっくり、LIVEステージのバックヤードみたいになってる。
巨大なオリジナルスピーカー(企業秘密なので撮影は禁止w)、ダブル画面のPCと、キーボード。
床はモフモフの絨毯で、部屋は冷房がキッチリと効いている。
機材が高温になるのだろうか?
快適です。


代表の新山さんは33歳。
DTM講師の伊藤さんは年齢不詳。でも若い。


まず、僕が使っている音楽作成ソフトの話をした。
CUBASE(キューベース)というソフトなのだが、一番メジャーだからそれにしたという単純な理由なのだが、
一番高いバージョンを買った事に驚かれた。
プロですやん みたいな笑いが起こった。
講師の伊藤さんが使っているのよりも、最新のいいヤツバージョンを僕は使っていたのだ。
使いこなせてないけどね。


後はパソコンのスペック。
DTMと言うのは、パソコンを酷使するので、性能の良い高いパソコンが必要だと。
僕はSONYから出す最後のバイオを買ったので、2年前の機種という事になる。
最後のバイオ。
ハナムケの気持ちで、思いっきり良い機種にして、SONYに感謝の気持ちを伝えようと、中身は当時の可能な限り最高の物を入れてあるが、あれから2年が経ったので、やや劣るところが出てきた。
というと、じゃぁ、問題ないなという事に。
え?問題ないの?w


作曲はどの程度やりましたか?
音は出せましたか?と言われた。
まず音が出せない人が多いと言う。
それほど難しいのです。 このソフトなのか? 作曲ソフト全てがそうなのか?
音すら出せずに挫折する人が多いのだとか。

僕は、何かにつまづくとその度に、ググって調べて解決してきたので、音だけは出せた。
そこで、先日のひどい出来の初作曲を聴いてもらった。
伊藤さん、リズムを取って、感じ取れる物は無いか、集中している。
これには、自分の眠っている技量を計られてるようで、ビビった。
音楽でご飯を食べているプロに聞かせて良かったのだろうか?と後悔するが、楽器の組み合わせは良い。
CMで使えそう系の感じだと、かなり無理してフォローしてもらった。
申し訳ない・・・・
でも、ほぼゼロからのスタートだと思ってくれていいですと言いました。


目指したいジャンルやミュージシャンはいますか?と言われたので、さっぱり知らないので、これと言って無いと答える。
外見からするとテクノが好きっぽいよねと言われるが、僕はJAZZのが好きである。
言わなかったけど。
とりあえず、今の何も分からない状態で、こっち方面を教えてくれと言うより、手広く教わりながら、自分の方向性が見えてくる方が良いと思い、音楽には詳しくないと伝えました。


ただ、発信するのが好きなんだと思うとは言った。
ブログにしても、10年間毎日書いているし、LINEも、これどうよ?どうなのよ? ですからね。
すると新山さん。 非常に喜びだしまして、イベントをよくやるので、そういうのが好きなのは良い事だと思ったのかな?


で、僕は駆け引きやお客さん待遇が嫌なので、早々に、僕はここで教わりたいと決めて来ています。って会って、20分くらいで白状しましたら、商売人が儲けが出るぜっていうより、仲間が増えて面白そうな奴だし、楽しくなりそうだっていう、笑顔を2人ともしましてね。


後は、当然、仕事の話になるよね。
授業の予定を入れる時に、ご都合のいい日は?時間は?ってなるから。
持病があって、無職であることを伝える。
いつでもOKと伝える。
たまに隠れキャラとして“やらいでか”に出るという話も。


料金ですが、月2回で、1回120分の、ヘビーな方のコースを選びました。
みっちり2時間教わったり、意見を出し合ったりして、それを持ち帰って2週間後までに宿題をこなすといった流れ。
宿題は無くとも、毎日1時間は作曲の時間に充てようと思っていたので、宿題の有無は重要。 自習もしますよ。
1月2万円です。
2回でだから1回120分で1万円
1時間にすると5千円。
まぁ、普通の何かを習得する際の習い事の平均的な値段ですね。


そして“やらいでか”。
すぐにDTM講師の伊藤さんが検索すると、“やらいでか”のページが登場。
超旨そうって2人の教師は、お世辞抜きで言ってました。
お昼食べに行こうって言ってたよ。
場所も詳しく教えておいたから、本当に行くかもね。
って、すでにfacebookにまさ爺が載ってる(笑)
こちらこそよろしくお願いします。
お店の宣伝までしてくれて、ありがとうございます。


後、音楽と、映像と、食事を融合させたイベントをやってるらしく、やらいでか、非常に向いていると言ってました。
メニューが少なくて、ありきたりじゃないのが良いのかな?
でも、T珍が日曜祭日は体を休めたいだろうし、参加はできなくてもOKですよって言ってくれました。


1時間くらい話をして、LINEを交換して、次回の予約を入れて、用意する物を決めて帰ってきました。


僕のLINEの背景が、JOJOに出てくる有名犬イギーが、コーヒー味のチューインガムを噛んでいる写真だったので、まさ爺さん、もう繋がってますよね?
背景JOJOですよね?って言うんですが、僕、イギーの事すっかり忘れていて、しばらく、そうですよね?違うと思います。と繰り返してました。
結果は僕でした(笑)
見学会のやり取りをする際に、電話番号を登録しておいたのでした。


次回ですが、どうしましょう?と言う話になり、普通の人はどれくらいの頻度で通っているのですか?と聞いてみた。
大体週1回から2週間に1回。
一人熊谷から来られている方がいて、その人は月に1回だけ、4時間ぶっ通しで授業を受けるそうです。
すごい人が居るもんですなぁ。


僕は、来週の20(水)、16:00~
2時間みっちり教わってきます。


最初は何をやるのか?
見当もつかないですが、基本は大事だと思うので、頑張りたいと思います。
覚えられるかなぁ~
DTMソフトって複雑なんですよ。


かなり面白くなってきた感がありますね。
こういう楽しいワクワク感を感じられて、生きててよかったって思ったのです。
・・・・・(笑)オーバーなw


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月14日 (木)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い60 2つの病院を受けると保険適用外になるの?

朝、病院から電話があり、紹介状が出来上がったとあった。
すぐに取に行く。
往復2時間、眠くて運転はフラフラだし、甘い物も買って食べてしまった。
でもまぁ、カウンセリングのためだと思えばこそである。


帰宅して、少し休憩してから、カウンセリングを受けようと思っている、水戸メンタルクリニックに電話する。
そちらでカウンセリングを受けたいのですが と伝え。
初診だとも言う。


紹介状はもう用意してありますと言う。


病名を聞かれたので、うつ病と答え。


何を希望されますか?とあったので、カウンセリングと認知行動療法を受けてみたいと言う。


こちらの病院に転院という事でしょうか?と言われたので、
いいえ、カウンセリングだけを受けたい と言う。


すると
その場合は保険が適用外となります。
と言ってきた。
うちの患者にならないと、満額自己負担になるという事である。


一応、保険適用外になるとどういう値段になるのかを聞く。
カウンセリングで4000円
認知行動療法は1回5000円くらいだという。


とても通ってなどいられない。
っというか通ってはいけない病院なのではないか?という考えになる。


分かりました。検討します。
と言って電話を切ったが、2つの病院を利用すると、一つの病院以外は保険適用外になるなんて聞いた事が無い。
僕が知らないだけで、常識なのか?


簡単に考えれば、自分の所の患者になってもらえば、数回カウンセリングを受けて去っていくような事は無くなり、安定してお金が入ってくるという事だ。
その仮説を裏付けるように、この病院の口コミには、○○コースをやたら勧めてくるという書き込みが、何件もあった。
オプションでコースを受けてくれれば、なお儲かるという事も考えられなくもない。


2時間のドライブに電話とで、疲れてしまい、2重通院の保険非適用の事を調べる力が残ってない。
頭にきているし、気持ちを切り替えたい。
昼寝する事にした。


プラスに考えれば、金儲けに必死で患者の事を考えてない病院に、行く前に気付かせてもらったので、助かったとも思う。


カウンセリングを受けようと思っている事自体は、変わっていない。
どこか他の病院を探す事になるが、今日は疲れたので、もうやんない。


翌日・・・・
カウンセリングを行ってくれる場所を探していたら、何処も保険は適用外だという事が判明。
相場は1分100円くらいだ。
精神科に通っているような人が利用する物だと思い込んでいたが、うつ病などの相談を受けてくれる人は少なく、夫婦関係、カップルの問題、不妊治療問題、子供の不登校、職場での問題、近所での問題などをメインに扱っている人ばかりである。


どこを受けたらいいのか?
これは難しい問題です。
できる事なら、数件にまで絞ってから、それらを周ってみて、一番良い所を利用するようにする。
でも、周った数だけ、自分の中の辛い部分を引きずり出す事になるのは辛いです。
早い段階で、このカウンセラーのする!! っと決めるには、それなりの詳しい話をしないといけないわけで、初対面なのにそこまで話すのか? っという気持ちはある。
でも上辺だけの、うつで死にたい 程度の話しかないでも、実力のあるカウンセラーならば、何か違った事に気付かせるだけの力があるのだろうか?
どうしたものか・・・・


今は、うつ病に強い、カウンセラーを探している所です。
場所よりも、値段よりも、カウンセラーのスキルや得意分野や、どういう療法をするのか?を重視して決めたいと思います。
何か進展があったら、書きますね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月13日 (水)

今日のYouTube Paperman

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

今日、お届けするのは ディズニー の短編CGアニメです。
主人公は駅で出会った女性に一目惚れするのですが、
その場限りで、離れ離れに。
ふとした事で、女性を見つけるのだが、そこには、大きな隔たりがあって・・・


くるくると変わる表情は、ディズニーやPixerのお家芸ですよね。
この短編アニメもそうです。


全編モノクロ
全編セリフ無し
6分間の短い話です。


見終わった後、爽やかな余韻が残るはず。
こういう王道の恋愛物も、良いですよね。

Paperman へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年7月12日 (火)

ガッツリDTM 013 独学諦め、ちょっと怪しい教室へ

20160712あぜ道通信10年の歴史の中で、もう増えないだろうと思っていたカテゴリー数。
さらにあと1つ増えます。
う~ん、デジ物コバナシに半分入るような事なんだけど・・・・・
デジ物コバナシは、家電だったり新商品だったりの紹介をやっていくとして、今回追加されるカテゴリーは、音楽制作のカテゴリです。


前に電子ピアノ(キーボード)を買ったと書きましたよね。
それで戦場のメリークリスマスを練習しているとも。
でも、ピアノが弾けるようになりたいのじゃなくて、最終的には作曲がしてみたいと思っているとも。
最近のブログの写真や、裏あぜ道通信に、キーボードが、意味深に写っている事が何度もあったのですが、気になった人いたでしょうか?
練習してんのかよ? まったく話題に触れないけれど。 と思ったかもしれません。


独学で色々とやってきたのですが、限界があるし、習得までに時間がかかり過ぎる。
曲が作れたとしても、レベルは低いでしょう。
パソコンで作曲する事を DTM(デスクトップミュージックの略) と言うのですが、その教室に通おうかと思ってます。


でもね、DTMをメインでやっている所って、東京まで行かないと無いんです。
東京は人口が多いですから、DTM専門でも、生徒が集まるからやっていける。
田舎はそうはいかず、大手の音楽教室YAMAHA。
音大を出てるような人が講師なため、本格的な知識技術は身に付くけれども、割高。
そして、実物の楽器、ピアノや、バイオリン、ギターなどの得意な先生は多いのですが、DTMとなると後ろの方にDTMもやってるよと、書かれているくらいの扱い。
これでは通いたくはならない。


今のパソコンって、遠隔操作ができるのは知ってますか?
パソコンのトラブルの修理などは、この遠隔操作で行う事が多くなりました。
僕の目の前に見えている画面と同じ物を、東京とかから講師が見ていて、スカイプという無料通話ソフトで話をしながら、2人で作業をしていって、勉強するという、通信教育の最新版みたいな事をやっている所もありました。
ここはDMTオンリーでやっていて、YouTubeでも専用チャンネルがあって、講師がちょっとだけコツを教えてくれたりするので、教え方の丁寧さ、的確さは良く伝わってくる。
かなり有望だったのですが、値段が半端じゃなく高い。
47回とかすごい回数教えてくれるのですが、百万超えたりします(笑)
アホか!!
払えるわけないっしょ!?


そうなると、つくば、か、水戸か?
つくばの方が電脳街アキバと電車一本で繋がっている為、DTM教室は充実してそうだと思って検索すると、結構ある。
でもやはり、DTMは後ろに、それもやってます という扱い。
一人、某A○B48などの楽曲を提供した事などもある、音楽で飯食ってるっていう兵講師もいたんだけど、何かが違う。
音楽を楽しむというより、音楽という文法を解読しましょ って感じで・・・
力は付くんだろうけど、ちょっと違う気がしてパス。


検索し続けて、疲れてきたので、今日は探すの止めようかと思った頃、ある教室を見つけた。
なんと場所は僕が住んでる田舎町である。
この町でDTMだけでやってくのって無謀っつーか、この田舎でやっていけるんですかぁ?って信じられない感じだったが、HPが何とも温かい。
写っている人達が、みんな笑顔で、学生のサークルのようである。
本業は、DJ育成と、楽曲作成(編集)。
DTM教室も、最後に書かれては無く、力を入れてるようだ。
何しろ物理的に存在する楽器ナシで、あったとしてもDJのターンテーブルだけで、商売が成り立っているがすごいし、異色である。
僕がこの教室が気に入ってしまった。
サークルとかクラブ活動って感じで、講師が知識を少しずつ与えていくという上下関係じゃなくて、とにかく一緒に音楽を楽しみましょう。って感じなんだよね。


こんな近くにあるのが不思議だし、全く知らなかったのだが、ここに見学に行く事に決めた。
メールで申し込みをして、返事待ちをする事になる。
半日後、代表兼DJインストラクターの方からメールが届き、僕の質問に答えてくれた。
見学を申し込んだ時に、音楽経験は無い事。楽譜が読めない事。作曲に興味がある事。DTMを学びたい事など書いたのだが、楽譜が読めないでも問題は無いとの心強いお言葉。
この代表者さんと、DTM担当者で話し合って、僕が書いておいた仕事や歯医者の日以外の日に、見学会を開いてくれる事になった。
その後、メールが届き、明日13日に見学会に行く事になった。


見学してみて、1レッスンが何分間で、いくら取られるのか?
先生のスキルはどれくらいなのか?
色々と観察してきます。
だから、やっぱりここには行かないとなる可能性もあるが、とりあえず見てみる事から始めます。


この歳で、習い事を始めるっていう不安はあるけれども、10代から50代の人とかもいるらしいので、僕が行っても受け入れてくれそうである。
赤い髪には、ビビられるだろうけど・・・・・
見学に行く前に、真っ赤に染め直さないと!!
そして僕はもっともっと外に出ないと!!

HP
http://www.studio-kinako.com/

facebook
https://www.facebook.com/studiokinako/


っというわけで、DTMの習い事と、作曲の様子を書くカテゴリの追加となりました。
作曲した曲を公開する方法はココログにあるのかな?
方法、ありました。
「2016.07.10 インチキ初作曲.mp3」をダウンロード

サンプルを繋ぎ合わせただけの、作曲なんて言えない作品。
30秒くらいの曲だけど、これを作るのに4時間かかりました。
もうコツをつかんだので、5分で同じ物を作れると思います。
DTMは難しいけど、楽しいですなぁ。
短時間で作るって事を意識して作業しないと、腕が上がらないと思うので、頑張りたいと思います。
1週間で1曲くらい書き続けられればなぁとか思ってます。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう

2016年7月11日 (月)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道081 黄金の錦織

20160711目が合ってしまった・・・・
錦織選手が、何故かうどんのパッケージに印刷されている。
目が合ってしまったのだ。


芳醇だしカレーうどん。
日清のどん兵衛にカレーうどんという物があるが、それと何が違うのだろう?
キャンペーン中で、今はこのラベルなのか?


違うのです。
同じ棚にどん兵衛カレーうどんも置いてあるのです。


芳醇だし というのが入っていて、差別化を図っているのだろうけど、ややこしいなぁ。
こうしてカレーの事を書くコーナーを持つほどのアホなので、買う事にした。


その晩、小腹が減ったので、たべてみたんだけど・・・・
何やら、オイルみたいなのを食べる直前に入れてくれってあったので、入れてみたら、香りがちょっと変わって、やや個性的な味になったのだけど、、、、、、
普通のカレーうどんの方が何倍も旨いと思った。


錦織ぃ~~~~ もう買わないよ。
失敗だったが、カレーの話を書けて、嬉しかったりもするんだよね。
カレー馬鹿、健在。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月10日 (日)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い59 紹介状を書いてくれ。薬は増えた

7月の病院に行きました。
薬が無くなってきているというのもあるけれど、一番の理由は、カウンセリングの初診の時に必要な、かかりつけの病院の紹介状を書いてもらう事。
今日書いてくれと言って、今日出来上がるわけがないので、完成は2週間後くらいになるだろう。


どうせまた2万円くらい取られるんだろうなぁと思っていたら、 本当に2万円取られた(笑)
嘘です。
診察料、薬代、紹介状足しても3700円だった。
安い・・・
年金更新の際の診断書は2万するのに、紹介状はこんなに安いの?
その辺りの使い分けが分からなんだ。


紹介状が書き終えたら、電話をかけてくれる事になったので、すぐに撮りに行き、すぐにカウンセリングの予約を入れるつもりだ。


カウンセリングに対してやや否定的な寺ちゃん。
前に、カウンセラーは、いくらでも話を聞いてくれるから、最初は良いけど、全てを話してしまったら、その後は何も進展しなくなると言っていた。


寺ちゃんは物理的に脳の中の信号の流れを良くする薬は必要だと考えていて、話をしたり、話を聞いたりしただけで、脳の病気を克服できるとは思っていないのだろう。


僕もカウンセリングにどれほどの力があるかは分からないが、やるだけやる、やれることはやる で行きたい。


さて、そのカウンセリングの病院ですが、茨城県の県庁所在地、水戸にあります。
僕の家からだと、車で1時間半くらいでしょうか?
距離はいいんです。
納得してこの病院にしたのは自分だし、この病院で勝負したいと思ったですから、いいのです。


カウンセリングの事も良く分かっていないし、認知行動療法も受けてみたい。
結構楽しいかもしれないなぁ。と楽観的すぎますかね?


仕事に極力出なくて良いという事になり、店への恐怖心などは薄れてきているのですが、死にたい。
それを言ったら、薬が増えました。
仕方ないよね。
嘘言って元気です調子いいですとは言えない。
前進するために薬が増えたと考える事にします。

朝 セルシン5㎎、アーテン2㎎
夜 リーマス200㎎4錠、ピーゼットシー4㎎、セレネース3㎎、セルシン5㎎、アーテン2㎎

となりました。
過去最多の薬の量かもしれない。


気にしない気にしない。
そして調べない、調べない。


前しか向かないっすよ。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 9日 (土)

シネマ と ドラマ ごしっぷ 又吉直樹原作、ドラマ版、火花

20160709ピース又吉直樹さんの、ベストセラー小説を原作に映像化した、「火花」を見ました。
全10話。


芸人の主人公、徳永が売れる為に、あがくあがく。
現実は厳しく、途中脱落していく仲間、後輩に追い越されていく現実、あがいてあがいても中々売れない。


もう一人の主人公というべき、神谷さんは、天才的だが、言う事が鋭利過ぎて、観客に受け入れられない。
しかし、客のレベルに合わせたネタに走らず、自分にしかできない漫才を目指す。
その媚びない芸風に憧れて、主人公は神谷に弟子入りを志願する。
俺の伝記を書くことを条件に弟子入りを許す神谷。
だが神谷は相変わらず売れない。
弟子の徳永がジョジョに売れ出して、2人の関係が微妙になっていく。


いつかこの関係が破城するのだろうという、緊張感が常にあるのだが、その時はやってきて・・・・
徳永と神谷を待ち受ける現実は、とても厳しい物ではあるのだけど、生きていられるだけで良い、生きる事の素晴らしさを感じさせてくれる。


辛いラストではあるけれど、思い出すのは、主人公と神谷の2ショットで、2人が笑っている笑顔ばかりが蘇ってくる。
漫才の話。
サクセスストリーと挫折の話。
そんな感じだろうなぁと思って観ていたが、ラストまで見ると、これは
「生きるとは?」
「人生とは?」
という事を描いてきた話だとやっと気付くようになる。
素晴らしいラストと、余韻。



このドラマはNetflixという有料チャンネル(WOWOWやスカパーと一緒)の独占方法なのだが、このNetFlixは、ドラマの質が異常に高い事で有名。
良い物を作っていれば、お客さんは付いてくるっていう感じ。


有料なので、スポンサーの顔色をうかがわなくていい。
たばこを吸うシーンは良く出てくるし、エロネタもちょこちょこ入ってくる。
放送時間を45分(1時間マイナスCM時間)にまとめる必要も無い。
監督が必要だと思えば、シーンを付け足したりして、泣く泣く削るシーンが出てくるという事も無い。
また、一気に1話から最終話までを、UPするので、毎週1話見るというこれまでのTVの常識が無い。
一気見をする人も多いらしく、45分毎にピンチや波乱を無理に起こして来週も見てねという展開の必要がない。
そうなるとどうなるか?
ドラマの質が上がるわけですよね。


非常に丁寧に作られているなという印象があって、長回しを多様して、その場にいるような感覚になる。
残酷な現実を描いているけれども、生きるって事を感じさせてくれた良作でした。


あぁ、いい作品だった。
Netflixは1か月間、お試し期間で無料なのですが、TV、PC、タブレット、スマホ どれでも見れます。
火花を見る為だけに、お試ししてみるのもおすすめです。
1か月以内に解約すれば、本当にゼロ円なので、怖い事は無いですよ。

是非見てほしいなぁ。

火花 予告編 へのリンクは こちら

2016年7月 8日 (金)

女医さんだらけの歯医者さんに行ってみよう その2 僕用セット買いました

20160708歯医者に行ってきました。
9割女性の歯医者さんばかりの歯医者だけど、今日は全員が浴衣姿!!
なんじゃこりゃと思ったが、七夕だかららしい。
そして、治療室の中で働く歯科医師さん達は、さすがに白とオレンジの清潔な仕事着でした。
そりゃそうだわな。


今日は30分、今後の治療方針の話をして、
残りの30分は治療。
って話だったのに、いきなり治療席に座らされて、口の中をチェック。
歯と歯の間の取り切れてない汚れ?歯垢?を、シーーーーーっていう、吸ってるのか?削っているのか?良く分からない音がする物で、取ってました。
すこ~~~し痛いです。
でもあの歯茎の弱い僕が流血しなかったところを見ると、仕事は丁寧。


終わったら、手鏡を渡されまして、人生で一番よく会う顔を見つめます。
右手には歯ブラシを持たされ、これでどういう風に歯磨きしているか、再現してくれと言う。
磨き残しは無いし、左右の動きだけじゃなくて、縦にも磨いてるよ。 ってやったのですが、それではダメらしい。
歯茎の溝、CMなんかでやってる歯周ポケット?の汚れが取れてないという。
説明するのが難しいのだが、歯に対し斜めに歯ブラシを当て、動きは小さくてもいいので、歯茎の奥まで歯ブラシの毛先が入るようにする必要があるとの事。
今後はそうします。


治療はこれで終わり。
ミーティング室に行って、次回の予約と、歯磨きの話になった。
まず、展示されていた電動歯ブラシ。
一度聞いてみたかったのだが、これって歯医者さんはどう思ってるわけ? ってやつです。
結果は思った通りでした。
電動だろうが、ちゃんとした当て方をしないと汚れは取れない。
私は歯ブラシ派だと言っていた。
僕向きの柔らか目の毛質で、太い歯を磨く用と、歯茎の中に入り込む細い毛の2段になっている歯ブラシを、この歯医者で買う事にした。
他で見当違いの物を買えば、安く買えるだろうけど、意味のない事をやってもしょうがない。
後、僕用の歯磨き粉を渡された。
こちらは、何も言ってないのに出てきたので、僕の治療にあたり必須という事なのだろう。
殺菌力があるとかで、色々と良い歯磨き粉らしい。


僕は歯並びがやや?悪いので、矯正とかする気はありますか?と言われたが、いくらかかるの?って聞いたら、
60~70万円だという。
最近、貯蓄をしないとと言ったばかりなのに、40近いオッサンが、芸能人並みの綺麗な歯になっても意味は無いだろう!?
それはさすがに却下した。


次回は、7月下旬の予約です。
いよいよ、詰め物が取れた穴の開いた歯を・・・・・  どうするんだろう?(笑)
怖いなぁ~

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 7日 (木)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道080 AIR SPICE ビーフカレー

201607071201607072「カレー届いてるぞ」の声で、目が覚める。
もう夕方になっていた。
7月3日の事である。
やはり月が変わったら、すぐに発送されるみたいだ。


さっそく1階に降りて階段に置いてあった見慣れた封筒を手にする。
写真を撮りながらでないと、話を進められないのがいじらしいが、ここは深呼吸。
撮っては開け、撮っては読み、撮っては開ける。
中身を取り出す。
そこには「ビーフカレー」の文字が!!
キターーーー
ニクニクしいカレーがキターーーー


今日、調理するのは無理なので、体調を考え明後日作る事に決めた。


まずは、コラムを読む。
今回のタイトルは
「ブラックペッパーの沈黙」
である。
ブラックという響きが、なんともカッコよく、味もパンチが効いている事から、一時期カレースター水野仁輔(カレースターについてはこちらを参照)もこのスパイスにハマった事があるという。
コーヒーにミルクや砂糖を入れて飲んでいたカレースターが、母と姉がコーヒーはブラックにかぎる と言っていたのを聞いてしまい、翌日から自分もブラックにせざるを得なかったという、秘密の?話が書かれていた。


さて、材料を見る。
先月は野菜のココナッツカレーだったので、買わないといけない物が沢山あったのだが、今回は少ない。
牛肉、ニンニク、生姜、トマトピューレ、蜂蜜。
これだけである。


どうやら、カレースターは、スパイスの香りを立たせたら、そこに牛肉を投入し、シンプルに肉とスパイスを楽しませるつもりらしい。


材料の買い出しに行く。
今回はココナッツ何ちゃらなどという、聞き慣れない物は探さなくていい。
簡単に材料はそろったのだが、肉で困ってしまった。
牛肉の塊という物がほぼ無いのだ。
すき焼き用、焼き肉用はあっても、カレー用は無い・・・・・
否、あった!! が、少量のくせに高い。
予算の関係と、勝手な解釈で、徳用の牛肉のバラ?
う~ん、バラではないな。
謎肉を買う事になる。
これが出来上がりの見た目に大きく関わってくるのだが、肉は肉屋で買うか、さらにワンランク上の高級スーパーに行かないといけないだろう。
そこまではしたくないんだよね。
レシピ通りに作る事が、本物の味を知る事にはなるのだろうけど、ある程度のアレンジはアリだと思う。


さっそく帰宅して作り始める。
写真を要所要所で撮りながら調理するのも、随分と慣れた。
調理しながら、説明書を読みながら、次の材料を用意していく。


最初は油で固形の木のくずのような、これ食べられるの?というのと、ひまわりの種のような物を炒めていく。
炒めながら玉ねぎのみじん切りを作り、スパイスの香りが立って来たら、玉ねぎ投入。
飴色玉ねぎが出来るまでには、少し時間があるので、その間に、トマトピューレと牛肉に下味を付けたりする。
もちろん写真も撮る。
なかなか忙しい。


トマトピューレを入れて水分を飛ばし、いよいよ第2(粉のスパイス)を入れ、やはり香を立たせる。
そしていよいよ牛肉投入。
火を通したら、水を入れて、沸々と小さく沸騰する程度の弱火にして1時間煮込む。
10分おきに、混ぜる事もぬかりなくやって、肉の脂が、オレンジ色になって浮き出すまで煮る。
最後に塩で味を調えた。
完成である。
今月は簡単だったなぁ~


写真を見てもらうと分かるだろうけど、皿とかどうでもいい物を使ってしまって、先月の凝った写真とは比べたくない程の差である。
そして肉。
ゴロゴロとした肉かじってるっていうカレーよりは、キーマカレーに近い物になってしまった。


早速試食。
味が薄い・・・・
塩が足りなかったようだ。
味見したんだけどねぇ・・・・
塩を振って各自食べてもらう事にする。


先月のは野菜とココナッツのクリーミーなカレーだったのに対し、今月は、スパイスと肉、肉、肉。
食べ応えがあります。
もっともっとスパイシーでも良いかもしれないが、合格点だと思う。


来月8月のカレーで、契約は終了。
更新して、12か月を注文するか!? 迷ってます。
田舎じゃぁ食べられない味だし、これだけのスパイスを用意するのはかなり大変だし、少量では買えないだろうから、スパイスだけでも集めるのはかなりお金がかかることだろう。
それをすべて用意してくれるこのサービスは、安上りで本当に素晴らしいと思う。
でも、先月、今月と食べてみて、スゲー旨くて、もう他ではカレーが食べられない、というレベルの味ではない。
美味しいよ。旨いよ。
でも、店で出してるカレーも負けてないような気がするなぁ。


更新するか否かは、最後の8月のカレーを食べてから考えたいと思います。
とりあえず、残った1人前(4人前の量が出来るようになっているのです。)は明日の朝食になりそうです。


そうそう、洗い物なども、ちゃんとやってます。
作るだけ作って、台所は散らかったまま、T珍に片付けをやらせるのも気が引けるのでね。
たまにはT珍が料理を全くしない日があってもいいはずだ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 6日 (水)

今日のYouTube 痛烈なマスコミ批判曲 長渕剛 豚

今日のYouTubeのお時間がやってまいりました。

最近のマスコミは特にひどいと思いませんか?


川島なお美さんが、亡くなる数日前、病院にまでマスコミが現れ、「お墓は買ったんですか?遺書を書いたんでしょ?」と言われた事。


市川海老蔵氏の奥さんマオさんの件でもそうです。
海老蔵さんが、マスコミに対し「命にかかわる事なのです」と実家や周辺での取材、盗撮などをやめてくれとブログで懇願した事も記憶に新しい。


堀北真希さんが、産婦人科に入る時を捉え、緊張の面持で入っていったが、幸せそうな顔で出てきたので、おめでただろう。
予定日は・・・と続く。
まだ安定期に入っていない時期にだ。


他にも書く気になればいくらでも書けるが、命に関わる事にまで、首を突っ込み、群がり、本が売れればそれでいいっておかしくないですか?


かれこれ20年くらい前でしょうか?
もっとかな?
長渕剛氏の、痛烈なマスコミ批判の歌の動画をお届けします。
この歌を歌ったのは、このLIVEの時1度だけだと思います。
その1回を、生で聞けた時、鳥肌が立ち、会場がどよめき、そして最高に盛り上がったのを、はっきりと覚えています。


人のプライベートを、犯罪者ならともかく、何の罪も犯してない人達の、ささやかな生活にまで、面白おかしく書きなぐるマスコミ。
そんな事を書くために、親は大学資金を出したわけじゃないはず。
本人も、不正を正し、悪を叩くつもりでマスコミ業界に入ったはず。
どこで、変わってしまうのか? 変わり果ててしまうのか?
何を言ったところで 「報道の自由」 ですからね。
生きてて恥ずかしくないのかね?


その通り!! ごもっとも!! スカッと なる事受けあい
長渕嫌いの方も一度は見てみてください。


長渕剛 豚 へのリンクは こちら

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 5日 (火)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い58 父への感情、距離感、やられた事

T珍(母)に、先日、お店からは基本的に離れる事。
何か別の仕事が(病気を治してから)できたらいいねという事。
カウンセリングを受けてみようと思っている。
などを話たのですが、かずのすけがいない所で2人で話をしてしまったので、昨日、そろそろ賄いを食べてるかな?という時間帯に、お店に行きました。
かずのすけに直接、話をするためである。
大体の事はメールで送っていたので、あまり頑張って説明する必要は無かったのだけど。


カウンセリングを受ける話で、思わぬ方向に話が行くようになった。
近隣に2~3件、カウンセラーがいる事は調べたのだが、自分のトラウマや家庭問題、父との確執(ってほどでもないか)を、カウンセラーに話をするのが、辛いと話をする。
前に進むためとはいえ、一番避けている所、一番痛い所、一番弱いところを晒さないといけない事は、気が重い。
T珍は何故、そこまで気が重いのか?を聞いてきた。


僕は、T珍が思っているよりも、はるかに根深い傷があって、その傷とは、未だにこの話題で申し訳ないが、小学校の時の離婚問題から始まっていると伝える。
そこから、拭いきれない劣等感を植え付けられて、それがうつ病になる根底にあるのだと伝える。


やや、不思議そう、やや驚いたような表情のT珍。
僕は捨てられたと思っているし、世界一仲の良い家族は両親が円満を演じてただけ、僕が悪い子だから父は自分を捨てたのだと。


それで、今も父とどう接したら良いか分からない。とも伝える。
別に暮らせば楽になるのか? とT珍。
そういう事じゃないと僕。
顔を見なければ解決する問題じゃなく、僕の心の奥に、どうしても拭えない物がある事が問題なのだと言う。
一生それは取れないのか?一生、父を恨んで生きていくのか? とT珍。
恨んではいないが、距離は縮まらないだろうし、どう接していいか分からない と僕。


ただ、許している部分もある。
これは前に書いたが、一番辛い思いをしたT珍に、聞いた事がある。
父を許すと。
僕は泣き寝入りじゃないか!と声を荒らげたが、一番の被害者が許すと言っているのなら、もうそれでいいじゃないかとも思う。
でも、そうは分かっていても、父がTVを見て大声で笑っていたりすると、無性に腹が立つ時があるのも事実だ。
こっちは忘れてないぞ 無かったことにはならないぞ と。
でも許すべきだし、改心して、一生懸命働いて、僕達を食わせてくれている。
許すべきなのだろう。


T珍から別の話題がふられる。
父に対して、意見を誰も言わない。 と。
もういい歳なんだから、「親父、○○しろよ」などと言えないのは直さないといけない事だ っと言いたいのだろう。
が、僕が口を開く。
ここからはT珍にもかずのすけにも言った事が無いのだが、父に意見しないのは、ビビってるわけでも何でもない。
捨てられる恐怖から、声が出なくなるからだ と。


つまり、離婚問題の時に、自分は捨てられたと思っているわけで、父と意見を対立させる、問題を指摘するなどして、ぶつかる事は、また捨てられる事に繋がるような恐怖があるのです。
40近いおっさんが、捨てられるも何もあったもんじゃないし、意見が言えないのは問題だとは思う。
思うが、声が出なくなってしまう。
言葉がどもってしまう人が、自分ではどうする事も出来ないように、僕も、声が出なくなるのだ。
言葉を飲み込んでしまうとか、言うのは面倒だからやめとこうとか、いうのではなく、声が出なくなるのである。
「あ」の一音も発せなくなるのである。
精神的な物で、ロックがかかるような感じです。


さらに僕は続けました。
これも話をするのは初めての事。
漠然と、愛情に飢えている と。
必要とされて生まれてきたのか?
後々捨てられるわけで、本当に生まれてきた事を祝福されたのだろうか?
T珍が僕に愛情を注いでくれている事は感じている。 感謝もしている。
父はどうだろうか?
別に抱きしめてほしいとか、撫でてほしいとかいうわけじゃない。
自分は愛されているのか? 愛される資格はあるのか?
などとT珍、かずのすけに話すと、意外な事を言われた。


父は私がやきもちを焼くほど、まさ爺を可愛がっていた。 とかずのすけ。
T珍も同じことを言っていた。
小さすぎて記憶は無いのだが、そういう状態だったらしい。
そして記憶が残るような歳になっての、離婚問題。
僕はこちらしか記憶に無い。
父に愛された記憶が無いわけです。


それともう一つ。
これも初めて話したのだが、茨城のある場所で、車から父に引きずり出されて、捨てられそうになったトラウマがある。
僕は運転席のシートに必死にしがみつくが、外からドアを開けて、父が僕の腰をつかんで、外に放り出そうと力を入れて、大泣きする僕を引きはがそうとするのだ。
僕の体は、真横になるほどで、通り過ぎる車の視線などお構いなしで、ここに捨てていくとやられたのだが、T珍もかずのすけも覚えてないという。
北海道の子供置き去り事件のように、ちょっと怖い思いをさせて、反省させようという事をやりたかったのかもしれない。
大人の力で本気を出せば、簡単に外に連れ出せただろうと考えると、ただのパフォーマンスであり、見せつけであり、教育のつもりだったのだろうが、それをやられた場所ははっきりと覚えている。
月イチで病院に行く時に、この場所の前を通らないといけないのだが、その度に、あの時の恐怖を思い出す。
それもまた、捨てられるかもしれない恐怖。
自分を殺して、大人しく、逆らわず、生きていく事に繋がったりもするのだが、このエピソードは、T珍もかずのすけも、ややショックだったようだ。


賄い中だとしても、仕事中にお邪魔してしまって、1時間も話をしてしまった。
とりあえず、父に関しては、
接し方が分からないが、恨んではいない。
どうしようもない人なので、愚痴は我々で言い合って発散させよう。(本人に意見して直るような事は無いから)
っという所で終わりにする事にした。


本当は、かずのすけに、用事がある時は、店に出るから安心してくれ って事だけ言って帰るつもりが、ずいぶんと予測不能な方向に話が行った。
でも、話をした事で、少し気持ちが楽になった。


カウンセリングというやつも、こんな感じで救われる気持ちになるのだろうか?
何でも口に出して、話をするという事は大切なんだろうな。
でもやはり、カウンセリングには抵抗はあるのです。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 4日 (月)

あぁ、食い道楽 最後の土産、最後はうどん

今日はうどんを作ったよ という話である。
うどんを打ったわけじゃない。
お出汁に拘ったわけじゃない。
天ぷらを乗せるわけじゃない。
葱やらわけぎやらも乗せてない。


おい、写真はどうした?写真は? と言われそうですが、あまりに普通のうどんなので、撮りませんでした。


ただし、普通なのは見た目だけ。
このうどんはすごいぞぉ~
Mちゃん、ポーさん、から頂いた、最後のお土産、ヒガシマルのうどんの出汁?で作ったうどんだ。
うどん以外にも使っていいのだろうが、うどんで使う事にした。


麺は冷凍物。
レンジで3分。食べられる状態になるので、丼にうどんを入れて、ヒガシマルのこの出汁の粉をかける。
あとは上からお湯を注ぐだけでござる。


ほんと、これだけ。
薬味も、天かすすら無い。
スープとうどんだけ。


Mチャンは、このヒガシマルのうどん出汁は、どこでも売っていて安い物であり、お土産には最適と言っていた。
しかし関東人からすると非常に貴重な物なのは間違いない。


Mちゃん、ポーさんに会った時に、明石焼きで、関西のお出汁を体験し、帰宅してからお土産の関西のどん兵衛を食べ、関西出汁の旨さに開眼した爺さん。
もう関東のは塩っ辛いだけでさ。
味が浅いような気がしてね。
関西のお出汁LOVEなわけですよ。


じゃぁ、きっとこのうどんも旨いだろうと食べてみたのですが・・・・
旨い!!
インスタントのお出汁なのに、美味しいなぁ。
関東の物だったら、あとちょっと醤油の味がするというか、スープで食べさせようというかね。
もう少し前に出てくると思う。
関西のお出汁って、控えめなんだよね。
そこにしびれる、あこがれる(JOJOネタ)である。


おかしな事を言うようだけど、関西のお笑いって、グイグイ前に出てくるというか、こってりという感じなのに、お出汁は控えめなんだよね。
関東のお笑いは、シュールで、少しひねったような物が多いのに、お出汁はがっつり主張してくるんだよな。
このお出汁とお笑いの逆転は不思議な物だなぁなどと、ショーもない事を考えております。


結局、また同じ事を言いますが、
食は関西には、敵わない。
これに尽きます。


もう歴史が違うわけですよね。
東京なんて、家康君が辺境の地に勝手に作った都市であり、たかだか500年の歴史。
地方から集まってきた人ばかりで形成され、言葉は悪いけど 成り上がり みたいな土地なのだと思う。
もちろん、日本の首都であり、世界の東京、最先端の地であるけれども、伝統となると、やはり浅い。


ふと、2つ下の親戚の男の子が、ネットで知り合った大阪の女性と結婚し、その大阪に住んでいるのだが、その子の事を思い出しながら、うどんをすすった。 
当初は、食文化の違いや、笑いの違いで、苦労するのでは?と想像していたが、今は違う。
今は、あいつは、毎日、旨い物を食っているはずだ・・・・・羨ましいな。 である。


改めて、Mちゃん、ポーさんには、本当に心のこもったお土産を頂きました。
感謝しきれません。
来年も行きたいなぁ。
次回は、僕がおごるって、約束だかんね、Mちゃん、ポーさん。
食べたい物考えといてや。


今日も、あぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 3日 (日)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い57 色々とT珍にぶつけてみた

昨日一日仕事に出る事は出来なかった。
身体が重くて、一日中横になっていたのですが、ずっと考えていました。


そして、T珍(母)が帰宅して部屋に様子を見に来てくれたので、かずのすけが居る時に話すべきだったが、後日まで待てずに、一日考えていた事をぶつけた。


まず、お店に体調のいい日は自主的に出ていたのですが、それはやめるという事。
しんどいだろうな。 辛いだろうな。 と思ってくれてるのは分かってる。
でも、出る事によって病気が悪化してきている事を話す。
そこまでは考えていないだろう?と。
昨日のブログにも書いたが、仕事が恐怖になってきていて、もうすぐ出勤はできなくなるだろうと。


これは、僕がうつ病になってから踏んだ段階とまったく同じ道を進んでいるので、おそらく出勤できなくなる。
ただ、強烈なストレスだったSEの時とは違い、進行はかなりゆっくりではあるので、きちんと対処すれば、回復に向かうのも早いかもしれない。
この事を聞いたT珍は、極力仕事に出なくて良いと言ってくれた。
私もかずのすけも、一番の願いは、店に出てくれる事じゃなく、病気が治ってもらいたいという事であり、それを最優先にするべきだと言ってくれた。


ただ、かずのすけの学校行事で、かずのすけが出れれない時が問題で、その時はどうするかで議論になった。
僕が出なければ、店は臨時休業、あの店はいつ休むか分からないと、信用が失われる。
T珍としては何としても店を開けたい。
ここは僕が折れる事になり、そういう日は出勤する事に。
ただし、お昼の忙しい1~2時間だけの出勤で、お客さんが引いたら、即、家に帰すという取り決めだ。
僕が帰らせてくれと言ったわけじゃないが、この事はT珍とかずのすけで、すでに話をしていたみたいで、そうしようと決めたばかりだったという。


次に可能性の話になってくるのだが、お金の話である。
お店が大繁盛したと計算して、いくら給料が出るか?
計算したら、とてもじゃないがその額ではやっていけない事が判明。
申し訳ないが、生きる為に別の仕事を探す必要がありそうである。
働けるかは、分からないけれどもね。
っと書くと、両親の事を見限って、自分勝手に別の道を行くというように映るだろうが、実際問題、生活できないのである。
僕がお店を去って、かずのすけとT珍の2人で売り上げを分けるならば、まずまずの給料になるだろう。


何をそんなに金、金と言い出したかというと、僕は姉と2人姉弟である。
両親の葬式代や、何か介護や、大きな病になった時の貯えが一切無い。
姉は嫁いでいるし、僕が何とかする物と考えておいた方が良いだろう。
貯金を始めるならば早い方が良い。


これもT珍に聞いてみた。
悪いけど、自分たちの葬式代はどう考えているのか?どうなっているのか?と。
葬式代は何とかする という事だった。
実際にそれ用に金は取っておいてあるとの事。
う~ん、本当だろうか?そんな話聞いた事がない。 安心させるためにとっさに言ったような気もしないでもないが・・・信用するしかないか。


次に自分たちの墓はどうするのか?という事。
千葉県成田市から、茨城県の近郊に弟を連れてくるという話はどうなったのだろうか?
東京で10年も一人暮らしをしていて、亡くなっても、土の中で独りぼっちでは、あまりにかわいそうだと、とりあえず爺ちゃん達と一緒の墓に入れてもらっているが、P、T珍、まさ爺の内の誰かが亡くなったら、墓を建てて、家族で一緒に眠るものかと思っていた。
どうやらこれは話が変わってきているようで、成田の墓に我々も入る事になるという。
弟だけ茨城に連れてきてしまうと、成田の墓は誰が守るのか?という事である。
墓まで2時間もかかるので大変ではあるが、Y家の墓を守るのはPしかいないし、ゆくゆくは僕だけになる。
その後が問題で、僕に子供がいないので、僕が墓に入った後はどうなるのだろう?
お寺に何年分って渡すことで、お墓を綺麗に保ってくれるのだろうか?
でも何年分渡せばいいのだろう?
最終的には、誰も墓には来なくなるし、Y家は僕の代でおしまい。
申し訳ない気持ちはあります。


両親の葬式代、お墓の事。
これはスッキリした。
何も心配はいらない。


それとは別に僕自身の人生の話が残っている。
僕も人生半分過ぎてしまった。
何か大病を患うかもしれないし、何が起こるか分からない。
やはりお金である。
金金金と、書いていて嫌になってくるが、お金は必要になってくる。
いくらあればいいか分からないが、あって困るものではない。
独り身だから、すべて自己負担である。
晩年は寂しい人生になりそうだが、それは今考えてもしょうがないし、今回の話とは関係がない。
怪我や病気の時の費用の話だ。
そういう事を想定して、貯蓄する必要がある。


一番は、何か仕事に就くこと。
できるか? できるのか?
今の状態では厳しいだろう。
仕事探しは、もう少し回復してから行動に出るとして、カウンセリングの話を覚えているでしょうか?
今年はカウンセリングを受けてみようと思っている と言ったきりだ。
こちらも話を進めてみようかと、再び思っている。

海ちゃんのおかげだろう、ずいぶんと積極的に闘病するようになった物だ。
まだ闘病っていうよりは、今後の事、起こりうる事について、考えるようになっただけ、親に聞いておくべきことを聞いたってだけなんだけどもね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 2日 (土)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い56 そろそろハッキリさせておかないと

一昨日、昨日と、仕事に出た。
かずのすけ(姉)が抜けないといけない用事ができたからなのだが、2連チャンは辛い。
明日も出てくれるよね?的な事も言われてしまった。


2日共、早上がりをさせてもらい、閉店までの片付けや、やらないといけない事をやらずに、T珍(母)に全て任せて帰ってきている。
それが申し訳ないと思うのだが、早退したとしても、かなりしんどい。


今後、かずのすけは、15時台に退社する事になりそうなのです。
普段は17時近くまでお店に居れたので、T珍の手伝いを出来たのだが、今後はそれが出来なくなる。
T珍にだけ仕事が全て行くことになり、当然僕に仕込みだけでもいいから出てきてくれという話が出るようになるだろう。


僕としては、いま2連チャンで出ているように、どこまで無理できるのか、試している状態だ。
これを続けて体調が悪くなるようならば、仕込みだけでもとかではなく、完全に店と距離を置かせてくれと話そうと思っている。
体調が悪くなるようならばですけどね。
でも2日続けて出ただけで、今日は、朝からまったく動けず。
仕事が怖いし、死にたい。

僕が出なければ、すべてT珍が仕事をかぶる事になる。
いずれT珍も疲れ果ててしまうだろう。
そこでもう一度僕に出てくれという話になるだろうが、僕はもう、鬱の地獄に逆戻りはしたくない。
何年もかけて今の状態まで来たのに、数か月?で元に戻ってしまうのはなんとしても避けたい。
体調のいい日だけ手伝えばいいと思うかもしれないが、毎日苦しい。
また良くなる波が来るかもしれないが、全体の平均値自体が下降しているような気がする。


T珍とかずのすけには、今は試している所だと話をしておいた方がいいだろうか?
あぁ、まさ爺は元気になって、仕事に出れるようになったと勘違いする可能性大だからね。
ダメになった時は・・・と言っておくべきだろうか。
T珍とかずのすけは、何としても僕が一切出てこなくなる事は避けようと、数時間だけ とか 週に数日だけ とか言ってくるだろう。


でも、無理なのだ。
もうすでに始まっているのです。
 1、身体が重くて、起きられない、
 2、仕事自体が恐怖の対象になる
 3、出勤時間が遅くなっていき、遅刻が増える
 4、出勤しようとしても、動けなくなる、進めなくなる、職場に近づくと恐怖で進めなくなる。
 5、無断欠勤が増える
 6、職場からの電話に出ない
 7、部屋に閉じこもる
 8、自殺をする
今、3である。
そろそろ、4になり、行けなくなるだろう。


職場で何かがあるわけじゃない。
でも恐怖の対象になるのだ。


本気で闘病するっていうのは、地獄の状態に陥っても、働き続けるって事なのか?
まったく仕事から距離を置く ことか 毎日仕事に出る事の 2択しかないのだろうか?
出れる時だけ出るといえば聞こえは良いが、僕は料理界に戻る気は無い。
それは15年前に決めていた事だ。
だから違う職業に就いた。


いつの間にか家族経営の仕事になってしまっているが、この店をやりたいという中心にいるのはT珍だ。
T珍の長年の夢が、店を開くこと。
僕はそれの手伝いをしたかっただけだ。
同じ夢を持っているわけじゃないし、一生ここで働くつもりも無い。
店が軌道に乗ったら、僕は店から離れるかもしれない。


話せば長くなるが、要するに料理人とは、重労働であり、損な役回りであり、報酬も少ない。
別に金儲けがしたいわけじゃないし、楽して儲けようとも思ってないけれど、この歳になってきて、老後の事、自分の人生の事を考える。
今の状態では、両親の葬式代も出せない。
貯蓄をしなくては。
この病気を持ちながらでも、できる何か仕事はないものか?


それが何かはわからないし、分かったとしても、働く事は無理かもしれない。
でも、これでいいのか?
このままT珍に付いて行き、料理界に浸っていていいのだろうか?
料理はやらないと決めたはず。
そんな事も考えています。
何か自分にできる事があるはず・・・・
そんな事を考え続けています。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年7月 1日 (金)

ダイエット奮闘記(プチ) いきなり3㎏のリバウンド、やばいでしょこれは

体重計に乗ったら、3㎏も増えていた。
理由は分かっている。
みたらし団子だの、ホットケーキだの、生チョコレートだの、食べまくったからだ。
痩せて、スリムになりたい。
昔はそうだったのだから、出来ない事ではないはず。


でも、猛烈に甘い物が食べたくなる。
その誘惑に勝てない。


甘い物を食べている時の幸せ感が、麻薬のように、忘れられなくて、また手を出してしまう。
田○まさし と同じ名前の まさし は薬物には絶対に手を出さないが、甘味シャブの誘惑には負けてしまう。
恐ろしい・・・甘味シャブ恐ろしい・・・・・


何とか誘惑を断ち切りたい。
痩せたい。


意思の強さが欲しい物です。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »