« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 86 残された物だけでやっていく覚悟 | トップページ | 2杯飲む、3杯の可能性も、 »

2016年12月10日 (土)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 87 朗報、希望、その先は?

カウンセリングに行ってきました。
最近、快復期に入っていると言われた事は、本当らしく、今回も言われました。


非常に活動的になっていて、健常者でも、大変かもしれない事をやろうとしていると言われ、少なくとも睡眠はしっかり取るべきだとアドバイスを受けました。


僕としては、時間が無いという焦りばかり感じていて、時間を作っては勉強やら、仕事に充てているのですが、仕事が遅い、本来ならば、もっと早くできる、もっと頭が回っている所をそれが出来無い事が悔しいと伝えました。


仕事は、追々早くなっていくとしても、今の段階でも、色々とやり方はあると言われ、
いっそ、作業を放り投げて、1時間でも眠ってから作業を再開した方が、頭がすっきりして仕事が最終的には早く終わるかもしれない。
または、途中で区切って、別の作業を始めちゃうというのも、脳の違う場所を使うので、良いと言われました。


時間が無い無いと、弱音は言わない事にしています。
特に代表のカクさんには言いません。
それを聞いて、じゃぁ、締め切りを延ばそうとか、与えられる課題、仕事、を減らされるのは御免です。
そもそも、そんな甘い事をする人じゃないし、僕の為に出来るはずだと考えて与えているのは、僕も分かっています。


だいたい1年間必死に食らいついていく、吸収していかないと行けないのに、これしきの作業で、弱音を吐くなど有り得ません。
今後もどんなに忙しくなっても、徹夜が続いて、やっと終わらせられるような仕事だったとしても、作業の苦労話は言うつもりもありません。
寝たかったら仕事を早く終わらせる事だと思っているので。


まだね、忙しくなってから1月くらいなので、身体が付いていってないだけなのか、病気で疲れてるのか、自分でも分からないのです。
このペースに慣れて、もう少ししたら、普通に仕事をしているかもしれませし、身体壊してダウンしているか?
どっちになるか分かりません。
まぁ、後者だったとしても、壊れる前に、自分で仕事のこなす量やら色々と調整しますから、きっと大丈夫でしょう。


それと前回、僕の脳は8割の大きさに萎縮してしまって、これはもう治らないと言われたのですが、これを言われたのは、何年前だろう?10年くらい?
当時の医学では、脳の失った細胞は快復する事はないと言うのが常識でした。


それが今回のヨシイカウンセラーさんによると、最近の脳科学の分野の進歩はすさまじく、この説も覆されたようです。
つまり、8割の脳は元に戻るという事です。
10割にはならないかもしれません。
でも、少しでも元の状態に近づけるかもしれないというこの話は、とても嬉しかったです。


今も随分と元気になりましたが、更なる快復が見込めると言う事ですからね。
まだ良くなる。上がある。
やっぱり嬉しいよね。


あとマインドフルネスという物を教わりました。
病状の悪い人がやると逆効果になる事があるそうなので、やり方は書きませんが、脳をリセットする方法です。
これを一日数回やると、更に仕事がはかどったり、よく眠れたりするそうです。
今晩からこれを取り入れようと思います。


次回のカウンセリングはクリスマスイヴの予約。
この日に予約を入れても何ら問題がないというね。
虚しくもならないというね。
いいんです。そんなもんですよ。


chick以下楽しいお知らせchick
smiledeliciousbleahhappy02lovelyconfidentsmiledeliciousbleahhappy02
あぜ道通信に
“だい2ひろば” と “裏あぜ道通信”
の2つのコーナーができました。
本文以上にゆるい・・・・であります。

気軽に覗いてみてください。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて
ありがとう。

« 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 86 残された物だけでやっていく覚悟 | トップページ | 2杯飲む、3杯の可能性も、 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事