« ダイエット奮闘記(プチ) 久々に戻ってきた数値、歩みは止めない、頑張れ! | トップページ | ガッツリDTM 027 忘れるな!! レッスンをすべて録画する事にした »

2016年9月 5日 (月)

デジ物コバナシ 1600万色が使えるたった1本のペン

20160905cronzy_pen触れたものから色を抽出して1本で1600万色が使えるペン「Cronzy Pen」


スマートフォンアプリと連携し、触れたものから色を抽出してCMYKインクを使って1本のペンで1600万もの色を作り出せるのです。


紹介動画へのリンクを張っておきます。
これをみれば一発で理解できると思います。


● Cronzy Pen 紹介動画へのリンクは こちら


動画はこんな感じ。
ベンチに座る女性。
手元にはまだ色づけされていない線画があります。
女性の胸ポケットに差し込まれているのは1本のペン。
「線画を何色に塗ろうかな」と考えていた女性はニヤリと笑みを浮かべました。


女性はストリートアーティストが描いたのであろう壁画の前にやってきました。
そして、先ほど胸ポケットに差していたペンのお尻の部分を壁に押しつけ、ペン側面にあるボタンをプッシュ。
すると、スマートフォンアプリが壁に描かれたイラストの色を認識。画面にはカラーコードも表示されています。
「SAVE COLOR」というボタンをタップ。
紙にペンを走らせると……
壁画と同じ黄色が出てきました。


続いて、赤い花びらにタッチ。
花びらと同じ赤っぽい色合いが現れました。


カラフルな風船を持って建物から出てくる少女。
紫色の風船にCronzy Penをタッチさせると……


さらに、黄緑色を読み込むと……
スマートフォンアプリに黄緑色が表示されました。
ここでカラーホイールを触って……
黄緑色から青色に調整すると、アプリで調整した青色の情報がペンに送られます。


こんな感じで、タッチして読み込んだ色以外も好きな色をインクとして使えるわけです。
さらに、ペン先をくるくると回す女性。
ペン先は簡単に交換可能のようです。
先ほどよりも太めのペン先に変更して、作品にサインを入れればイラストの完成。


なお、Cronzy Penは現時点でブラックとシルバーの2色展開。
分解すると。
RGBセンサー・Bluetooth・ARM Cortex-M3を搭載し、一度の充電で可能な稼働時間は7時間、インクはシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック・ホワイトから構成されています。


長さ170mm×直径13.5mmで、重さは95g。側面にはインクの残量を確認できる窓と、オン/オフボタン兼インク供給ボタン、オン/オフインジケーター、Bluetoothインジケーター、スキャンボタン、充電用のコネクタなどが搭載されています。


ペン先は万年筆タイプ、0.7mm、2mm、3mm、マーカーのようなペン先の5種があります。


なお、Cronzy Penはクラウドファンディングプラットフォームで製品化のための資金を募っているところ。
目標額は20万ドル(約2000万円)で、締切まで24日を残した時点で既に11万7000ドル(約1200万円)以上を集めることに成功しています。
219ドル(約2万2600円)を出資すると製品化が成功した際に上記のCronzy Penのセットを1つゲット可能。
これは実際の販売予定価格よりも80ドル(約8300円)ほど安いとのこと。
なお、日本への発送が行われる場合の送料は無料です。


プリンターとスキャナーを合わせて、ペンを作った という発想が素晴らしいですなぁ。
スマホは色を保存したり、新しい色を作ったりと、パレットという役どころなのもスマートです。

ちょっと欲しいなぁ。
絵心ないんだけどねぇ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

« ダイエット奮闘記(プチ) 久々に戻ってきた数値、歩みは止めない、頑張れ! | トップページ | ガッツリDTM 027 忘れるな!! レッスンをすべて録画する事にした »

デジ物コバナシ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。