カテゴリー「シネマ と ドラマ ごしっぷ」の368件の記事

2017年3月15日 (水)

シネマ と ドラマ ごしっぷ 幕末好きが今更新撰組

大河ドラマの新撰組を見始めています。
スタジオで、まさ爺は、新撰組の山南(やまなみ)さんだよね。って言われたのが理由です。
山南とはどういう立場でどういうキャラなのか?
興味が湧いたのです。


幕末好きが、新撰組の事を詳しく知らない。
これはマズいです。


山南さんを演じるのは、堺雅人さん。
ちょっと嬉しいw


まだ第2話ですが、面白いですね。
新撰組話しが今後増えそうです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2017年3月 4日 (土)

シネマ と ドラマ ごしっぷ We Are X その衝撃と重さ

Image1X JAPANのドキュメンタリー映画、「We are X」を観に行ってきました。
3月3日の公開初日には行けず、4日に。
楽しんでこようという映画じゃないので、おそらく観るのは辛い事になると覚悟を決めて。


その日の最終回21時からの上映なのに、結構お客さんが入っていて、嬉しくなりました。
しかし、上映が終わっても、誰も席を立たず、圧倒されてしまったような顔をして、休んでいる人が沢山いました。


映画の内容は、YOSHIKIの過去、ボーカルの洗脳、メンバーの死、表舞台から消えた空白の時間、復活と続くのですが、これは辛すぎるだろうという、ファンでも知らないエピソードが沢山ありました。
まさかそこまで・・・・ っという所までえぐるので、とても重いです。


YOSHIKIがドラムを破壊したり、それ演技だろ?っていう倒れ込む姿の本当に意味。
HIDEの死の真相。
TOSHIの洗脳の恐怖
そして、YOSHIKIが辿り着いた、覚悟と境地とは・・・


圧巻の1時間半でした。

https://www.youtube.com/watch?v=S8T1zFMeU7M

2017年1月12日 (木)

シネマ と ドラマ ごしっぷ 直虎OPテーマ、菅野さん、どうしたの?

今日のYouTubeのお時間がやって参りました。

2017年大河ドラマ、おんな城主直虎のOPテーマだけ観ました。
毎年どういう曲か楽しみにしていて、毎年それはそれでかっこよいのですが・・・・・

今年は、何か軽やかで女性らしいけど、ちょっと何か物足りない。
作曲は、菅野よう子さん。
この人の曲はカッコいいのが多いのですがね。
攻殻機動隊の曲をやったり、CM曲を沢山作っていたりと、
硬派な部分と、やわらかな部分がある人なのですが、
今回は、どちらにも行かなかったというね、印象です。

NHKから条件がかなり出たと僕は思っています。
曲の長さ(時間)だけ守ってくれれば、お好きなように作ってください とはならないですよねNHKですもの。

う~ん、何回か聴いてたら、少ししっくりしてきましたが、
やはり、何かが違う、何か我慢している、何か押さえつけられてるような印象がありますね。

期待してたんだけどなぁ。

おんな城主直虎OPテーマへのリンクを張っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=1H9-4IrHgsc

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2017年1月 3日 (火)

シネマ と ドラマ ゴシップ ローグ・ワン 2回目のが泣いた。

20170103スターウォーズのスピンオフ、ローグ・ワン スターウォーズストーリーを観に行きました。


2回目です。
前回、日頃の疲れが出たのでしょう。
居眠りをこいてしまった僕。


寝ていた時間は5分くらいだろうと想っていたけれど、30分は寝ていたことが判明(笑)


さらにさらに、今回も疲れていたのでしょう、また居眠りを。
今回のは深い眠りについてしまって、起きたら、しゃきっとしましたが、ちょっと睡眠大切ですね。


上手い具合に、前回寝た所と別の場所で、寝たので、話はやっと完全版になったのですが、1回目見た時と印象ががらりと変わりました。


なんと言っても、レイア姫役のキャリー・フィッシャーが亡くなった事が頭にあって、それで・・・・
まぁ、詳しくは書きませんが、泣きました。
このラストシーン、キャリー本人は見たのでしょうか?
観たら嬉しかっただろうなぁと。


キャリー追悼で行ったような物なので、後半泣きっぱなしで・・・・・
いつまでもレイア姫は、僕の心に生き続けるでしょう。


R.I.P キャリー・フィッシャー

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2016年12月30日 (金)

シネマ と ドラマ ごしっぷ 意味が違ってくるラストシーン

20161230ローグ・ワン、お正月にもう一度見てきます。
レイア姫役のキャリー・フィッシャーの追悼も兼ねてます。



映画の完成度の高さは折り紙付き、
また見られる事が素直に嬉しい。


前回見た時は、寝ちゃってましたからね。
見逃しているシーンを見るのも楽しみ。

ラストはやっぱり泣くんだろうな。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年12月26日 (月)

シネマ と ドラマ ごしっぷ また行くの?はい行きます!

20161226正月にローグワンをもう一度観てくることになりました。
エピソード7の時も数回見に行ったので、今回もそれにならう感じ。


かなりイイ出来でしたし、今だから言いますが・・・・・・
僕途中寝てしまいまったのです。


つまらないと言うわけじゃ無く、日頃の睡眠不足が原因です。
連れの話にから、推測すると眠ってしまったのは、3分~5分。
序盤だったし、問題は無かったのですが、まさかまさかのスターウォーズで居眠りとは・・・・


レ・ミゼラブルを観に行った時は、トイレに行きたくて、後半行こうか、もうすぐ終わるはずの繰り返し葛藤で、地獄を見たのと同じレベルの失敗です。


この見逃したシーンをちゃんと観たいのと、やはり、あのラスト10分ですよね。
もう1度観たいです。
ビックリしたもんな。


っという訳で、正月にもう一度行ってきます。
あんたも好きよねぇ~って言われますが、構わん。

########################

裏あぜ道通信、更新しました。
だい2ひろば、もよろしくです。
お気軽にどうぞ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年12月18日 (日)

シネマ と ドラマ ごしっぷ ローグ・ワン SW story

20161217一年に一度のお祭り。
スターウォーズの新作を映画館に行ってみて見てきました。


一言、素晴らしかった。


泣かされました。
まさか、エピソード4に出てくるデス・スターの設計図を巡ってこれほどのドラマがあったとは!


ネタバレは書けないので、技術的な話を。
エピソード4の10分前までを描くので、ラストに白いフードのあの方が登場して終わる。
コレは誰でも予想がつきます。
でも、後ろ姿だけで、あの白いフードを被って、設計図を手渡されて終わるかと・・・・
びっくりした。


そしてベイダー卿。
出番無しか・・・・・今回、登場するからと話題になってたけど・・・・・意外と地味だったなと思っていたら・・・・


ま、見てきてください。
最高でした。
外伝とはいえ、これ好きなSWのランキング上位に入ってくるなぁ。



今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

chick以下楽しいお知らせchick
smiledeliciousbleahhappy02lovelyconfidentsmiledeliciousbleahhappy02
あぜ道通信に
“だい2ひろば” と “裏あぜ道通信”
の2つのコーナーができました。
本文以上にゆるい・・・・であります。

気軽に覗いてみてください。

2016年9月12日 (月)

シネマ と ドラマ ごしっぷ だいぶ遅れましたが、シン・ゴジラ 観てきた

20160912シン・ゴジラ今更ながら見てきました。
芸能人5人くらいの感想しか聞いていませんが、全員が絶賛。


邦画だよ?
それも怪獣映画だよ?
庵野さんの才能は認めてる。
でも実写だし、どうなんだろう?っていうのはある。


大友克洋さんだって実写映画はチャレンジしてるけど、ヒットはしなかった。
厳しいんじゃないの?
っというのが予想。


僕はゴジラを見るのが初めてなんだけど、それでも楽しめるのか?
ゴジラが他の怪獣をやっつけるパターンの映画もありますよね。
今回は悪役みたい。
その設定のブレがまた混乱させられます。


映画館に着いて、劇場に入ったら、すごい人の数。
満席です。
7月に公開されたのに、まだこの人気。
今年公開された(される)邦画の中で興行収入第1位は間違いないそうです。


さて、ネタバレは書けないですが、感想を。
素晴らしかった。
怪獣映画ではあるけれど、反戦であり、反原発であり、反核であり、日本にありがちな政府の対応の遅さ、部下に言いなりの無能な総理大臣(これは映画の中での事であってほしい)、日米安保理や、自衛隊の在り方など、考えさせられる内容。


主役の長谷川 博己さん、は優しい男、物腰やわらかな男、の役しかできないかと思っていましたが、いやぁ~見直しました。
適役でしたね。
言うべき事は言う、ガンガン突き進む、熱い男の役でしたが、違和感なし。
脇役の方たちも豪華で、皆熱演。


緊急時の話ですから、皆、早口なんですよね。
それが終始続くので、大変だったりします。


石原さとみだけが映画に溶け込まず浮いていたけど・・・・それは言うまい。


映画はかなりの完成度でした。
さすがは庵野さんです。


星5つ満点で
★★★★
です。


お金払ってでも劇場で見るべき。


今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2016年8月 1日 (月)

シネマ と ドラマ ごしっぷ ローグワン、10分前まで描く!?

20160801スターウォーズのスピンオフ(外伝)の公開が12月にあるのですが、メイキング映像が公開されましたよね。


ダース・ベイダーが登場する事は決定しているのですが、それよりも僕を興奮させたのは、エピソード4のオープニングの10分前まで描くのではないか?という噂。


それってすごい事ですよ。
レイア姫が乗っている宇宙船にデススターの設計図を送って、その後、みんな死んじゃうのかなぁ?


10分前まで描くというのが本当ならば、そういう終わり方になりそうな気がします。
エピソード4の見方がガラリと変わることになりそうです。
どれほどの犠牲を払って、デススターの設計図を手に入れたのかを視聴者は知ってるわけですからね。
これは楽しみです。

第一弾予告編 へのリンクは こちら

第一弾メイキング へのリンクは こちら

合わせてリンクを張っておきます。

2016年7月 9日 (土)

シネマ と ドラマ ごしっぷ 又吉直樹原作、ドラマ版、火花

20160709ピース又吉直樹さんの、ベストセラー小説を原作に映像化した、「火花」を見ました。
全10話。


芸人の主人公、徳永が売れる為に、あがくあがく。
現実は厳しく、途中脱落していく仲間、後輩に追い越されていく現実、あがいてあがいても中々売れない。


もう一人の主人公というべき、神谷さんは、天才的だが、言う事が鋭利過ぎて、観客に受け入れられない。
しかし、客のレベルに合わせたネタに走らず、自分にしかできない漫才を目指す。
その媚びない芸風に憧れて、主人公は神谷に弟子入りを志願する。
俺の伝記を書くことを条件に弟子入りを許す神谷。
だが神谷は相変わらず売れない。
弟子の徳永がジョジョに売れ出して、2人の関係が微妙になっていく。


いつかこの関係が破城するのだろうという、緊張感が常にあるのだが、その時はやってきて・・・・
徳永と神谷を待ち受ける現実は、とても厳しい物ではあるのだけど、生きていられるだけで良い、生きる事の素晴らしさを感じさせてくれる。


辛いラストではあるけれど、思い出すのは、主人公と神谷の2ショットで、2人が笑っている笑顔ばかりが蘇ってくる。
漫才の話。
サクセスストリーと挫折の話。
そんな感じだろうなぁと思って観ていたが、ラストまで見ると、これは
「生きるとは?」
「人生とは?」
という事を描いてきた話だとやっと気付くようになる。
素晴らしいラストと、余韻。



このドラマはNetflixという有料チャンネル(WOWOWやスカパーと一緒)の独占方法なのだが、このNetFlixは、ドラマの質が異常に高い事で有名。
良い物を作っていれば、お客さんは付いてくるっていう感じ。


有料なので、スポンサーの顔色をうかがわなくていい。
たばこを吸うシーンは良く出てくるし、エロネタもちょこちょこ入ってくる。
放送時間を45分(1時間マイナスCM時間)にまとめる必要も無い。
監督が必要だと思えば、シーンを付け足したりして、泣く泣く削るシーンが出てくるという事も無い。
また、一気に1話から最終話までを、UPするので、毎週1話見るというこれまでのTVの常識が無い。
一気見をする人も多いらしく、45分毎にピンチや波乱を無理に起こして来週も見てねという展開の必要がない。
そうなるとどうなるか?
ドラマの質が上がるわけですよね。


非常に丁寧に作られているなという印象があって、長回しを多様して、その場にいるような感覚になる。
残酷な現実を描いているけれども、生きるって事を感じさせてくれた良作でした。


あぁ、いい作品だった。
Netflixは1か月間、お試し期間で無料なのですが、TV、PC、タブレット、スマホ どれでも見れます。
火花を見る為だけに、お試ししてみるのもおすすめです。
1か月以内に解約すれば、本当にゼロ円なので、怖い事は無いですよ。

是非見てほしいなぁ。

火花 予告編 へのリンクは こちら

より以前の記事一覧