カテゴリー「僕 と うつ病、 闘病記」の581件の記事

2017年8月 9日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 037 眠れなかったのは精神的な事が原因ぽいです。

心配事はいくつか持っているけれど、

その一つが解決した?ので、気持ちが少し楽になりました。


まだ手探り状態ですが、多分大丈夫。だと思いたい。
睡眠は結構熟睡できるようになってきました。
やはり精神的な心配事が影響しているのでしょう。
目覚ましが鳴るまで眠っているなんて、何年振りかもしれません。


睡眠大事ですね。
こうして熟睡してから起きる感覚を忘れてましたが、
スタートダッシュが違います。


もう洗濯物を干して、青汁を作って、誕生日の友人にお祝いを送って、これから不在通知に電話します。
すげーぞ今朝は、頭が回る、体が軽い。


今日もガンバっぺな。
あぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年8月 8日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 036 切り替えの下手、時間の無駄、ちったぁ成長したい

僕の心配性が出ましたね。

一日中、口数少なくなりまして、多分ダメだろう、嫌な予感がする。
そんな事をブツブツ念仏を唱えるように言って過ごした一日。
夜になり、それが、なんっっっでもない事だったと判明。
自分に自信という物が無いからか、結果は悪い方へ行くだろうと考えがち。
いくら考えようとも、結果には何も影響しないので、考えるだけ無駄な事なのです。
気持ちの切り替えが下手ですね。
今は、別の事に集中するべきだと分かっているけれども、そう簡単に切り替えられない自分がいます。
直したいね、こういうところ。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2017年7月31日 (月)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 035 家計簿作ってみる

家計簿を作ろうとしています。
本当に作れるかはわからないけれども、
今月は自炊ほとんどしてないし、マメに電気を消したりしたか?と言うと、やってない。
かなりオーバーしているはずです。
買い物したらレシートは取っておいてあるので、
単純な足し算をしてくれるエクセル表を作りたい。
一人暮らしは大変っすよ。
体調は安定しています。
薬は必要ですが、飲んでさえいれば、大丈夫。
だと思うんだけど、、、、
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年7月27日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 034 峠越え!? 油断はできないけれども

お久しぶりです。

まさ爺です。
大きなイベントが終わり、緊張状態から解放されました。
このイベントを成功させられるか?が病気が再発する可能性の一番大きな物だったので、とりあえず安心しています。
追い込まれた感。
恐怖感。
ストレス。
どれも有りません。
7月は超忙しいという事で、この月を超えたら減薬してみようか?という話になっているのですが、この前病院に行ったら、9月からにしようと、ちょっと伸びたので、慎重に進めたいんでしょうね。
仕事自体は沢山やるべき事があり、責任もありますが、このイベントを超えた事で、ちょっとだけ自信とコツを掴んだような気がします。
人の上に立つという事は、厳しいだけでも、優しすぎてもダメで、本当に難しい。
とりあえず、少し痩せました(笑)
ラッキー!?
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。
あぁ、ブログ毎日更新できなくて、クヤ爺・・・・・

2017年7月21日 (金)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 033 7月のアイネットにて

先月、引きこもりの子供を持つご両親たちが集まり、意見を言ったり、意見を聞いたりする集会に参加して来ましたと書きました。

15人くらいの集まりです。
その7月の会に参加して来ました。
2回目の参加という事ですが、ちょっと僕の扱いは特殊なのです。
ご両親たちは、子供が苦しんでいたり、ご自身もどうしたら状況を変えられるのか?
模索して苦しんでいる。
でも僕は、元当事者なんですよね。
ご両親たちが知りたい、子供は一体何を感じ、何を考え、何をして欲しいのか?
そのヒントを聞けるかもしれないと、皆僕の発言の時はメモを取ったり、頷いたり、質問が飛んで来たりと、すごい視線が集中するのです。
それは全然構いません。
どうぞ、僕から聞きだせる事は何でも役立てて欲しいです。
でも僕自身もどうして病気が良くなって来たのか分かっていないのですが。
10年以上同じことを考え続ける事に飽きたっていうのはあります。
10年考えて答えが出ないなら、どうでもいい事なんじゃないか?的な境地に至ったのは自覚していますが、だからと言って早々人間変われません。
同じ時間、同じ出来事を体験するのなら、楽しんでしまった方が勝ちなんですよね。
それはお話しさせてもらいました。
何でも楽しんでしまう事。
人生半分以上過ぎてしまい、今後のことを考えた時、どうせなら笑って生きていたいと強く思ったことが良かったのかもしれません。
何かにつけて、代表のAさんが、まさ爺君なんかは、こうだったでしょ?どう思う?みたいなパスを出してくるのですが、難しく考えない事にして、シンプルに答えていきました。
僕自身、今になって振り返れば、よくこの性格で登校拒否にならなかったな、引きこもったけど、会話もしない、飯だけ食べるみたいな事にはならなかったなぁと不思議に思います。
前回もそうだったのですが、議論の中心になるのは、小遣いの事。
小遣いなんか与えているから、働く動機がなくて、余計に引きこもっているのではないか?案。
逆に、1円も持ってなかったら、洋服も買えないし、外で何もできないから、ある程度のお金は与えるべき?案。
この2つに分かれます。
集会の主催のAさんの意見は、与えるべき。
受け取らない子もたくさんいるそうですが、有無を言わさず与える。
とりあえず、いらないなら、捨てても焼いても破いても構わないから、とりあえず取っておけっていう感じでいいそうです。
負い目がありますから、そこを刺激しないように、両親は味方だよ。
いつか部屋から出てきて、分かり合える日がくると信じてるから、ゆっくり自分の心の整理をしてね。  っていう態度を見せることが大切らしいです。
確かに僕の場合は恵まれていて、両親には色々と助けられたと思います。
だから、楽しんだ者勝ちとか、もう散々悩んだのだからもういい加減いいじゃん。みたいな境地になったのだと思います。
これが親が、早く働いてくれとでも言ったなら、年単位で回復が遅れたかもしれません。
皆さん本当に悩んでいてね。
僕を利用して、役立てて欲しいと思います。
来月も参加するので、また何かあったら報告しますね。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年7月11日 (火)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 032 7月の病院にて

7月の病院に行って来ました。

今、最も責任があると言って良いだろう事を任されています。
失敗は許されませんし、プレッシャーが毎日すごいです。
これを成功させられるのか?恐怖に勝てるのか?
仕事の仕方を学んでいるか? 色々ありますが、
この山を越えられたら、きっとまた僕は変われるような気がします。
さてさて、この山の影響なのか、最近2時間しか眠れてません。
やばい、寝過ごした?って感じで飛び起きるのを3回くらい毎晩やります。
結構ケロッとしているようで、プレッシャーは感じているのでしょうね。
無意識にも。
なので、この山を越えて、少し経った、9月から減薬が開始されるかもしれません。
本当は7月からって事だったけど、今の仕事の事を乗り越えられるかを見極めたいのだと思います。
僕も9月からで良いかと思います。
あと太り気味を注意されました(笑)
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年7月 6日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 030 バイトを始めます

バイトをする事になります。
今働いている仕事とは別にです。
「好きな事を仕事にできて、羨ましい」
とよく言われますが、そんなに甘くはないです。
音楽だけで食べていけるようになるには、まだまだ時間がかかりますし、
そもそも無理かもしれない。
もちろん音楽だけで食べていける事を目指しますが、
そんなに甘くはないです。
それでバイトですが、某青いコンビニに働きに出ようかと思っています。
時間は、朝9時〜13時まで、
採用されたらですが・・・・
それから14時頃、本職のスタジオに行き、音楽の仕事をする。
そんな感じになると、バイトから確実に収入が出来て、生活が安定するのですが・・・・
体力的、精神的に大丈夫なのか?やや不安ですが、きっと大丈夫だと思います。
一人暮らしも始まり、その家賃光熱費などかかりますからね。
一人で暮らすってそういう事なんだろうなぁ。
自分を追い込んで、自己管理して、自分で全てをやり、全ての責任を持つ。
自立って大変です。
向上心の塊みたいな人たちに囲まれているので、いい刺激になりますし、
1度の人生、楽しみましょう、頑張ろうって雰囲気に揉まれるのは、
とても自分の為になります。
ところで、頭が回りません。
歳だから物忘れが出てきたのか?病気の影響か?薬の副作用か?わかりませんが、
物忘れがひどい。
頭に入れておかないといけないのに、メモやノートを見ないと思い出せない?否、最初から記憶できてないのかもしれません。
記憶力よりも、きめ細かい下準備、報告連絡相談ってやつで、乗り切るしかないのかなぁ。
もうすぐ、引きこもりの子たちを支援するNPO法人のちょっとした集会に2回目の参加をします。
僕のアドバイスが役立つのならと、図々しく参加です。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2017年6月28日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 029 どちらに転ぶかギリギリ

お久しぶりです。

会社の設立記念日が近づいてきていて、そのお祝いのパーティーを企画中です。
が、勝手がわからず、サポートの先輩方もついてくれていますが、毎日不安です。
先輩方が頼りないのではなく、明らかに自分が劣っている、足を引っ張っている、迷惑をかけている、修正不可能なミスで大問題を起こすのではないか?という不安です。

うつ病になった時と多分同じ発想パターンです。
あの時は、気がついたら、死にたい死にたいと考えてるようになっていて、そこでこれはおかしい、思考が支配されているような感覚がある となったので、どうやって病気になって行ったかはわかってないのです。

でも、おそらく今回の話にあるように、劣等感や、プレッシャー、恐怖、が長い事続くと危険かもしれません。

でも、やられっぱなしで良いとは思っていないです。
同じ事を繰り返していては、意味がないからです。
いかにして再発しないか?も散々考えてきた事。
今、それをする時なのでしょう。

プレッシャーはあります。
かなりです。
重役をやらされている感覚はありません。
自分の居場所を作ってくれたこの会社のためになるのなら、少しでも力になりたい。
が、思ったように動けない、頭が回らない。
どうしたものか?

きっとこの山を越えたら見える景色があるような気がします。
何かが見えるんだろうという感覚があります。
踏ん張りどきですね。
しかし、再発しそう、しつつある、時に感じるであろう、あの嫌な感覚があったら、会社に話をする。
これは会社と決めた約束ですし、自分を守るためでもあります。
会社にはかなり迷惑をかけますが、また何年も人生がストップするのは避けなくてはなりません。

どうなるんだろう・・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2017年6月22日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 028 集会に顔を出したら、質問会が始まった

行ってきました。
社会法人のアイネットという組織の、集会に。

会場に着いてでも、今日何が行われるのか?
何を聞かれるのか?
何を話せばいいのか?
さっぱり分からない状態での参加です。

時間の13時半になると、次々と人が集まってきて、15くらいある席が満席。
でも予想と反してました。
僕は、闘病中で、社会復帰になかなか進めない子達が来るものかと思っていたのですが、
会場に現れたのは、そのご両親たちばかり。
病気を体験したり、そこから治ったという人物は、この会場の中に僕だけという状況。

闘病中などの人間がこの集会に現れたのは数年ぶりだそうです。
そうだよね、勝手に病気持ちの子が来ると思い込んでいたけれど、
病人だったら出てこれないよね。

そして、メインは引きこもりや不登校の子のご両親の悩みについてが9割以上かな。
僕もぶぶ彦の散歩に朝夕外には出ていたけれど、それ以外は、ずっと横になっていたからね。
分からなくもないんですよ。
働けない事で自分を責めていたいり、このままで良いわけがないって、全て本人たちは分かっているはず。
ここに僕との共通点を見つけました。

一人一人、近況報告と先月の集まりから何が変わったか?
それを話して行きます。
僕は初参加ですし、元病人本人がかなり久しぶりに現れた。
みなさん興味津々です。

でもまずは自己紹介や近況報告をという事で、じっくり時間をかけて話して行きます。
1時間とか、もっとかもしれませんが、それくらいかけて全員の近況報告が終わりました。

そうなると僕に対して質問コーナーが始まり、
・嬉しかった事と嫌だった事はありますか?
・お小遣いをあげるから働かないという意見と、勝手に入ってくる金とは思わずに、感謝しているはずという意見が出たり
何かにつけて、僕に意見が求められました。
僕はそれは全く持って嫌じゃなく、僕の考え、感じて来た事、体験談を交えて、分かりやすく説明したつもりです。

僕の話をメモしている人もいたし、早退する人も僕には会釈をして帰るなど、結構皆さんの力や、面白い意見が聞けたと喜んでくれたようです。

まだまだ話したかった事はあるのですが、時間が来てしまい、ぷっつり終わりになってしまいましたが、
毎月この集会は行われているようなので、僕は参加するようにしたいと思っています。

そして、受け答え方や、僕の考え方を分析していたのでしょう。
アイネットの理事長(この集会を仕切っている人)は僕が受け答えする際、一切フォローや意見は挟んできませんでした。
こいつは、使えるだろうか? 質問に対して、きちんと話を答えられるか? 考え方が自分と近いだろうか?
自分の意見が言えるだろうか? などと見ていたはずです。

その無言のチェックに合格したのか?
それはわかりませんが、10月に80人以上の人が集まる集会があるらしく、
そこで僕と理事長、その他、社会復帰をした人?2人の計4人で、ステージなのか、やや高くなっていたりするのかな?
そこで、トークをしてほしいと。
公演じゃないですよ。 理事長と質疑応答をしませんか? という話が来たのです。
使えると判断してくれたようです。

やはり緊張は無し。
お役に立てるなら、なんでも話します。って感じです。

その質疑応答も、とつぜんのキラーパスが飛んでくるのではなくて、簡単な台本を作ってくれるようなので、
それを棒読みじゃなく、自然に会話すればいいだけです。

僕としては13年間の空白は無駄なことをしてしまった、人生の3ぶんの1、自室で過ごしてしまった。
という後悔はありましたが、それが無駄にはならず、他の同じ境遇の人の役に立つことができる。
13年は無駄ではなかったと感じています。

とりあえず、7月、8月、9月、と月一の集会には参加してみようと思います。
そして10月の大集会?に参加してみようと思います。

13年、後半は楽になっていったとはいえ、辛かったのですが、その経験が役立つ時がくるとはね。

僕は過去は変えられると思っています。
過去は変えられないです。
でも過去に起こったことの意味は変えられると思います。
つまり、13年は無駄だった ではなく、 人に気持ちがわかるようになった、とか、今回の僕なりのアドバイスを
伝える事が出来るのなら、13年は全く無意味じゃなかった。
過去は変えられないけど、過去に起こったことの意味を変える事はできる。そういう意味です。
あの時こうしていれば、、、誰もがある事。
でも、あの時があったから今の自分が形成されているのだと僕は思っています。

仕事との両立は大変かもしれませんが、別に月一で話を聞いたり、話したりできるのは、僕の心の整理にも
繋がってくるので、僕にとってもプラスです。
傷を舐め合うような事はしたくないので、半歩でも前進できるような事を話し合いたいと思っています。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。(^ ^)

2017年6月15日 (木)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰挑戦中 027 独りの夜、追い込まれても平気

昨晩から独り暮らし始まりました。


出勤にかかる時間は30分くらい。
まぁ、近い方でしょう。

でもかなり都会wな所に引っ越したので、
飲食店もスーパーも夜中までやっているので、
かなり生活しやすいです。

コペンが小さいので、一度に持っていける荷物に限りがあり、
昨日持って行ったのは、
・布団
・次の日着ていくTシャツ
・PC
だけ。

行ってみて気づいたのですが、トイレットペーパーや歯ブラシ系が
全く持っていかないと言うね。
コップすらなかったなw

そういえば、僕は外国に行くときに、空港内の売店でスーツケースを買った
と言うような行き当たりばったりな奴なのです。
それで痛い目にあってないので、いつも後手後手でやってしまうんですよね。

そしてこの引越し先が都会なので、なんとかなってしまう。
この成るように成る的な僕の短所は、直りそうにありません。

一人の夜は、今ままでの自分の部屋にいる時と変わらないので、
孤独だったりはしませんでしたね。

今日は、ぶぶ彦のお骨を持って、アパートに帰ります。
頑張って働かないとね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

より以前の記事一覧