azemichi.cocolog-nifty.com > “裏” あぜ道通信

尊敬のサバラン

尊敬のサバラン

2016年8月24日 (水)

サバランを出しているケーキ屋を尊敬する。
はっきり言って売れないと思う。
アルコールでスポンジはジットリだし、食べてると結構重いからね。
軽自動車全盛の時代にハマーを買ってくれってショーケースに並んでるような物に、僕には見える。
だからサバランが売っていたら、僕は必ず買う。
その漢気を買うのだ。

帰宅してサバランを食べると、やっぱり重いし、アルコールがきつすぎたりするのだが、それでもまた、サバランを見つけると買ってしまうまさ爺であります。

| トップページ |