カテゴリー「僕 と うつ病、 闘病記」の573件の記事

2017年6月22日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 028 集会に顔を出したら、質問会が始まった

行ってきました。
社会法人のアイネットという組織の、集会に。

会場に着いてでも、今日何が行われるのか?
何を聞かれるのか?
何を話せばいいのか?
さっぱり分からない状態での参加です。

時間の13時半になると、次々と人が集まってきて、15くらいある席が満席。
でも予想と反してました。
僕は、闘病中で、社会復帰になかなか進めない子達が来るものかと思っていたのですが、
会場に現れたのは、そのご両親たちばかり。
病気を体験したり、そこから治ったという人物は、この会場の中に僕だけという状況。

闘病中などの人間がこの集会に現れたのは数年ぶりだそうです。
そうだよね、勝手に病気持ちの子が来ると思い込んでいたけれど、
病人だったら出てこれないよね。

そして、メインは引きこもりや不登校の子のご両親の悩みについてが9割以上かな。
僕もぶぶ彦の散歩に朝夕外には出ていたけれど、それ以外は、ずっと横になっていたからね。
分からなくもないんですよ。
働けない事で自分を責めていたいり、このままで良いわけがないって、全て本人たちは分かっているはず。
ここに僕との共通点を見つけました。

一人一人、近況報告と先月の集まりから何が変わったか?
それを話して行きます。
僕は初参加ですし、元病人本人がかなり久しぶりに現れた。
みなさん興味津々です。

でもまずは自己紹介や近況報告をという事で、じっくり時間をかけて話して行きます。
1時間とか、もっとかもしれませんが、それくらいかけて全員の近況報告が終わりました。

そうなると僕に対して質問コーナーが始まり、
・嬉しかった事と嫌だった事はありますか?
・お小遣いをあげるから働かないという意見と、勝手に入ってくる金とは思わずに、感謝しているはずという意見が出たり
何かにつけて、僕に意見が求められました。
僕はそれは全く持って嫌じゃなく、僕の考え、感じて来た事、体験談を交えて、分かりやすく説明したつもりです。

僕の話をメモしている人もいたし、早退する人も僕には会釈をして帰るなど、結構皆さんの力や、面白い意見が聞けたと喜んでくれたようです。

まだまだ話したかった事はあるのですが、時間が来てしまい、ぷっつり終わりになってしまいましたが、
毎月この集会は行われているようなので、僕は参加するようにしたいと思っています。

そして、受け答え方や、僕の考え方を分析していたのでしょう。
アイネットの理事長(この集会を仕切っている人)は僕が受け答えする際、一切フォローや意見は挟んできませんでした。
こいつは、使えるだろうか? 質問に対して、きちんと話を答えられるか? 考え方が自分と近いだろうか?
自分の意見が言えるだろうか? などと見ていたはずです。

その無言のチェックに合格したのか?
それはわかりませんが、10月に80人以上の人が集まる集会があるらしく、
そこで僕と理事長、その他、社会復帰をした人?2人の計4人で、ステージなのか、やや高くなっていたりするのかな?
そこで、トークをしてほしいと。
公演じゃないですよ。 理事長と質疑応答をしませんか? という話が来たのです。
使えると判断してくれたようです。

やはり緊張は無し。
お役に立てるなら、なんでも話します。って感じです。

その質疑応答も、とつぜんのキラーパスが飛んでくるのではなくて、簡単な台本を作ってくれるようなので、
それを棒読みじゃなく、自然に会話すればいいだけです。

僕としては13年間の空白は無駄なことをしてしまった、人生の3ぶんの1、自室で過ごしてしまった。
という後悔はありましたが、それが無駄にはならず、他の同じ境遇の人の役に立つことができる。
13年は無駄ではなかったと感じています。

とりあえず、7月、8月、9月、と月一の集会には参加してみようと思います。
そして10月の大集会?に参加してみようと思います。

13年、後半は楽になっていったとはいえ、辛かったのですが、その経験が役立つ時がくるとはね。

僕は過去は変えられると思っています。
過去は変えられないです。
でも過去に起こったことの意味は変えられると思います。
つまり、13年は無駄だった ではなく、 人に気持ちがわかるようになった、とか、今回の僕なりのアドバイスを
伝える事が出来るのなら、13年は全く無意味じゃなかった。
過去は変えられないけど、過去に起こったことの意味を変える事はできる。そういう意味です。
あの時こうしていれば、、、誰もがある事。
でも、あの時があったから今の自分が形成されているのだと僕は思っています。

仕事との両立は大変かもしれませんが、別に月一で話を聞いたり、話したりできるのは、僕の心の整理にも
繋がってくるので、僕にとってもプラスです。
傷を舐め合うような事はしたくないので、半歩でも前進できるような事を話し合いたいと思っています。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。(^ ^)

2017年6月15日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 027 独りの夜、追い込まれても平気

昨晩から独り暮らし始まりました。


出勤にかかる時間は30分くらい。
まぁ、近い方でしょう。

でもかなり都会wな所に引っ越したので、
飲食店もスーパーも夜中までやっているので、
かなり生活しやすいです。

コペンが小さいので、一度に持っていける荷物に限りがあり、
昨日持って行ったのは、
・布団
・次の日着ていくTシャツ
・PC
だけ。

行ってみて気づいたのですが、トイレットペーパーや歯ブラシ系が
全く持っていかないと言うね。
コップすらなかったなw

そういえば、僕は外国に行くときに、空港内の売店でスーツケースを買った
と言うような行き当たりばったりな奴なのです。
それで痛い目にあってないので、いつも後手後手でやってしまうんですよね。

そしてこの引越し先が都会なので、なんとかなってしまう。
この成るように成る的な僕の短所は、直りそうにありません。

一人の夜は、今ままでの自分の部屋にいる時と変わらないので、
孤独だったりはしませんでしたね。

今日は、ぶぶ彦のお骨を持って、アパートに帰ります。
頑張って働かないとね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月14日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 026 一歩(結構でかい)踏み出してみた

先日のブログで、心の病を抱えている人たちの前に立ち、僕の闘病の様子や社会復帰した過程などを話す
という可能性が出てきたと書きました。
翌日の昨日、思い切って電話を一本入れました。
僕が子供の頃からの家族ぐるみの付き合いのある、先生です。
かなり上まで行った方で、顔も広い。
その人が間に立って、NPO?の方と僕を繋いでくれるという話になりました。
日付も決まり、今月下旬に相手方に会ってきます。
どうなるかは、会わないとわかりません。
会ったら、僕みたいなのはダメって言われるかもしれない。
好き勝手な事は話せないかもしれない。
何分話して良いかも、次があるかも、何もかもどうなるかわかりません。
が、とりあえずこの先生に電話をして、繋げてくれるという話になった時、
また人生の歯車が動き出した感覚がありましたね。
とりあえず、近々お会いして話をしてきます。
果たしてどうなることやら・・・・

あ、引越し完了しまして、一人暮らしが今日から始まってます。 色々と親に甘えていたんだなぁと実感する事でしょう。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとうございます。

2017年6月13日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 025 講演を開くかもしれません

まさ爺、講演に出演して、人前で話をする可能性が出てきました。
もちろんうつ病の闘病の話をするのです。

まだ、確定してないし、やれるならやらせてくれと、伝える電話をする必要があります。
お金は一切受け取るつもりはないし、そもそも無いでしょう。
それでいいのです。

あぜ道通信で、うつ病闘病記を書く理由は、治った?人間だからこそ言える事を伝えたいから。
講演も全く同じだと思っています。
ブログも講演も何処かで苦しんでいる人達の力になれればそれでいいのです。

あ、講演と言っても、体育館を貸し切ってとか、そういう規模じゃないです。
5人〜10人くらいの前で少しでも話ができればという事なので、
気楽なものです。
偉そうに語る気もないですし、共感を得てもらって、
少しでも何かのきっかけになればと思っています。

この件は、怖いとか、キンチョーするとか、そういう所には無い話です。
何処かから心の奥から聞こえてくるんですよね。
「絶対にやるべきだ」
ってね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月12日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 024 いよいよ引っ越すの?w

今日は引越しの日です。


住むのは明日?になるかな?
どこまで今日頑張れるかによって、明日もやるのか?やってみないと分からないです。
人生初の独り暮らし、、、親のありがたさとか、いかに甘えて来たかとか、痛感するんでしょうね。
ペットでイグアナを飼え!!って話は、自然消滅したのかな?
そうじゃないと困りますW
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月10日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 023 急激に増えた物忘れ、ただの歳か?

さて、6月の病院に行ってきました。

先日はカウンセリングに行き、昨日は精神科です。
精神科って書くとやっぱり重いねw
br>
先生の寺ちゃんには、
「 仕事はますます忙しくなるけれど、ギリギリ納期には間に合わせてる。」
という話をしました。
忙しいという愚痴というよりは、ただの現状報告ですね。

あと最近になって急にひどくなっているのが、物忘れ。
会話をしていて、あれ?何が言いたくこの話を始めたんだっけ?
という事がかなり増えています。
例え話などに行こうものなら、帰ってこれません。
つまり、1分前の事が思い出せないのです。

それは歳だよ、なんでも病気のせいにするのは良くない
と言ってくれた人もいますが、感覚的に普通の物忘れと違うんですよね。

あの芸能人名前なんだっけ? となったら、
顔は浮かぶけど・・とか
何かのCMに出ていたけど・・・とか
関連する事は少し覚えていて、そこから
記憶を手繰り寄せる事が多いと思うのですが、
僕のこの物忘れは、家の鍵閉めたっけかな?的な
すっかりその一連の動作などが記憶に無い(残らない)状態です。

家の鍵も歳だよと言われればそれまでですが、
急激に増えている事。
感覚的に、普通の物忘れじゃなく、
スコーンとその周辺も記憶から消える?
最初から書き込みされてない?感じなのです。

因みに鍵かけ忘れ疑惑とか、名前誰だったっけ?という事は、ほぼ有りません。
その辺りは、忘れる事はないです。

まぁ考え過ぎてもしょうがない、歳ですよこれは
って事にするしかないですよね。
寺ちゃんもどうしてだろう?と首をひねってましたし。

薬に変更は無しです。
何としてもこの調子で生活していけたらと思います。

それと引越しですが、12日、13日あたりになります。
いよいよT木県、O山市(まんま言ってますねw)に引越しです。

みんな遊びに来てぇ〜
(誰も来なかったりしてねw)

2017年6月 7日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 022 4ヶ月ぶりのカウンセリング

毎日更新できなくてすみません。
僕は元気です。
眠いですが・・・

イベントは、アニソンpartyという物でした。
60年代から最新の物まで、時代順にDJが変わって、各自担当の時代のアニソンを流すという物です。
盛り上がりました。
誰もが知ってるアニメの主題歌、個人的にこれを聴くと子供時代が蘇る、あとは知らねーよこんな歌というマニアックすぎる曲、あらゆるアニソンがかかりました。
嬉しかったのは、お客さんが一緒になって歌ってくれた事。
この一体感を感じた瞬間はちょっと感動してしまって、このイベントをやって良かったと感じましたね。
あとは、某有名映画に出て来る、某アニメ飯が登場して、劇中の料理が再現されたものが売られまして、こちらも好評でした。

さて、イベントの説明だと闘病気になりませんから、僕の状態をば。
オーガナイザーという言葉の意味を調べた事はないですが、会場の手配、DJさんの手配、スケジュール調整、機材の準備に始まり、イベントが始まれば総責任者、進行役、雑用、会計、お疲れ様メッセージ送信など、全て引き受ける立場の人間です。
それを僕が毎回のイベントでやらせてもらっています。
まだまだ全然なってないですけどね。
毎回勉強です。

僕はDJじゃないですし、あまりDJに興味はありません。
お酒もタバコもやりませんから、シラフで一日動いても苦じゃないですから、僕がオーガナイザーをやるのが適任なのです。
大変な役を押し付けられてる、利用されているという読者さんからのコメントも有りますが、確かに100%それはない とは言えないです。
でも、利用しているのはお互い様かもしれませんね。
僕も普通の仕事に就いたら、病気が再発する可能性は、今より高くなると思っているし、理解のある職場に入れて、のびのびと働かせてもらっています。

それと、昨日、カウンセリングに4ヶ月ぶりに行きました。
カウンセラーさんに近況報告をして、和やかに終わりました。
カウンセラーさんの見立てだと、僕はもう治っている という事です。
回数券10枚もあと1回で最後なのですが、そこで卒業とするか、間隔を開けてたまに通うか、の話になり、
いつとは決めずに、たまにカウンセリングを受けるという事になりました。

仕事の展開、任される事の増え方のスピードが早すぎるという意見も出ました。
僕はプレッシャーも、恐怖も無いので、大変ではありますが、病気の再発は無いのではないか?と感じているとは伝えました。
スピードの速さを一番心配しているようでしたね。

定期的に通って、近況報告をして、プロのアドバイスを受けて、上手に仕事と向き合っていこうと思っています。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2017年6月 4日 (日)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 021 オーガナイザー

おはようございます。

今日は、イベントの日であります。

僕は何故か新撰組の陣羽織を着て、
お客さんをもてなす、会話する、楽しんでもらう。
会社の宣伝をさりげなくする、僕の印象を覚えてもらう。
これが今日の仕事です。
どうも電気屋の方が着ているハッピに見えてしまうのが難点ですが、
まぁ、良いでしょう(笑)

会場内を僕が誰よりも動き、
誰よりも話し、
誰よりも笑わせ、
誰よりも気遣いをする。

バカになれ!!
誠実さも見せないといけませんが、
ちょ〜〜〜っとで良いのです。
楽しんでもらうことが一番。

そして僕自身が一番楽しむべき。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月 3日 (土)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 020 喉まで出かかった言葉が出せない

隣の隣の町へ引っ越す話ですが、ほぼ引越しの日が決まりました。
6月7日?8日?
決まってないじゃんね(笑)
とにかく、6月最初の1週間が経ったら引越しです。
当日から住むかは分かりませんが、布団とMac、少々の着替えを持って、
毎日少しずつ荷物を移動していこうと思います。
持って行く物、無いけどね。

仕事の打ち合わせで、意見を出し合ったのですが、
僕は話には入れませんでした。
音楽の難しい話をしているわけじゃ無いのです。
この打ち合わせで、確認したい事や、伝えるべき事などは分かっています。
でも話のペースについていけない。
普通の会話のペースですよ。
それについていけない。

何でも病気のせいにはしたく無いし、歳だからとも違うと思います。
明らかに頭の回転が遅くなった。

さらに言うと、頭の回転が遅い と言うのも逃げのような気がします。
黙って聞き手に回ってしまうのです。
それも100%聞き役です。

相手が50ならこちらも50意見を言う。
そう言うやり取りができないのです。

僕に限って言えば、変われるはず、
意識が変われば、変われるはずなのです。
それが中々、言えない、話せない。
ここは腹割って話し合うべき時! でもそれができない。

価値観を変える、性格を変える、これは大変な事ですが、
僕のは、思った事を口にするだけ、これだけなのにできない。
変わりたいねぇ、変わりたいよ。

それを言うと相手を追い込む事になる。
でも、言ってやる事が確実に相手にプラスになる、
誰も言いづらい事を僕が言うようにならないといけないのです。

今回の事に関しては、悔しいとか、情けないと言ういつもの反省はありません。
声を出すだけです。
これができないから、どうしていいか分からないのです。
悩むと言うより、分からない。

どうしたものか・・・・
変わるように意識して、少しずつ口を挟むようにしていくしか無いのかなぁ。
あれ?今日のまさ爺やけに熱いね。
こんなに話す人だった?
って成りたいものです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年5月26日 (金)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 019 1本の電話、半年前倒し

今年後半からホームページ作成の仕事を担当する事になりそうだ。と書きました。

が、昨日それが半年前倒しになりました。

スタジオと仲の良いお店の主人から電話があって、
うちのホームページの管理をまさ爺にしてほしいという依頼があったのです。
この店のホームページは完成しています。
ただこの店はイベントを毎月打ち出してくるので、
その告知をするようにしたいというものでした。

良いでしょう。
プロよりも僕を信頼してくれたという感謝。
断る理由がありません。

このホームページの裏側。
分からない人には、英語の呪文?プログラム?のように
見える画面を表示させたのですが、
半分はわかる。
もう半分は、意味不明。
意外にも10年以上前の知識が今も通用しそうな事で
一安心。

あぁ、また作曲から遠のいていく・・・・
でも、僕の強みになりそうです。

毎日HTML5(っという記述方法です)を勉強せねば!!

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

より以前の記事一覧