カテゴリー「独り図書館」の55件の記事

2016年5月29日 (日)

トラベル・レポート宝塚篇&シネマゴシップ&独り図書館&デジ物コバナシ 「阪急電車」が紡ぐ偶然

20160529こんなに、いくつものカテゴリをまたぐ話を書く事は想像もしてなかった。
どのカテゴリとして書くかをまず迷ったけど、トラベル・レポート 宝塚篇の番外篇として、とりあえず書く事にしました。

まだ宝塚篇が続くのかと思うでしょうが、誰よりも僕が一番そう思っています。
まさか茨城で、普通に生活しているだけだったのに、宝塚に引き戻され、まだまだ繋がりが出てくるか!!という感じです。

たまたま、宝塚に行ったから。
たまたま、投稿したから。
たまたま、話題がそうなったから。
たまたま、オモチャを設置したばかりだったから。
たまたま、有川浩の本をいくつか読んでいたから。
何の事か分からないですよね。
色々な偶然が重なった、かなりレアなケース。
上手く書けるか? 何言ってるのか分からない文章になるか?
試される記事になりそう。




●トラベル・レポート 宝塚篇 兵庫県のFM局にメッセージ&曲のリクエストを。
2016年05月中旬に、茨城県から宝塚市まで旅に出たわけですが、無事帰ってこれまして、それから2週間、平和に過ごしていたのです。
Mちゃん、ポーさんにはお世話になりっぱなしだったし、2人に元気になってほしかったので、M&ポーさんの地元FM局に投稿する事にしたのです。
2人に対してのお礼と、感謝と、気合いだぁ~ っとメッセージを書いて、曲はクレイジーケンバンドの「昼顔」をリクエスト。
ラジオは今、全国の局の物をネットで聞けるし、予約録音もできる。
メッセージがもし読まれたら、編集してそこだけ切り取って、メッセージをLINEで送るつもりだったのです。
でも番組が始まる時間になっても、録音が上手く動かない。
1時間の番組なのに、30分色々といじったが、上手く動いてくれない。
同時刻に関東で流れているラジオ番組は、問題なく録音されているので、ソフトや設定がおかしいわけじゃない。
いくら遠い場所だからと言っても、ネットで距離は関係ないしねぇ。
とにかく、録音は諦め、残りの30分を聴く事に集中する事に。
すると、クレイジーケンバンドの・・・・・・  と続き、 読まれた!! っと思ったら、タイガー&ドラゴンが流れ出し、メッセージは無し。
更に聴いて、残り15分になった所で、クレイジーケンバンドの・・・・・ と続き、 今度こそ来た!! っと思ったら、違う曲だった。
この日はクレイジーケンバンド特集でもやっていたのでしょうか?
1時間の番組中に、同じアーティストの曲を2曲も流すなんてね。
クレケンバンド特集をやっていたとしたら、聴けなかった前半30分に、僕のメッセージは読まれていた!?かもしれない。
番組が終わってから、そんな事があったのだと、MちゃんにLINEすると、Mちゃんはポーさんが、ラジオ局のこの番組を聴いてくれ という話を、こっそりしていた事を知り、ビックリしてた。
そして、このラジオ局の収録スタジオが、Mちゃん、ポーさんの住む街と同じ地名だったので、僕は更にビックリするのですが、するとMちゃんからある提案が・・・・
「「阪急電車」を見てくれと。」



●独り図書館 阪急電車
阪急電車・・・ 確か有川浩の小説だったはず。
有川浩(ひろ)はその名前からは、男性なのか女性なのか分からないのですが、女性らしい。
自衛隊3部作、図書館戦争などの、ミリタリー物が得意なのかと思えば、女性ならではの文章を書いたりして、ドキリとさせられる。
阪急電車が走っているのは、日本のどこなのか?
そもそも実在するのか?
有りそうな名前のタイトルだが、有川浩の架空の街、架空の路線の話では?
などと思っていたが、実在の街の実在の路線らしい。
阪急今津線という名称が正式らいいのだが、阪急電車の方が、シンプルで、誰にでも受け入れられるタイトルだと思う。
兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅までの、所要わずか14分のミニ路線である。
この作品は、その宝塚 - 西宮北口間の8つの駅を舞台とし、その乗客が織り成す様々なエピソードを、1駅1エピソード。
片道8駅(8話)×往復なので16話として描写する、電車を舞台としたハートフル群像劇。
高知県出身の作者有川浩は、大学時代に今津線の沿線に下宿していたが故、今津線が一番思い入れのある路線であるとのこと。
僕は、図書館戦争シリーズ全4作と、植物図鑑という本しか読んだ事が無かったのですが、阪急電車も良いという事は聞いていたので、すぐにPCでNetflix(ネットフリックス)を立ち上げた。




●デジ物コバナシ NetFlixとは
Netflixとは、簡単に言えば、有料チャンネルのサービス名である。
先日、アマゾンで出している格安受信器の、Fire TV stick と言う物(オモチャだと思ってます)を買ったのですが、USBメモリーのように棒状で、TVの裏側にある接続端子に差し込むだけ。
無線LAN(Wi-Fi)でネットに繋がり、ドラマや映画をダウンロードして、TV、PC、タブレット、スマホなどで見る。
Hulu、dTV、などと同じ物だと思ってくれて間違いない。
買って数日しか経ってなったので、操作がおぼつかなかったが、僕の好みの作品を学習しつつあるこのオモチャ。
阪急電車がすぐに見つけれる場所に表示されていて、単純な僕は既に好みが把握されているようで、恐ろしい。
そして、月額980円払う事になるとはいえ、TSUTAYAに行く事もなく、「阪急電車を見るべし」メッセージを受信してから、5分後には、無料で、再生を始めていると言う事が、自分でも信じられなく、便利な世の中になったなぁと思う。




●シネマゴシップ 映画版「阪急電車」とは
Mちゃんからのメッセージを受け、時間もちょうどあったので、Netflixで検索したら
「阪急電車 片道15分の奇跡」のタイトルで、映画版があった。
2011年の作品です。
定額制で見放題だから、タダで見ている感覚。
公開は80スクリーンと小規模ながら、舞台地近辺の劇場を中心に多くの動員があり、興行収入11.4億円を記録したようです。
そうだよねぇ~
地元の人には最高な映画だよね。
僕が見ても、なんだか町並みが綺麗だし、地元愛に触れたよう。
温かい人間模様を描く作品なので、とても気に入りましたよ。
有名な役者さんが、多数登場したり、1シーンだけの友情出演だったり(友情出演って誰の友人なの?wっていつも思う)と、サプライズがいっぱい。
登場人物のほとんどが、兵庫県と大阪府出身者でまとめているのも、地元愛のなせる業。NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、一番ブレイクした、有村架純が、その朝ドラに出る2年前に出演していたりするし、芦田愛菜ちゃんは、まだまだ小さかった。
今は高校生のような顔だちになってるからね。
戸田恵梨香は、暴力的な彼氏と付き合っているという設定だったのですが、週刊誌などには、リアルで付き合っていた綾野剛に暴力を振るわれていたとあったので、あぁ、これが後に現実になるんだなと、思ったりもしました。
やはりあとは、宮本信子さんが、やっぱり上手いです。
この人が影の主役だし、演技も一番説得力がある。
「泣くのはいい でも自分の意志で泣くのを止められる女になりなさい。」
というセリフは、深かったなぁ。
Mちゃんポーさんの住む街の駅が出てくるし、宝塚大劇場はチラチラとオレンジ色の屋根の、お城のような建物が結構映る。
僕が泊まった、宝塚ホテルも披露宴の会場は別の場所で撮った可能性があるけれど、中谷美紀が、退席して帰る廊下は、まさしく宝塚ホテル。
ホテルの看板も、町並みのシーンに映ったりしてて、嬉しかったなぁ。
自衛隊のヘリコプターの編隊飛行の説明を必死にするパンクな大学生が居たり、野草を見つけたのに、友人から雑草と言われ、「雑草という草は無いんだけど」と言う辺りが、植物図鑑そのままで、有川浩ファンには、ニヤニヤしてしまう、小ネタだったりします。

僕は邦画はほとんど見ないのだけど、これは見て良かった。
この記事のタイトル、阪急電車が紡ぐ偶然。
映画も同じ車両にたまたま乗り合わせただけの出会いなどが、広がっていき、その人の人生を変えるわけなのですが、僕も、今回の記事の一連の偶然は、結構な影響を与えてくれたように思います。

西日本を見てみたいという話から始まった、宝塚旅行。
それが、茨城に帰ってきても、こんなに旅行の余韻に浸れるのは、素晴らしい旅だったからでしょう。
あぁ、宝塚、また行きたい。


「阪急電車 片道15分の奇跡」 の予告編のリンクを張っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=th5-cNpDYoU 
この映画を見て、ちょっとでも、前向きになれたら、それで良いんです。
おすすめです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

2015年7月24日 (金)

独り図書館 みをつくし料理帖最終巻 天の梯

みをつくし料理帖、最終巻、「天(そら)の梯(かけはし)」を読み終えました。
いやぁ~時間かかった。
読破するのに半年以上かかったなぁ。
読書は面白いのだけど、病気になってから集中力が続かないので、とても疲れるのです。
疲れる以前に、読もうとする気力すら無い事が多くて、ずっとテーブルの上の置かれたままでした。
仕事場にも持って行き、10分くらい時間が開けばちょくちょく本を開いて読んでいたのですが、僕は読むのが遅いので、中々進まなかったのです。


最近は、体調が悪くなってきた事。 弟のコレクション整理。 かずのすけ(姉)に渡す動画データの編集。 車購入の手続き。 などと優先順位の高いものが次々に入って来たので、読書はその度に後に回される始末。
これはイカンという事を感じ、昨日、思い切って優先順位をトップに持って行き、一気に最後まで読むことにしました。


さて、天の梯の感想をば。
最終巻を読むにあたって、心配事が多々ありました。
解決していない事が沢山あって、どうやって1巻で話をまとめるのか?
作者の高田郁さんは、書きながらアイデアを膨らまし、書き進めるタイプではないと言っていました。
綿密にストーリの設計図を決めて、その通りに話を書いていくタイプだそうで、ラストシーンはこの話を書くときから頭の中にあり、何巻でどういう話にして・・・という事も事細かく決めていたそう。
そうなると、消化不良で終わる事も無いでしょうし、話の展開に無理が生じたりすることも無いのかもしれません。
実際に読んで思った事は、非常に納得のいく終わり方であり、とても良い余韻が残りました。


とても1巻じゃぁまとまらない、解決するわけが無いと思っていた事は、誰も思いつきもしない方法で急展開します。
その後も、小さな驚きの連続。
こんなに緻密な展開を書くだけの技量が高田郁さん、あったのね。
失礼か・・・
それまでの話は心が温まる話が多かったので、最終巻はちょっと毛色が違う。
最終巻の為にとっておきのエピソードを残しておいたのでしょう。
怒涛の展開の連続で、止め時が見つかりませんでした。


大団円ではないけれど、この話の登場人物たちの今後は、これからも続く。
そんな感じの終わり方でしたぁ。
後書きに、その後を描いた番外編を書く事が決まっているとあったのですが、、世に出るまでは時間がかかるそうです。
楽しみに待ちましょう。

全10巻のみをつくし料理帖でしたが、中弛みは無し。
最初の巻から読まないと、この話の良さは分からないかもしれませんが、10巻一気に大人買いしても、損はしないでしょう。


素晴らしかった。
この本の最新巻が出る度に、次の巻はいつ出るのか?と楽しみにしている状態が4年くらい続いたので、これが無くなってしまうのはちょっと寂しい。
でも、ダラダラと話を続けられるよりも、もっと読みたいと思える時に終わりにする潔さが、かえってこの本の評価を上げる事でしょう。


素晴らしかった。
ありがとう、郁さん。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年6月 4日 (木)

独り図書館 買った本は、どの端末からでも読める!!! らしいよ

T珍(母)がkindle Paperwhiteを購入し、読書の虫になっているのですが、
「さだまさしさんの“あんときのいのち” が良かったよかった。」
と毎日聞かされる。

もういいって、昨日も一昨日も聞いたし、それ。
って感じなのですが、さだまさしさんの文才には一目置くまさ爺。
いずれ読まねばなるまい。
とは思うのですが、、、

噂に聞いたのですが、kindleを購入し、amazonのアカウントを登録した後は、そのアカウント情報を入力すれば、iPadや、その他タブレット、スマートフォン、PC、とどの端末からでも、購入した本を読むことができるようです。
分かりづらいですか?

kindle PC などのキーワードで検索すると、一番上にamazonのサイトが表示されているので、そこに行ってみました。
シンプルなサイトにデカデカと、電子書生リーダーのフリーソフトのダウンロードするボタンが表示されていたので、それをクリック。
あとは自動でソフトがインストールされ、アカウント情報を入力すると、T珍が読んだ本が表示されました。
簡単です。

ただkindle Paperwhiteと比べると、明るすぎて目がチカチカします。
色の設定が出来たのですが、まっ黒に白の文字にしました。
かなり目にやさしいです。

が、みをつくし料理帖の最終巻をまだまだ読んでいる(いつまでかかんねんなぁ)ので、あんときのいのちは、キープ状態。
あぁ、本に追われる感覚がまた・・・・
読まなきゃ じゃぁなくて、読んでみたい とならないと本を楽しめませんよね。
読まなきゃだと追い込まれてきて、一日一日がキリキリしてくるので・・・

とりあえず、みをつくしか・・・・
読む気になれば、1時間くらいで終わるのですが・・・
読むの遅いし、疲れてしまうんですよね。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年5月31日 (日)

独り図書館 週アス、刊行終了、生まれ変わって電子版に

週刊アスキーという情報誌の刊行が幕を閉じた。
パソコン、タブレット、スマートフォン、デジタルカメラ、アプリ

、SNSなど、デジタルトレンドを分かりやすく発信し続けてきた。
デジモノ好きの僕としては、非常に寂しい。
と思ったのですが、紙の雑誌は終了で、次号からは電子版が開始されるそうです。
いかにも週アスっぽい選択です。

因みに、あぜ道通信というブログのタイトルですが、この週刊アスキーの中のミニコーナー“自作の畦道”という物から、ちょっとあぜ道tという名前は拝借したという事実があります。
“通信”の方が、ファミコン通信(ファミ通)からこれまた頂いたものなのです。
なんだよパクリじゃん(笑)

でも、田舎道の温かい雰囲気と、ネットで小話をする通信。
あぜ道通信というネーミングは我ながら、上出来だと思う。
ええ、パクリですけどねw

2015年5月30日 (土)

独り図書館 T珍、自慢のkindleを、孫に初披露

kindleがかなり気に入ったT珍(母)
孫が我が家のご飯の時間にやって来たのだが、見せびらかしたくてしょうがないようだ。

一緒に食事を始めた孫。
ご飯の時間なので、孫は、3DSで遊ぶのをやめて食事に専念。
ご飯を食べ終わったらまたゲームやろうね と言い聞かせると、素直に食べる。
偉い。

一方、T珍は、食事中だというのに、kindle見る?見てみる?と孫に話しかける。
Pちゃん(父)が、子供がゲームをやめているのだから、お前もやめなさいと言うのがだ、いいじゃないの!と、ブチ切れるT珍。
ガキである。

これは見せないと収拾がつかないという事で、っというか暴走T珍は、勝手にkindleを出して、孫の茶碗の前に・・・

孫は全く食いつかない(笑)
タブレットが家にあり、それで物を読んだりする事が当たり前の世代だったのだ。
むしろkindleはモノクロ・・・パワーダウンしてるやんけ!といった所か・・・(笑)

まったく予想外のリアクションにT珍撃沈。
静かに食事の戻るのだった・・・。

2015年5月26日 (火)

独り図書館 今夜の読書は何にしよ

T珍(母)が電子書籍リーダーのkindle Paperwhiteを買ったわけですが、その翌日の話。

昨日は、まだ使い方が分からず、本の購入はしていなかったのです。
今日こそは本を買って読みたいという事で、僕が買い物に立ち会う事に。
何か技術的や設定関連で難しい事があるかもしれないから、立ち会ってくれという事でした。
とは言っても、やってみたら、読みたい本のタイトルや作者を検索して、クリックするだけ。
1分もすると、ダウンロードが完了して、すぐに読み始める事が出来ます。

クレジットカードの情報は昨日僕が済ませていたので、後は買うだけになっていたのです。
あっさりと居間で本の購入できてしまったので、もう本屋まで行くのが馬鹿らしくなったT珍のようです。

T珍が購入した記念すべき第1冊目は「あんときの命」。
さだまさしさんの本で、映画化もされましたよね。

うんうん、電子書籍、良いかもしれませんね。
僕も欲しくなってしまったけれども、T珍が飽きて、僕が譲ってもらうまで、気長に待ちますか・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年5月25日 (月)

独り図書館 T珍、勝手に買って、カッテにしやがれ、プチレビューも

20150525_2T珍(母)が電子書生リーダーのキンドルを購入するというので、ケーズ電機にて待ち合わせ。
9500円でした。

さっそく帰ってきて開封の儀。
箱がお洒落ですなぁ。
お洒落すぎて、何処から開けて良いのか分からないようです。
放置して、写真撮影に集中させてもらいます。

とりあえず、こう来るだろうという予想はついていましたが、
 ・Wi-Fi設定
 ・アカウント登録
 ・クレジットカード登録
は必要だよね。
T珍には到底無理な設定なので、僕がやってあげます。

初期設定を終えて、T珍にキンドルを渡します。
何やら同じ所を行ったり来たり、随分としているので、「説明書読んだら?」と言ったら、T珍がブチ切れた。
「いいじゃんよっ!!」と。
僕も頭に来たので、今後は手伝わない、教えない、助けない、事にしました。
まぁ、デカい声で好きにさせろと言った訳なので、好きにさせます。
僕、大人げないですか?
都合よく僕の力を借りて、こっちが意見を言ったら、ほっとけと言うわけですからね。

僕がPCでブログやらを書き始めたら、自力で何とかしないといけないと悟ったようで、渋々説明書を読みだしたT珍。
もっと学べ!!



さて、僕の怒りはいかりで、別問題。
キンドルの印象をば。
まず、思ったよりも軽い。
そして分かっちゃいたけど、画面が見やすい。
画面が切り替わる時のちょっとしたラグはご愛嬌。
まぁ、これくらいの遅れでイライラする事も無いでしょう。

同じ本でも安く買える!?って言うのも未確認ですが、500円~700円くらいするであろう文庫本が199円で売ってました。
最新作ではないでしょうが、この価格はスゴイね。

試し読みも出来るようですが、やり方が分からないようです。
すみませんね、僕の物じゃないので、遠目に見ているだけなのです。

T珍が飽きたら、僕が貰っちゃおうという作戦です。
早く飽きろ、飽きろ(笑)

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年5月19日 (火)

独り図書館 T珍、いよいよリーダーを手にする!? やらいでか にて

T珍(母)が電子書籍に興味を持っているという話を昨日書きました。
その後の経過です。

ケーズ電機から貰ってきたキンドルのカタログによると、欲しいリーダーの重さは206グラム。
本よりちょっと重いだろうか?という物でした。

T珍は寝る前に仰向けになって本を読み、寝落ちし、顔の本が落ちてきたショックで、「あ、もう寝るか・・・」となって、電気を消すそうです。
これが硬いリーダーに替わったら、怪我をするかもしれない。
少しでも軽い物にしたいというわけです。
(仰向け寝の、寝落ち、これをやめる気は無いそうですw)

本はどれくらいの重さなのか?
本当にリーダーは重いのか?
今日お店に行き、量りに本を乗せてみます。
ここで勝負事が始まります。
T珍、カズチ(姉)、まさ爺の3人で、この本の重さの予想を立て、一番近い人は誰か?という物です。
意味なんて無いです。
ただの遊びですね。
それぞれの予想は・・・・
 ・T珍   : 200g
 ・カズチ : 230g
 ・まさ爺 : 190g
と言う物でした。

正解は、200gジャスト!!
デジタルの量りなので、正確です。

結局、リーダーが結構重いと言っても、量ってみたら6gだけ重いという物で、重いというのは間違いでした。
「なんだ重くないじゃん」的な気持ちになって、T珍はかなりキンドルが欲しくなった様子。

家に帰ってきて、「お小遣い崩して買ってしまおうかな・・・」と小声で言ってました。
フフフ、もうすぐ堕ちますな(笑)

また進展があったら、報告しますね。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年5月18日 (月)

独り図書館 T珍、リーダーを手にする!? ケーズ電機にて

T珍(母)は読書家。
本のムシではないけれど、お店の休み時間や、就寝前に読書をする。
年中、話題作に注意しているし、いつも取り寄せたりしているので、電子書籍リーダーを買ったら?と僕から提案。

・本を取り寄せる必要ナシ。
・本屋に行く必要ナシ。
・絶版になってしまう事もナシ。
・ちょっと安く買える。
・梨w

問題はリーダーの値段。
アマゾンのキンドルが良さそうなんだけど、9500円する事が分かった。
1冊100円安く買えるとしても、95冊買わないと元が取れない計算。
うむむ、
元を取るのは難しそうだけど、色々と便利になるから、金額じゃないかなぁと。

それで、安い買い物じゃないから、一度実物を見てみたいとT珍。
昨日の休みにケーズ電機で待ち合わせをして、見てみる事にしました。
僕は先に着いて、炊飯器を見ていたのだけど、T珍には、長身で赤い髪は広い店内の何処にいても直ぐに分かったらしく、そっと僕の背後に近づいてきて、脅かされました。
赤ピクミンは目立つのだw。

さて、肝心のリーダー。
本物の紙を見ているような電子インク?が好印象。
こんなに見やすいとは。
文字の大きさを変えられるのは、基本ですが、驚いたのは、本を読んでいると読めない漢字、知らない単語が出てくるじゃないですか。
その文字の上を長押しすると、電子辞書とウィキペディアが表示されるのです。
これは便利だろうなぁ。

問題は重さ。
206グラムなんだけど、本よりちょっと重い。
なぜに重さにこだわるのかと言うと、T珍は寝る前に仰向けになって本を読むそうな。
で、そのまま寝落ちするらしいのだが、当然、顔に本が落ちてくる。
それが硬いリーダーになると、怪我する(笑)って話で・・・・

ま、多分買う事になるでしょう。

kindle paperwhite のレビュー動画は こちら 

僕は、みをつくし料理帖早く読み終えたい。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

2015年4月19日 (日)

独り図書館 村上春樹、初読に至らぬが、今更ちょっと近づいてみた

村上春樹の本は読んだ事が無いのだけれど、どうにも良い噂を聞かないのです。
小難しい、難解。
そんな感想ばかり聞くのです。

村上春樹の新刊が出るたびに、ニュースで取り上げられ、ノーベル文学賞を今度こそ取れるのでは?と期待の声が上がります。
何がそんなに凄いのか?
他の作家の名前は出てこないのに、この人だけ何故という感じ。
村上春樹の新刊が出るたびに、読んだ?って風潮になり、読まないといけないような空気に日本が包まれます。
それがファッションの延長上にあるようで、何か違和感が。
まぁ、人の評価を鵜吞みにしないで、自分の目で代表作を何冊か読めばいいのですが、なかなか出来ない、気が進まないのです。

さて、本好きの友人から、村上春樹にメールで質問をして、村上春樹本人が解答をしてくれるというサイト「村上さんのところ」が期間限定で公開されていると言う話になったので、見てみる事にしました。

もう質問の受けつけは終了しているのですが、どうやら三万の質問が届いたそう。
メール全てに村上春樹が目を通し、どんなに遅くなってしまっても、全員に返信を書くそうです。
その質問も、つまらない物から、恋愛相談まで多岐にわたるのですが、真面目に、時にユーモアを交えて回答しています。
なかなな常識的で、好感度アップ。
この人のイメージが変わりましたね。

あと顔写真を始めてみたのですが、想像していた顔と全然違っていてビックリw
もっとお爺ちゃん、司馬遼太郎の同類を思っていたので、これまた驚き。
作家の顔と言うと司馬遼太郎を、まず想像するのはやめにしよう・・・(笑)

時間が出来たら「ノルウェイの森」辺りから読んでみたいなぁ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

より以前の記事一覧