« ガッツリDTM 046 リスタート! 心地よい緊張感で頭真っ白 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 87 朗報、希望、その先は? »

2016年12月 9日 (金)

僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 86 残された物だけでやっていく覚悟

前回、かなり病状が軽くなり、今、正に快復していってる段階だと、精神科医の寺ちゃん、カウンセラーのヨシイさんが、連絡でも取り合ったのかと思ってしまうほど、同じタイミングで、僕に言ってきました。


僕自身も身体が日に日に軽くなり、もうちょっとで復活出来る可能性が有り得るかも、っという気持ちがあります。


朝から動ける、
甘味を過食しない。
死にたい消えたいと思わない。
など、かなり普通の生活が出来るようになっています。


たまに幻視がありますが、それらは言葉を発しないのが救いです。
いても無視していればいずれ消えるからです。


ただ、頭はまだまだ発病前の切れ者(嘘です)のまさ爺には届いてないとい言うのが現状です。
脳が発病前の8割の大きさになっている話はした事がありますが、それを快復してきた今だからこそ、その失った2割の大きさを痛感しています。


忘れっぽい、新しい事を覚えられない、回転が遅い、等、色々昔よりもパワーダウンしてるのを感じます。
さらに体調が良くなるのか?
これくらいでやっていくのか?
先生方には分かっているのかな?


悔しいもんですよ。
歳で物忘れがっていうならわかるんですが、明らかに、脳の萎縮が原因だと感覚で分かるんです。
人の名前が出てこなくなるとか良く聞きますが、そういう事じゃないのです。
上手く言えないのですが、コレできないか・・・・こんな事ですら と落ち込んだりします。


この残った8割でやっていくしか無いのは分かってるし、諦めてるというよりは、この頭でどうやって戦うか?を考えています。



chick以下楽しいお知らせchick
smiledeliciousbleahhappy02lovelyconfidentsmiledeliciousbleahhappy02
あぜ道通信に
“だい2ひろば” と “裏あぜ道通信”
の2つのコーナーができました。
本文以上にゆるい・・・・であります。

気軽に覗いてみてください。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて
ありがとう。

« ガッツリDTM 046 リスタート! 心地よい緊張感で頭真っ白 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 静かなる闘い 87 朗報、希望、その先は? »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事