« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 74 謎の副作用 | トップページ | ガッツリDTM 037 ハロウィンイベントDJが盛り上げ上げ »

2016年10月30日 (日)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 75 芽生え始めた自己肯定、キナコがよい方に転がった!?

201610292カウンセリングに行きました。


まずは例の問題児の嫌がらせコメントの件の報告。
こちらはコメントを全面禁止にした事を伝えました。
当然書き込みはゼロになりますから、ずいぶんと楽になったと。
裁判を起こす準備は出来ている事。
そうなれば、こちらが確実に勝つし、相手側は、賠償金か、慰謝料か、名前はなんでも良いですが、50十万以上は払う事になると。
プラス弁護士代がかかるから、100万は飛ぶから今後の行動はよく考えてねとブログに優しく書いた。



僕は、手に入ったお金で弁護料を払って、余るならば、障害者が支援する場所に1円も手を付けずに寄付するつもりでした。


あとは、24時間かきこみしてたけど、会社のPCから書き込みしていたら、おわり だねとは不毛2700に伝えました。
ランチタイムにニュースを見るのとは訳が違います。
会社のPCで人権侵害、障害者差別、色々書き込まれましたからねと、言わないといけない。。
形式上、お宅の会社の、あのデスクから書き込まれている、それも1度や2度じゃないと伝えないと行けない。
そうなったら、仕事も家庭も失う事になるから、よく考えて行動してねと、優しく言った。


出来る事ならこのまま消えてくれると助かるし、消えるならば、訴訟も、会社に押しかけるのも、本名や電話番号などは調べないと書いたと。
脅しというよりは、今後このまま、悪質コメントを書き続けるとどうなるか?分かってないようだったので、これから起こりうる事を理解して、かなりビビったと思います。
警察が家に事情を聞きに行くというサプライズ訪問も計画していたのですが、それも書き込みが止まったので、中断。
中止じゃなくて、中断ね。


またやるならば、こちらも再始動するだけですから、とにかく一生おとなしくしていてほしいですね。
貯蓄も住む場所も家族も失うのは怖いと思ったのでしょう。
Facebookなどに書き込みを続けるかもしれないと思いましたが、全く音沙汰無し。
一件落着です。


人生全て棒に振る程バカじゃ無かったということかな・・・・・・
1から10まで書いてあげないと分からない人なので、丁寧に書きましたが、本当に届いたかな?(笑)




さてカウンセリングに戻り、
人付き合いを学ぶにはスタジオキナコは最高ですとも伝えました。
音楽を習っているのは3割くらいで残りは、人間関係や礼儀作法、人としての立ち振る舞い方を学んでいます。
30代の中堅働き盛りの時代をスッポリ10数年抜けてしまっているので、人間関係とか、人脈とかの構築ができないのです。
そこに加えて引きこもりですからね。


そんな僕が、今では誰かを介して紹介してもらうまで待つのでは無く、自分から声をかけて積極的に自己紹介をして、話を盛り上げる。


赤い頭ですから、相手は怖かったり、近づきがたい状態だったり、すると思うんです。
hideが似たような言っていたのですが、こんな頭(外見)をしているからこそ、人の何倍も低姿勢、正しい挨拶、円滑なコミュニケーションがひつようなんだよ。と。
ごもっともです。
あぁ、赤い頭の人ねと一発で覚えてくれますが、僕は普通の人の顔で覚えないといけない。
一日に何人も紹介されるので、そこはもう集中集中です。
帰宅してFacebookで同じ名前の人を探して、やっと名前を把握する。
そんな感じです。


人間関係が爆発的に増えている。
もうそうそう、新しい人は出てこないかもしれませんが、人の名前を正しく覚え、軽く会話して、笑いも取って、では後ほど などと言って、その場を後にする。
一人になっていたら、僕から声をかけて、孤立させないようにする。
そういう所まで出来るようになった。
イベントで再会したら、飛んでいって、挨拶をする。
キナコの入ったばかりの生徒なのに、今日はありがとうございます。などキナコ社員のように言っちゃう(笑)
前回の家音食で、僕がキナコ関連の方と、母姉を引き合わせて、お互いの自己紹介をして、円満に初対面を行う。


人って本当に続いているのですよ。
もう、人に声をかける事への恐怖などは無いですね。
劣等感も少し小さくなりました。
男ってそれしか話題なのか?って言うくらいにお仕事は何をやっている?
何処のなんて会社だ?
経営状態はどう?
みたいな話を直ぐしますが。僕はこれが苦手。
13年無職ですからね。
でもキナコ関連のイベントではコレが無い!!
本当にない。
音楽の話を皆して、ジャンルやら、機材やら、VJやらを楽しんでいる。
これはいいねとカウンセラーのヨシイさん。


自分から飛び込む事ができるようになり、人間関係を学ぶ。
でもまだまだだなと思う事も沢山あります。
あるキナコ関連の人は、コミュニケーションのプロ。
もうすぅ~っと入っていって、すぐに笑いを取っている。
僕はあなたのようになりたいと思っていると言った事があるのですが、この人も人見知りだったそうです。
それにはびっくり。
信じられない。別人です。
環境が人を作る。 本当にそうだと思います。


先日は一日中雨のとても寒い日が有りました。
数日前のキナコのレッスンの時に、寒い日だというのに上着を忘れていくアホね。w
上着を忘れて帰ってしまったので、それを取りに行くだけだったのですが、DJの練習風景を初めて見る事ができました。
お客さんが来場され、少しして、帰られたのですが、僕は30秒くらいしたので、ドアを閉めようとしたのです。
寒いですし、30秒も開けていたのだからいいだろうと。
甘かったですね。
「まだ○○さん居るから」とカクさん。
車はまだ出発してなかったのです。
本当に甘かった。
家にお客さんが来たときだって、同じようにちゃんと待っているのに、この時は寒いからという事で、ドアを閉めようとした事。
大反省です。
一事が万事そんな感じで、全てが勉強になります。
税金を使って、音楽を勉強しに行ったり、飲み歩いているようなイメージも持っている人も居るでしょう。
飲み歩いてはいないけど、ツキイチくらいで飲みには行きます。
飲みに行く事すら勉強です。
上座の位置を教わったり、乾杯の音頭を任されたり、地名が出てきたり、最新の街情報が入ってきたりね。学ぶ事が必ずある。
そんな事も話しました。


貴重な税金を使って習い事など!と思うかもしれませんが、これ以上無いほどのリハビリになっています。
どんどん自分が社交的になって、勤勉になって、自分を高めようとしている。
これが税金の無駄だと、言えるでしょうか?
パチンコで1日中、座っているわけじゃないですよ。
自分が変わってる、それも良い方に、ものすごい早さで、これが無駄だという人もいるでしょうが、これと同じ体験を何処に行けば学べるのか、こういう人には、教えて欲しいくらいです。
社会復帰できたならば、ここでの経験は最高の授業になっているはずです。


それとブログですね。
コメントを書き込めないようにしてしまったので、読者さんの意見や近況が分からない。
そこで、あぜ道だい2ひろばを、まさに2日前に作って、早速3人で連絡を取り合っているという事を話しました。
僕はこの病気になって、辛い事も沢山あったけれども、トータルだと僅かにプラスではないか?
弱者の気持ち、闘病の辛さ、死にたくなる衝動、自己嫌悪。
僕だからこそ言えて、僕だから受け入れられる言葉がきっとあるはずです。
それは13年も、時間をかけてじっくり病気に取り組んできたから。


うつ病患者さんを全員救う事なんて無理です。
せいぜい5人か10人、その程度でしょう
でも、気持ちを楽にしたり、起き上がる力を与えたり、今のままでいいんだと教えたり、人の言う事など気にする事無いと言ったり、僕だから説得力が出てくる事があるはず。
ヨシイさんにそのことを話したら、それはまさ爺の中に柱が出来ていると言ってくれました。
自己嫌悪、劣等感の塊だというけれど、人助けが出来る、人助けしたい、と思うようになったのは、自己肯定だと。
まだまだトラウマは有りますが、人助けは自己否定には無理だからだという。
そういう見方は無かったのです。
僕はただ経験を生かして、同じ境遇の人の助けになる。踏み台でもいいです。つぎのステップに進んでくれたら、それでいいくらいの考えでしたからね。
人助けや、アドバイスは、自己肯定が無いとできない。
そいういう自分を自分でどう思いますか?とヨシイさん。
上手く答えられなかったですが、自己肯定してたんだな、無意識に。と
嬉しかったです。
プラスの部分が見つかると嬉しい物です。

1時間の予定が1時間40分も話を聞いてくれて、ありがたいです。
無口な僕ですが、1時間30分は僕がしゃべっていたと思います。
密度が濃くて有意義な時間でした。


最初にコンビニで唐揚げを買ってから行こうと思っていたら遅刻しそうになって諦めたと言って、つかみの笑いはとれたのですが、ヨシイさんをれを驚かせた事があります。
それは、僕は、コンビニのレジ脇のおでん、唐揚げ、ポテト、ドーナツ、100円のこコーヒー、どれも注文出来ないという物。
忙しいだろうに、手間を取らせたくないという心理があって、頼んだ事が1度もないという話をしたら、ヨシイさんがそれは違うと。
客単価が上がる、在庫処分になってるかもしれない、なにより、そういう事も含めての仕事なのだから、遠慮など必要ない。
こちらはお客なのだからと言うのです。
そりゃそうだよなと僕。
たばこの○○番って頼まれるのと、殆ど変わりない手間で、売り上げが伸びるなら、どんどん注文してっていう事なのかもしれない。


ヨシイさんが、帰りまで今日の挨拶をしたときのコンビニ話を覚えてくれていて、
帰りになったら、コンビニで唐揚げを買う。
これが宿題ですと言われた。


結局、セブンにレブンの唐揚げを買って食べました。
菓子パンとコーヒーしか頼まなかった僕が、唐揚げを追注文した。
これはちょっとした自信に繋がりました。


もっと思った事を言って良いし、やっていい。
もちろん迷惑がかからない範囲だが、僕のわがまま行動など、ただのだだっ子レベルらしいです。


偏った堅物な面もいずれ修正が加わってくると思うのですが、柔らかな心でありたいと思います。


写真はセブンイレブンで買った、揚げ鶏?2個と辛いやつ2個。
唐揚げって注文したら、違う物が出てきたので、ちょっとプチトラブルになりました。
まだまだ注文が下手である。


次回は11月ですね。
いよいよまさ爺○○歳。
さらば20代。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
ハロウィンの話とか、全く触れないというね。
それでこそ、あぜ道。(笑)
また明日!!




« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 74 謎の副作用 | トップページ | ガッツリDTM 037 ハロウィンイベントDJが盛り上げ上げ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事