azemichi.cocolog-nifty.com > “裏” あぜ道通信

65歳のスヌーピー

65歳のスヌーピー

2016年5月24日 (火)

ブンブン(セブン)に、入ったら、何となく、店内中央のお菓子売り場に向かった。
普段ならば、入店したら、、、、、
 ・雑誌コーナー
   ↓
 ・飲み物コーナー
   ↓
 ・スイーツコーナー
   ↓
 ・パンコーナー
   ↓
 ・レジにて会計

っという、一番外側を時計回りに回って終わりなはずなのにね。
この日は何故か、お菓子やら、チョコレートやら、飴なんかがあるコーナーに行ったんだよね。

そしたら、スヌーピーに似た方が描かれていて。
なんか中国のテーマパークに、ドラえもんやら、キティちゃんやらが居るような、似てるけど違います。
真似ちゃいますやん、オリジナルですやん っていう雰囲気も。

よく見たら、65 の文字。
連載開始から65年という事は、すぐに理解した。
書かれている英語の意味は分からないけどもね、言葉じゃなくて、魂で理解した。

デビュー当時のスヌーピーは、何というか、普通の犬 だった。
でも、どこか素朴で、温かくて、味がある。
あぁ、英語が分かれば、もっと理解できるのに・・・・・

直ぐに写真を撮り、はるか西に住む、スヌーピーコレクターの雄に、写真を送る。
ンなこと知っとるわい まだ食べてないけど っという、ワシを誰だと思ってるんだという返事に凄みを感じた夕方だった。

| トップページ |