« 初高円寺、そして | トップページ | 僕 と うつ病 闘病記 社会復帰挑戦中 046 闘病記の存在意義 »

2017年11月 8日 (水)

2017.11.08

こんばんは、

この日が今年もやってきました。
母の事ですから、元気そうに振る舞うでしょうけど、やはり落ち込むのが当たり前だと思います。
今夜は仕事を早めに上がらせてもらって、実家に戻り、時間を共有したいと思います。
だんだん暗くなっていく時間になると、どうしてもあの日の事を思い出してしまいますが、僕より母の方が何倍も辛いはず。
関係ない話をして笑わすこともできるし、
敢えてこの日の話をして、気持ちを整理させるかもしれません。
どうしてこうなったか散々話し合ったけれども、答えは絶対に見つかりません。
本人はいないのですから。
それでも考え込んでしまうのが家族です。
側にいてやること。
これしかできませんが、今夜は実家に泊まって、なるべく一人にさせないようにしたいと思います。
家族ですから一緒に苦しみ、
家族だから、一緒に乗り越えたいと思います。
今日もあぜ道通信に遊びにきてくれてありがとう。

« 初高円寺、そして | トップページ | 僕 と うつ病 闘病記 社会復帰挑戦中 046 闘病記の存在意義 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

マー坊、お母さんは大丈夫ですか?
久しぶりにマー坊が帰ってきてくれて一緒に時間を過ごせた事はお互いに良かったのかもしれませんね。
頼りになる長男です(^_^)v

マー坊は気持ちが弱ってないですか?
自分の事も考えなきゃ!だよ

 こんばんは。
ご無沙汰しています。

彼にもらった作品をながめていると、もうずいぶん昔のような、ついこの間のような不思議な感じです。
私も大台を超えたので周りの状況も変わっていき子どももすっかり大きくなりました。

たかくんと下北遊びに行ったとき一緒だったトムさんの息子さんが就職されていたりと
時間は確実に過ぎていきますね。

彼がブレードランナーの新作どう観たか?聞いてみたかったです。

お兄さまも無理せず自分のペースでいきましょう。      ツクイ 拝

当日の夜は、一切しんみりせずに、笑いの絶えない夜となりました。
無理して話題に触れずにいたわけじゃないです。
本当に楽しい夜でした。
彼は今も僕の中で鮮明に生きております。
彼と別れ際にした約束。
僕が勝手に誓ったことが出来ているかは分かりませんが、
時間が解決してくれるというのは本当で、
今は家族それぞれも、楽しい思い出だけがよみがえってきているようです。
っとこの文章を打ちながら、涙が止まりません。
乗り越えたとは思う。
でも、ふと悲しくなったりもします。
それも時間が解決してくれると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初高円寺、そして | トップページ | 僕 と うつ病 闘病記 社会復帰挑戦中 046 闘病記の存在意義 »