« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 81 驚くべき一言 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 82 僕が行き着いた病気再発防止法 »

2016年11月21日 (月)

あぁ、食い道楽 江ノ島でプリンを食べる

20161121江ノ島に行って参りました。
人生初です。
僕と母で行きました。
味覚がそっくりなのでね。


2人して、ある店をチェックしていたのです。


その店とは、キッシュ・ヨロイヅカ。
僕は辻博啓さんと争う、日本一のパティシエだと思ってます。
その鎧塚さんのプロデュース?コラボレーション?共同経営?の店が、このキッシュ・ヨロイヅカ。


お店に鎧塚さんが立つ事は無いでしょうが、レシピ作りには当然参加しています。


しかしキッシュとは何でしょうか?
僕はよく分かってません。
タルトのようであり、
卵焼き、スパニッシュオムレのようでもあり、
スイーツのようでもある。


日本ではあまりまだ普及してないキッシュですが、
まぁ、食べてみなさいと言う事ですね。


お店がオープンしたのが、4月らしいので、だいぶ遅くなってしまいましたね。
そして時間がそれだけ経ってしまったので、今回の江ノ島キッシュツアーを台無しにする情報もあります。
もう東京にもキッシュヨロイヅカ、進出しているのです。
わざわざ遠くにくる必要は、じつはないのです。


どこの町にあるかは把握してませんが、興味がある人は調べてみてください。

江ノ島に到着したのは9じ15分頃
江ノ島に上陸して、コインパーキングに止めました。
時間が早いからできる特典ですね。
6時に家を出て正解。


そして江ノ島、歩いて弁天橋を渡り、直ぐの所にあるキッシュヨロイヅカに到着。
すぐに開店になったのですが・・・・・
なんとおつまみ系の食事が一切無しと言う事が判明。


時間が早いから?夜はやるの?もうやらない方針なの?
かなり残念です。
母はワインを楽しむつもりだったのですが、つまみがないのではと、飲むのを諦めました。
非常に残念。


さて、ショーケースに並ぶ10種類くらいのキッシュ。
甘い物もあれば、おかず系のもあります。
色々あるのですが、絶対に食べないと行けないキッシュがあるのです。
それが売り切れる前に入店するために、早朝6時から首都高を越えてきたのです。


そのキッシュとは、キッシュプリン。
一番人気ですし、直ぐに売り切れになるのですが、早く来たので、無事GET.
その他、クアトロチーズ、あとは海老が乗ったリゾット。ベーコンと野菜。
これくらいかな?頼んだのは。


キッシュが運ばれてきて、やはり最初は・・とキッシュプリンを食べました。
ビックリ。
ものすごい旨いです。
玉子の味がしっかりして、ほどよく甘く、しっとりしています。
これは売り切れるの当然ですね。
個人的な比較ですが、鎧塚さんの名を一気に広めた伝説のピスタチオのプリンと肩を並べますね。
それほど旨かった。


その他のキッシュは美味しいのですが、東京でなら食べられるレベルでした。
でもかなり旨いですよ。
プリンがずば抜けてるから、他のキッシュが劣って見えるだけです。
素晴らしかったなぁ。


キッシュヨロイヅカを後にしたら、江ノ島に戻り散策です。
食事処はシラス料理で賑わってます。
凄い人の密度でして、歩くだけで疲れます。
猫があちこちにいて、
好きなようにのんびり過ごしている島っという勝手なイメージがあったのですが、まったくいませんでした。
島の奥の方にいったら遊べるのかなあ。
なでたかったのですが・・・・・


これだけで今日の予定は終わり。
帰路につきます。
途中眠くて眠くて、コーヒーがある自販機をさがし、コーヒーを買おうとしたのですが、何を思ったか、指がおしるこを押しそうになっていたのには、自分の身体だとは言えたまげた。
そこまでして甘い物を求めるか!
そこまでして、あんこ派に傾いていくのか?

楽しい旅でした。



chick以下楽しいお知らせchick
smiledeliciousbleahhappy02lovelyconfidentsmiledeliciousbleahhappy02
あぜ道通信に
“だい2ひろば” と “裏あぜ道通信”
の2つのコーナーができました。
本文以上にゆるい・・・・であります。

気軽に覗いてみてください。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて
ありがとう。

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 81 驚くべき一言 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 82 僕が行き着いた病気再発防止法 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事